FC2ブログ

お盆・猛暑の過ごし方

今年の夏、いわゆる「お盆休み」の一週間はオリンピックを友に、極めてダラダラとしておりました。
我が家はお盆休みがないので(夫が仕事なので)、それに合わせてわたしも働いておりますが、猛暑日というのは屋外取材はもとより、室内での執筆も本当につらい。
去年猛暑のなかがんばって働きすぎ、体調を崩したため、今年は極力頭脳労働をしないよう努めました。
この時期は本質的に働くべきじゃない、みんながみんな、朝夕涼しい田舎に帰るようにと、「お盆」というシステムができ上がっているんじゃないか、と思うくらいです。

都会で生活しながら暑さとどのように付き合っていくか、試行錯誤した一週間でもありました。
以下、ご紹介します。


・散歩をするなら10時前、木陰が一番!
夏は暑い

散歩をする時は、朝9時前はさすがに気温が上がらないので、8時台に家を出て、11時前には戻るようにするという計画を立てて、散歩しました。
我が家から東方向は、とても美しいケヤキ並木のある「もえぎ野」というエリアで、そこを歩くのは本当に気持ちいい。
月曜日はちょっと足を伸ばして寺家ふるさと村まで歩きましたが、寺家のような田園地帯でも木陰がなければ暑い。
また、歩道がきちんと整っているところでないと、車の排気ガスをモロに受けるので、暑さが増幅します。アスファルトのない道は確かに暑くないのですが、散歩に適した規模の公園は近くにはないので、歩道の道幅が広い、並木道を歩くのがいちばん! という結論に達しました。

・日中はインドア派に徹する!
我が家は築40年近い団地の最上階(日当たり最高!)で、蓄熱性能が高すぎる。風通しはよいけれども、室温が35度近くになると太刀打ちできません。だから、エアコンをつけていても暑い。
一つ所にとどまっていると気分も滅入るので、気温のピーク時間帯はカフェで本や資料を読むなどの仕事の仕方でもいいかもしれません。
ただ、33度を超えると移動するだけでも体力を消耗するので、家を出るタイミングは要注意ですな……。

・夏祭りで盆踊りをするのは、意外といい運動?
盆踊り

週末は夫に連れられ、リユース食器の貸し出しを行っている南町田の盆踊り大会に顔を出してきました。
夫に勧められ、盆踊りの輪に入り、たくさん踊りました(夫は盆踊りがうまい)。手を上げたり下ろしたりするのは、散歩だけではなかなかできません。5曲くらい踊るとうっすらといい汗をかきます。
夕方だからほどよく涼しいし、たいていは公園でやるのでアスファルトの熱気もなく、疲れたらリユース食器洗浄ブースの椅子で休めるので、とてもいい思いをさせてもらいました。

アメダスデータを活用し、気温の傾向を探る!
我が家は「横浜市」ではあるものの、港町・横浜からはほど遠い、丘の街です。気温が海風に影響されることは少なく、むしろ県央の気候に近いだろうということで、「海老名市」のスポット天気をチェックしていました。
たいていの日はだいたい13時~15時くらいが気温のピークに達するため、その時間をいかにやりすごすかを考えればいいのですが、例えば16日(土)は起きた瞬間から暑く、朝の10時には30度を超え12時には35.5度をマークするなど、こりゃあちょっと普通とは違う傾向だと感じ、自宅から避難して映画を観ることにしました。


さて、お盆の終わりとともに、朝晩の風が涼しく感じられるようになりました。
お盆は本当に暑さのピークですね。
やはりなるべく働かず、のんびり過ごしたいものです。

スポンサーサイト



プロフィール

キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)

Author:キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)
団地暮らしと酵母生活の達人目指す、フリーのライター・編集者。仕事は、生きることそのもの。水環境ジャーナリストを師匠に、鬼校閲者を友に、チーム仕事も繁盛中でございます。
ウエダ家とともにCOBOの普及活動に勤しむ、日本初のCOBOライターでもあります。
得意分野は、食環境、住環境、地球環境。地球温暖化や食の安全・安心、エコハウス関連の仕事が多い今日このごろ。仕事の内容についてはカテゴリ【work】をご参照ください。
夫と愉快な仲間たちがやっているNPO法人【Waveよこはま】のブログにてエココラムを執筆中。
このブログはのんびり気ままに更新中。

要CHECK!!
tecology**
わたしのお母さんが嫁入りの際に贈って手描きのレシピを紹介しています。
teco's book store
わたしが携わった本、仕事でよく読む本などを紹介しています。
Waveよこはま
横浜からリユースの波を! を合言葉に、リユース食器の普及活動をしているNPOに参加しています。Waveよこはまブログで、エココラムを執筆しています。
COBO net
野生の菌とともにある暮らしを見つめ、「発酵」を身近にすることでいのちの循環を感じる「酵母生活」を提案するウエダ家。本の執筆や編集をともに行うなかで、日本の食卓をクリエイティブにする楽しさ、可能性に夢中で活動しています。
山形国際ドキュメンタリー映画祭
良質のドキュメンタリー映画が2年に一度、山形に集まる!! 世界を見開かせてくれる扉です。
山形の過去・現在・未来
わたしのお父さんが何よりも愛する山形。歴史的建造物や残したい風景の過去・現在・未来を紹介しています。
酵母スイーツ
新しいごはん

うちのマンション大丈夫?
酵母ごはん

RSSリンクの表示
お知らせ
新ブログ「たまごはん」スタート! たまばあちゃんのイラスト入りレシピをたま母ちゃんが料理し、たまが食べる。母娘孫と3代に渡る食を紹介します。

☆キタハラ、2009年1月に出産いたしました☆ニンプ日記は未完のまま産後生活に突入。ぼちぼち、育児日記出産ドキュメント布おむつ生活産後の体のこと姿勢のことなどを書きつづっています。
相変わらず時系列はぐちゃぐちゃ。しかし、テーマごとに思考を詰め、まとめる作業は苦しくも、おもしろくあります。気長に見守っていてください。
twitter
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ