FC2ブログ

発熱2日目

泣く
(今から半年以上前のたまちゃん。確かこの時も風邪気味だったもよう)

今回のたまの発熱は、おそらく一つの山だと思うので、しっかり記録してみる。

昨日わたしが仕事を終え、布団にもぐったのは夜中2時ごろだ。
夕食後授乳して寝かしつけてから、おそらく熱でつらかったのだろう、何度か起きて泣いたたま。しかし、21時半以降はすやすやだった。
だいたい23時~0時ごろに一度起きだすが、この日は起きてこなかった。
いい加減おむつを替えてやりたかったので、寝ているのに悪いな~と思いつつ、そーっとおむつを取り外したら、やっぱり起きた。
で、授乳してねんね。まだ体は熱かった。
夜中、何度かさわって体温を確認したが、手も首も熱いまま。つらいだろうなあ、と察する。

しかし朝になっておでこ、手、足をさわったら、ひんやり。熱が下がったのではないか、と、体温を測ると37.2度。おおー、平熱に近づいてきた。
心なしかたまの顔もすっきりしたもよう。
ここで下がったということは、トッパツではないのかな? と思うが、夫と話し合い、やはり一度病院へ行くことに。
(義父母も心配しているだろうからね)

病院に行く前にもう一度熱を測ったが、やはり37.3度と落ち着いている。
先生に症状をお話しすると、「今の段階ではインフルエンザともトッパツとも言えない。症状が変わったらその可能性は否定できないけど」と言われ、今のところは耳も、喉も大きな問題はないので、鼻水と咳止めの薬だけをもらって帰って来る。

帰途、エルゴだっこですやすやのたまちゃん。母ちゃんはこのすきに銀行、本屋など自分の用事を済ませる。家に着く頃には体が少し熱くなってきていた。
家に戻った時には38.1度。ああ、やっぱり。こうでなくちゃ(?)。

朝ごはん、昼ごはん、夜ごはんともに、主食(ごはん)の食べっぷりがあまりよくない。いつも食べている量がものすごいからか、おそらく普通の赤ちゃん程度には食べているんだろうけど、食いしん坊のたまにしては少ない。
今日は冬至で、せっかく小豆カボチャを作ったのに、食べた刹那出されて母ちゃんややショック……。
ともかく今は乳で栄養をとっていないので、足りないと悪いなあ、と思って、赤ちゃんせんべいを与えたところ、しっかり食べる。なんか悔しい。

夕ごはんを食べた直後の熱は、38.9度。ああ、きたきたきた……。
しかし今回は、ホメオパシーを試すことも、第一大根湯を飲んで授乳することも、キャベツ姫にすることもあえてしない。
直感的なものだけど、おそらくトッパツ。仮にインフルだとしても、熱を出すことでウィルスを殺すのだから、それを押さえつけることはせずに、一度出し切ってあげちゃったほうがいいのではないか、と思ったので。
こうしていられるのは、たまが日中元気で機嫌よく遊んでいるから。母ちゃんを独占して、楽しそう。母ちゃんは鼻水とよだれをなすりつけられてたいへんだけど。
小さな体で熱と闘っているたまを、母ちゃんは応援している。がんばれ、がんばれ。

さて、明日はどうかね。
おそらく明日も熱は高いままだろう。
明日は祝日だから、いざという時いつでも対応できるよう、しっかり観察して、父ちゃんと連絡とりあって、たまちゃんと一緒に乗り越えよう。
(いざとなれば休日診療所は歩いて3分だし)


★たまが寝ている時間はすべて原稿書きに費やしているので、しばらくたまごはんお休みです。余裕ができたら再開します。

* * コメント欄復活しました。一言いただけると励みになります。 * *
★たまばあちゃん、たま母ちゃん、たまの3代にわたる離乳食日記「たまごはん」★

トッパツ??

091212かあちゃああん
(泣き顔もめちゃくちゃかわいい)


先週はあり得ないほどのアポ三昧だったが、微熱たまはどうにか一週間もってくれて、何とか完走することができた。

今日は午前中1本、午後1本取材予定。
午前中の取材が終わる直前に電話が鳴っていた。保育園からだ。
「たまちゃん、38.6度の熱が出ました……」
あっちゃー。。。
あと3時間もってほしかったが、仕方がない。
取材先に謝りの電話を入れ、取材を年明けに延ばしてもらう(Tさん、たいへん申し訳ない!)。
この熱は、もう、「今年は仕事納めよー」って言っているのと同じこと。
インフルか、トッパツ(突発性発疹)か。いずれにせよ、治るまでは最低4~5日かかる。

保育園の先生によると、機嫌もよく、食欲も旺盛で、便も普通、いきなりガガッと熱が上がるパターンなので、トッパツではないかという。
インフルの場合は明らかにぐったりしているのだそう。
今すぐ病院に連れて行ってもインフル検査は翌日にならないとできないので、たまの容態がおかしくならなければ、今日一日は様子を見てもよかろうと。

わたしの頭の中は、すでに除夜の鐘。
先週、猛烈に取材をしたということは、猛烈に原稿がたまっているということ。
目の前には発熱しているかわいいたま。

さーーーー、ワーキングマザーの誰もが通る道に、直面したぞーーー。
これまではたまがとても健康でいてくれ、海老名のばあばという最強の助っ人がいるため、すべて乗り切って来られたのだけれども、今回は母ちゃんが腹をくくるしかない。
(もちろんばあばに応援を要請するが)

これを乗り越えた時に、二人ともまた強くなれるぞ。

たまの熱はかわいそうだけど、楽しむ。
明日は病院だよ、たまちゃん。


* * コメント欄復活しました。一言いただけると励みになります。 * *
★たまばあちゃん、たま母ちゃん、たまの3代にわたる離乳食日記「たまごはん」★

大絶叫。

091206美人寝姿
(すこやかにねんね)

今日は保育園からお迎えコール。
夕方、37.6度の発熱。しかも機嫌が悪いらしい。
たまにしては珍しいなと思い、すぐ保育園へ。
そんなに熱くもないし、ニコニコ笑っているし、大丈夫かなーと思っていたら……

夕ごはんをつくっている間に大爆発!
久々にあそこまで雄叫びをあげるたまは久しぶり。
ピーピーギャーギャーキーキー泣く。
この状況は、義母に預けるのも難しいだろう。
父ちゃんでもダメ。
母ちゃんがおんぶしてごはんをつくってもダメ。
向かい合って、しっかりぎゅーっと抱っこしてあげなきゃダメ。

それでもごはんを食べたら元気になってくれるたまちゃん。
安定して、おっぱい飲んで、寝てくれた。
熱が上がっている様子もない。


19時ごろ寝て(さすがに今日はお風呂キャンセル)、21時ごろ様子見していたら、目を開けた。
おむつを替えようとしたら抵抗してまたギャーピー。
パンツ式紙おむつ、こういう時は替えるの大変だ。
手間取っている間にわたしの股が生暖かく……。
おしっこもらされたー。
被害を拡大させないために、夫にたまを託し、わたしはぞうきんで応急処置。
すると寝室からまた絶叫が……!!
今度は夫がおしっこもらされたー。

ギャーギャー泣きながら布団に地図をつくり、お尻丸出しで逃げ惑う娘。

娘よ。。。
頼むから。。。
布団が濡れてつらいのはあなただよ。。。


まあ、いっぱいおっぱい飲んで、おしっこ出して、新陳代謝をよくすれば、きっと元気になるだろうね。
でも咳コンコンしてたから、明日は母ちゃんお休みして、いっぱいギューしてあげようかな。



* * コメント欄復活しました。一言いただけると励みになります。 * *
★たまばあちゃん、たま母ちゃん、たまの3代にわたる離乳食日記「たまごはん」★

パンデミック

091006見返り美人
(病み上がってますます元気でかわいいたま!)


ついに、保育園に新型インフルエンザが上陸した。
先週水曜日、たまが体調を崩した日に「発生」の一報。
月曜日、病み上がりで登園すると、人数が雪崩式に増えている。
同じクラスにも発症者が出た、とのことだ。

この流行ぶりは、明らかに園内パンデミック。
流行病を完璧に予防したいのならば、子どもを外に連れ出さずに、家でじっとしているほかはない。
買い物に行ったり、電車に乗ったりしても、感染症にかかるリスクはあるわけだし。
だけど、「明らかに流行している」場所での長時間滞在は、リスクの程度においては比較にならない。
季節性の病気には、いずれはかかるだろう。かかって免疫をつけていくこと自体、決して悪いことではないと思う。
だけど、たまはまだゼロ歳。病気にかかるのはもうちょっと遅くたっていい。

保育園も「なるべく保育時間を短縮したり、仕事のない日は家庭保育をお願いしたい」とおふれを出した。
取材や打ち合わせ以外の時は、しばらく、家庭保育に切り替えよう。
原稿を書けないかもしれない、仕事部屋の片付けは進まないかもしれないが、昼は一緒に遊んで、昼寝して、夜がんばればいいや。
どうしても預けなければならない場面もあるので、その時かかったらしょうがないと割り切る。
とりあえず今週は、子育てサポートさんや義母を頼って、何とか登園させずに済ませる方向で調整した。
今自分にできる最大限の予防策を講じるしかない。
来週からは山形国際ドキュメンタリー映画祭と庄内旅行に行くので、次に保育園に行くのは2週間後だ。その時には、多少は状況が変わっているだろう(もっと流行っていたりして)。

この期間はなるべく母ちゃんとべったりしておいて、体力も、心も、充実させておけば、病気にだってかかりにくくなるはずだ。
移動の新幹線でうつるリスクだってあるけれど、そんなことを気にしていたら、きりがない。
山形では、母ちゃんが映画を観ている間はじじばばとおうちでのんびりできるわけだし。

今朝、何となく、「ああ、預けたくないなあ」と思ったのだ。珍しくたまが、保育園に行くクルマの中で泣いたのだ。
その「何となく」の直感、感覚を大切にしたい。
午前中の打ち合わせを終えた時点で、昼の予定がキャンセルになったので、即、引き上げよう、と決めることができた。

一瞬一瞬の判断力、決断力、行動力。
結果を引き受ける力。
子育てって、いろんなことが試されている。鍛えられる。

おうち運動会

今日は、初めての運動会のはずだった。
昨日までの天気予報は傘マーク。小学校の体育館を借りての開催予定とのことで、そこに園児、職員、両親、じじばば、兄姉たちがひしめき合う……、風邪やインフルの温床になること必至の状況に、風邪で抵抗力の落ちているゼロ歳児を連れてはいけないだろうと、参加を見合わせる方針でいた。
初めての運動会に、父母はもちろん、じいじとばあばも張り切っていたのに……。
残念だけど、仕方がないね。明日はおうちで運動会をしようね、と、気持ちを切り替えた。

091003ウィリアムたま
ウィリアム・テルならぬウィリアム・たま

朝、じいじとばあばば来る前に、母ちゃんは一生懸命床掃除。余計な荷物をどかして、リビングを広くとる。
だって、たまと父ちゃんが「はいはい競争」をするからね。
やがて賑やかなばあばがやってきて、一気に場内はハイテンション!
まずはお弁当を広げて、お腹をいっぱいにして。たまちゃん、眠くなるかと思いきや、元気元気。
母ちゃんの仕事でお世話になっている方からいただいた、大きく立派で重い「稲城の梨」をたまちゃんの前に置いたら、それを持ち上げる怪力ぶり。
はい、1種目め~。「梨砲丸投げ」~。
次に、父ちゃんがたまの頭の上に梨を置き、はい、2種目~。「ウィリアムたま」。父ちゃんが梨を射って、母ちゃんがそれむいてみんなでいただきました。


091003運動会2
父ちゃんとハイハイ競争。母ちゃんへの突進度はたまの勝ち~!

床ではフィールド競技が盛り上がります。
3種目めは、ばあばとたまの、「紐つなひき」。怪力たま、ひもをグーッとひっぱり……なめちゃいました。
4種目目は、父ちゃんと「ハイハイ競争」。母ちゃんが「たまちゃ~ん」と呼ぶと、高速ハイハイと最高の笑顔で、はい、一等賞~。
そしてトリを飾るのは、対じいじとの「騎馬戦」。お猿さんの形をした帽子をかぶって、じいじとお見合い。たまちゃんのじーっと見つめる眼に、じいじ、脱帽。
たま、全種目完全制覇で、優勝~!!!


家族みんなで笑っていられれば、いつでも、どんな状況でも、楽しくいられるね。
たまちゃんのおかげで、今日の「おうち運動会」、楽しく過ごせました。
(母ちゃん、パン食い競走したかったなあ)

結局保育園の運動会は、新型インフルエンザの拡大で延期になり、「初めての運動会」は、リベンジできるかも。
たまちゃん、その時にはお風邪が治って、元気でがんばろうね!


★たまばあちゃん、たま母ちゃん、たまの3代にわたる離乳食日記「たまごはん」もぜひご覧ください★

初発熱!!

レタス姫
(レタスをかぶったたま。熱を出しているのにかわいい……)

この一週間は、怒濤の一週間だった。

先週の土曜日、たま、初発熱。
先週は一週間ずっと低空飛行で、37度超くらいの微熱が続いていた。
それでも一応元気ではあったので、毎日保育園に通い、帰宅後は家で母ちゃんと遊び、いつも通りおっぱいを飲んでねんねして、夜中の授乳一回で朝までぐっすり……を繰り返す日々。
その静寂が打ち破られたのは、土曜日未明のこと。
いつもは起きない夜中3時に泣き始め、おっぱいを飲ませると、口が熱い!!

これが噂の、「乳首サーモメーター」なのか、と思った。
微熱くらいでは反応しないのだが、明らかに発熱するとおっぱいの時にわかる、というものだ。

熱を計ってみると、37.8度。あちゃー。37.5度は今まで超えたことのないライン。明らかに風邪だ。
ただし、本人はいたって元気。おむつを換えるために転がすと、うんしょ、うんしょと寝返りの練習まで始めやがる。
わたしは、病院にいく基準として、
・38.5度近くまで熱が上がる
・明らかにぐったりしている
・異様な吐き方や、けいれんなどが起こる
と考えており、それには至らないので、とりあえず、その日は様子を見ることにした。

この日はあらゆることを投げ捨て、ひたすら、たまと一緒にいることに専念した。
細かく様子を観察するのだ。
朝、助産院に電話して相談し、第一大根湯(大根おろし、生姜すりおろし、醤油を混ぜたものに、熱い番茶を注ぐ)を飲んで、おっぱいを与えて様子を見て、とのこと。無理に熱を抑えるのではなく、出し切ってあげること、とアドバイスを受けた。
熱がある時は水分補給がいちばん、とばかりに、ちょっとでもおっぱいを要求するそぶりがあれば、乳首をくわえさせた。ゴクゴクと飲む時もあれば、片一方だけで満足したり、遊び飲みで終わったり、いろいろだったけど、ここ最近1日5回程度だった授乳は、新生児期並みの8回に増えてしまった。
おっぱいを飲ませた後の手足や首の熱は一時的に下がり、ちょっと気持ちよさそうだった。

熱はずっと38度のちょっと手前で、でも手足口は熱く、経過観察を続けていましたが、17時半、ついに38.1度まで上がってしまった。
んー、どうしようかな、病院に行こうかなと思ったけれど、それこそ元気よく手足を動かして、ご機嫌におしゃべりしているので、もう少し待つことに。
上がりきったかな、と判断し、次は熱を下げる方向で、レタス枕をつくった。
発熱時にはキャベツなどの青菜を頭にかぶせると吸熱してくれる、というもので、3月末にわたしが発熱した際も、おっぱいと頭にキャベツをかぶせて、ひと晩で熱が下がったという、すぐれた民間療法だ。
たまはさっそくレタス姫にされてしまった。それはそれでまたかわいかった。

で、最初に発熱してから24時間後、授乳を終えた時に、すーっと熱が引いていくのがわかった。
熱を計ったら37.2度。これは平熱の範囲。ああ、たまは自分で乗り越えたんだなあ、と安堵した。
朝には36度台にまで下がり、すっかり元気になった。用心して日曜日も外に出ず、家でのんびり過ごした。
おかげで今週はぶり返すこともなく、毎日元気で保育園に通うことができた。
(ただし、鼻水がすごい……。鼻が詰まっているから目やにも出て、それはそれで心配だけれども)


今回は民間療法を駆使して乗り切ったけど、こういった知恵は覚えておくと本当に楽!! まさに台所が薬箱、だ。
あと、ホメオパシーもすごく役立った。わたしの場合はセルフケア程度の知識しかないけれど(でも、LCCHの通信講座は修了しています)、「子どもの様子から、適切なレメディを探す」という行為は、密な観察とコミュニケーションがなければ成り立たない。
本格的な体質改善等は、やはりプロであるホメオパスの力が必要。セルフケアとして使いこなすにも、結構勉強は必要だと思うけれども、薬に頼りたくなくて勉強が好きな人は、ぜひ覚えておくといいと思う療法だ。

その後、日曜日にはわたしが発熱して38.6度まで上がったけれども、同じようにキャベツ療法と第一大根湯、りんごのくず煮、ホメオパシーでひと晩で回復。
木曜日には夫が39.0度まで熱を出したけれども、やはりひと晩で熱が下がった(夫も今回は珍しく市販薬を飲まず、第一大根湯、ホメオパシーを飲用)。

まあ、まだ風邪の残り香があるキタハラ家ではあるが(というか、父母には結構しつこく残っている)、そんなわけで、仕事にも支障を来すことなく、たまの初発熱物語は無事終了~。

今回、夫の一言がよかった。
「たま~、自分の風邪を自分で治す力を身につけるんだよ。父ちゃんみたいに、カコナールを栄養ドリンク代わりに飲むんじゃだめだよ」
確かに、小さな体で熱と闘っている姿は、何とも言えないものがあったけれども、一つひとつ、親子で乗り越えていく実感は、ある意味楽しくもあり、よい経験だったと言える。
たまの初発熱が、夫と一緒の日だったのも、これ幸いだった。

でもあせるねー。土日でよかったよ。
保育園に通う限り、これからこういうことが何度も起きるだろうとは思うけれども、むやみに焦らず、騒がず、しっかり観察して、判断する(病院に委ねるべきところは委ねる)ことが大切だなあと、改めて思った。

あと、仕事のセーフティネットは絶対必要!
玄米菜食ベビーは風邪引かない! と過信してはいけません(笑)。
少なくとも取材を入れる日は、海老名のおばあちゃんのスケジュールを確保しておこうっと。


プロフィール

キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)

Author:キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)
団地暮らしと酵母生活の達人目指す、フリーのライター・編集者。仕事は、生きることそのもの。水環境ジャーナリストを師匠に、鬼校閲者を友に、チーム仕事も繁盛中でございます。
ウエダ家とともにCOBOの普及活動に勤しむ、日本初のCOBOライターでもあります。
得意分野は、食環境、住環境、地球環境。地球温暖化や食の安全・安心、エコハウス関連の仕事が多い今日このごろ。仕事の内容についてはカテゴリ【work】をご参照ください。
夫と愉快な仲間たちがやっているNPO法人【Waveよこはま】のブログにてエココラムを執筆中。
このブログはのんびり気ままに更新中。

要CHECK!!
tecology**
わたしのお母さんが嫁入りの際に贈って手描きのレシピを紹介しています。
teco's book store
わたしが携わった本、仕事でよく読む本などを紹介しています。
Waveよこはま
横浜からリユースの波を! を合言葉に、リユース食器の普及活動をしているNPOに参加しています。Waveよこはまブログで、エココラムを執筆しています。
COBO net
野生の菌とともにある暮らしを見つめ、「発酵」を身近にすることでいのちの循環を感じる「酵母生活」を提案するウエダ家。本の執筆や編集をともに行うなかで、日本の食卓をクリエイティブにする楽しさ、可能性に夢中で活動しています。
山形国際ドキュメンタリー映画祭
良質のドキュメンタリー映画が2年に一度、山形に集まる!! 世界を見開かせてくれる扉です。
山形の過去・現在・未来
わたしのお父さんが何よりも愛する山形。歴史的建造物や残したい風景の過去・現在・未来を紹介しています。
酵母スイーツ
新しいごはん

うちのマンション大丈夫?
酵母ごはん

RSSリンクの表示
お知らせ
新ブログ「たまごはん」スタート! たまばあちゃんのイラスト入りレシピをたま母ちゃんが料理し、たまが食べる。母娘孫と3代に渡る食を紹介します。

☆キタハラ、2009年1月に出産いたしました☆ニンプ日記は未完のまま産後生活に突入。ぼちぼち、育児日記出産ドキュメント布おむつ生活産後の体のこと姿勢のことなどを書きつづっています。
相変わらず時系列はぐちゃぐちゃ。しかし、テーマごとに思考を詰め、まとめる作業は苦しくも、おもしろくあります。気長に見守っていてください。
twitter
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ