FC2ブログ

卒乳に向けて

たまが1歳を迎え、そろそろ、卒乳を意識している。
そのままあげ続けていても何ら問題はないのだろうけど、わたしは、何となく、たまが自分の足で歩くようになったら、自然とおっぱいから離れてもいいのかな、と考えていた。

おっぱいの効用は言うまでもないが、赤ちゃんにとって母親とつながっていられる安心感を得られる、コミュニケーションの重要ツール。
わたしも、授乳している時だけ、「母」に戻ることができて、ほっとする。すごくいやされる。
これだけは夫にもできまい、と思う。
おっぱいを飲んでいる我が子は、何よりもかわいい。胸の内からふくふくと、愛情がわいてくる。

わたしの場合、たまと離れている時間が長いぶん、せめておっぱいでつながっていてもいいかな、と思う反面、おっぱいに頼っている自分がいることも否めない。
泣いたらおっぱい。
寝かしつけたければおっぱい。
夫は「そろそろおっぱいに頼らずにやったら」と言う。
確かに、夫はおっぱいがなくても、たまを寝かしつけられる。おっぱいに頼らずに、たまの要求を見て、気持ちよく寝させてあげるようにする。
それをせずに、おっぱいをあげれば彼女を大切にしている、というわたしの行動は、怠惰だとでも言わんばかりに。

確かに最近、手を抜いている。
仕事の多忙を言い訳に、食事も、コミュニケーションも、いい状態だとは言えなかった。

おっぱいは、たまのために与えているというよりも、自分がそれに頼っているような気がしてきた。。

おっぱいから卒業しなければならないのは、たまではなく、母ちゃんなのかもしれない。
彼女自身をもっと、観察しよう。見つめよう。

さて、卒乳、どうしましょうか。


* * コメント欄復活しました。一言いただけると励みになります。 * *
★たまばあちゃん、たま母ちゃん、たまの3代にわたる離乳食日記「たまごはん」★

スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

私は。。。
あくまで、私の意見ですけど。。。
卒乳や断乳って、しなくていいと思うんですよ。
自然にできれば。
母と子の素敵なつながりで、それでお互い安心したり
安らげたりするのであれば、
与えられる限り、私は与えようかなっと思ってます。
もう、栄養がないにしろ。
それこそ、tecoさんの言うように
自分の足で歩くようになったら卒乳。
それもいいかもしれません。でも、多分、
そんな時は突然やってきて、あっさりと子供から
卒業していく気がします。
なんとなく。
旦那さん、すごいですね。あっぱれ。
うちは、寝かしつけなんて無理ですわ。
なんか、語ってしまいましたが、私は
そんな感じで考えます。たまちゃんとtecoさんにとって
一番いい時に卒業できるといいですねv-73
プロフィール

キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)

Author:キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)
団地暮らしと酵母生活の達人目指す、フリーのライター・編集者。仕事は、生きることそのもの。水環境ジャーナリストを師匠に、鬼校閲者を友に、チーム仕事も繁盛中でございます。
ウエダ家とともにCOBOの普及活動に勤しむ、日本初のCOBOライターでもあります。
得意分野は、食環境、住環境、地球環境。地球温暖化や食の安全・安心、エコハウス関連の仕事が多い今日このごろ。仕事の内容についてはカテゴリ【work】をご参照ください。
夫と愉快な仲間たちがやっているNPO法人【Waveよこはま】のブログにてエココラムを執筆中。
このブログはのんびり気ままに更新中。

要CHECK!!
tecology**
わたしのお母さんが嫁入りの際に贈って手描きのレシピを紹介しています。
teco's book store
わたしが携わった本、仕事でよく読む本などを紹介しています。
Waveよこはま
横浜からリユースの波を! を合言葉に、リユース食器の普及活動をしているNPOに参加しています。Waveよこはまブログで、エココラムを執筆しています。
COBO net
野生の菌とともにある暮らしを見つめ、「発酵」を身近にすることでいのちの循環を感じる「酵母生活」を提案するウエダ家。本の執筆や編集をともに行うなかで、日本の食卓をクリエイティブにする楽しさ、可能性に夢中で活動しています。
山形国際ドキュメンタリー映画祭
良質のドキュメンタリー映画が2年に一度、山形に集まる!! 世界を見開かせてくれる扉です。
山形の過去・現在・未来
わたしのお父さんが何よりも愛する山形。歴史的建造物や残したい風景の過去・現在・未来を紹介しています。
酵母スイーツ
新しいごはん

うちのマンション大丈夫?
酵母ごはん

RSSリンクの表示
お知らせ
新ブログ「たまごはん」スタート! たまばあちゃんのイラスト入りレシピをたま母ちゃんが料理し、たまが食べる。母娘孫と3代に渡る食を紹介します。

☆キタハラ、2009年1月に出産いたしました☆ニンプ日記は未完のまま産後生活に突入。ぼちぼち、育児日記出産ドキュメント布おむつ生活産後の体のこと姿勢のことなどを書きつづっています。
相変わらず時系列はぐちゃぐちゃ。しかし、テーマごとに思考を詰め、まとめる作業は苦しくも、おもしろくあります。気長に見守っていてください。
twitter
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ