FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草世界におじゃましてきました

自然からいただく


5月11日、雨のしとしと降る葉山にて、草のワークショップ「草に沿う時間」に参加してきました。
草々さんこと矢谷左知子さんは、草文化を探検しているアーティストです。
彼女は、苧麻や葛など、身の回りにある草から糸をつくり、それを織って布にしています。
草を栽培するのではなく、人里、里山、野に分け入り、そこに生きている草をいただいて、糸、そして布という次なるいのちを与えます。
苧麻の野生味あふれる緑、葛のキラキラ。どちらも、大好きです。
草世界と人の世界を結ぶ「媒介者」。そんな言葉がぴったり。

苧麻


さて、これまでも撮影などで草の糸づくりを見てきたことはあるものの、今回は、純粋に体験するために参加してで、それはそれは、今までとはまったく異なる、新しい世界でした。
草の糸づくりは、頭で理解するものではなく、からだで覚えるというスタンスでもなく、ただ、からっぽになって「そこに在る草」と向き合う、というものでした。
何だか、「ひらかれる」感じ。
苧麻を刈ってその幹から繊維をとる過程では、表皮をはいだ時の瑞々しい碧をたたえたグリーンの美しさに、はっとさせられました。一瞬、「肉」という言葉が浮かびました(笑)。わたしたちのからだに通じる「生身感」。
その「肉」をこそげとって、繊維をとるという作業に、「いのちをいただいている」感覚を得ました。
いのちを移していく、というか。その糸が次、績まれるのか、織られるのか、結ばれるのかはわからないけれども、草は、形を変え、役割を変え、でも確かに、そこにありました。

草々さんは、なぜ「身の回りにある」草を使っているのか?
そこには、「意図しない」という意志があるのだと思います。
目的のために、草を利用しない。
草に「肉」を感じた時に、人と草のからだの組成はそれほど大きく変わらないのではないか、本質的に同じ地平のものではないか、という直感がありました。
草が草らしくあることと、私たちが私たちらしくあるということ。
同じスタンスで草をいただけば、無理にそれをねじ曲げたり、利用することもない。
素直に、ヒトを通して次の姿に移ってゆく、という感じ。

野草を天ぷらに

(摘んだ野草を天ぷらにしていただきました! 最高に美味しかった)

草の中に立つからこそ、見えてくるものがある。
ふだん、ヒト社会の中にいるだけでは、見えないものを、草が教えてくれたような気がしました。
何ごとも自分の意志でコントロールできる、と、どこか傲慢になりつつあったわたしに、強烈なメッセージ。
草いきれ、香り、虫たちの世界。こんなにも多様な世界のなかで、一つの指標しか持たなくなる人間社会への、アンチテーゼが、確かにそこにはありました。

草々さんが伝えてくれた、草世界。
糸に姿を変えた苧麻を身近に置いて、時に、思い出すことにしよう。
スポンサーサイト
プロフィール

キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)

Author:キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)
団地暮らしと酵母生活の達人目指す、フリーのライター・編集者。仕事は、生きることそのもの。水環境ジャーナリストを師匠に、鬼校閲者を友に、チーム仕事も繁盛中でございます。
ウエダ家とともにCOBOの普及活動に勤しむ、日本初のCOBOライターでもあります。
得意分野は、食環境、住環境、地球環境。地球温暖化や食の安全・安心、エコハウス関連の仕事が多い今日このごろ。仕事の内容についてはカテゴリ【work】をご参照ください。
夫と愉快な仲間たちがやっているNPO法人【Waveよこはま】のブログにてエココラムを執筆中。
このブログはのんびり気ままに更新中。

要CHECK!!
tecology**
わたしのお母さんが嫁入りの際に贈って手描きのレシピを紹介しています。
teco's book store
わたしが携わった本、仕事でよく読む本などを紹介しています。
Waveよこはま
横浜からリユースの波を! を合言葉に、リユース食器の普及活動をしているNPOに参加しています。Waveよこはまブログで、エココラムを執筆しています。
COBO net
野生の菌とともにある暮らしを見つめ、「発酵」を身近にすることでいのちの循環を感じる「酵母生活」を提案するウエダ家。本の執筆や編集をともに行うなかで、日本の食卓をクリエイティブにする楽しさ、可能性に夢中で活動しています。
山形国際ドキュメンタリー映画祭
良質のドキュメンタリー映画が2年に一度、山形に集まる!! 世界を見開かせてくれる扉です。
山形の過去・現在・未来
わたしのお父さんが何よりも愛する山形。歴史的建造物や残したい風景の過去・現在・未来を紹介しています。
酵母スイーツ
新しいごはん

うちのマンション大丈夫?
酵母ごはん

RSSリンクの表示
お知らせ
新ブログ「たまごはん」スタート! たまばあちゃんのイラスト入りレシピをたま母ちゃんが料理し、たまが食べる。母娘孫と3代に渡る食を紹介します。

☆キタハラ、2009年1月に出産いたしました☆ニンプ日記は未完のまま産後生活に突入。ぼちぼち、育児日記出産ドキュメント布おむつ生活産後の体のこと姿勢のことなどを書きつづっています。
相変わらず時系列はぐちゃぐちゃ。しかし、テーマごとに思考を詰め、まとめる作業は苦しくも、おもしろくあります。気長に見守っていてください。
twitter
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。