FC2ブログ

幻想の森にて。

幻想の森親子ショット
(無邪気な人と邪<よこしま>な人)

だいぶ前の話になる。
この夏の山形帰省、1日レンタカーを借りて、最上川舟下りを楽しんだ。
山形県は最上郡の戸沢村にある船着場は、たいそうな観光名所になっているようで、人もにぎわい、施設も立派、お土産物も充実していた。
もちろん、たまにとっては初めての船。
船頭さんの歌を聞き、両岸に広がる緑と、水量豊かな最上川の流れに身を任せ、夏の心地よい風を満喫した。

下船してから、その近くにあるという「幻想の森」へ行くことに。
巨樹マニアの間で人気というこの森は、神代杉と呼ばれる、樹齢1000年級の杉の巨樹が林立し、それはそれは美しいと聞いていた。
吉永小百合さんのJRのコマーシャルで目にする、あの巨樹群だ。
最近になって知名度が上がってきたが、数年前のガイドブックには載っていなかった秘境。
案の定、ものすごい悪路をクルマでどうにか上りきり、着いた目の前には、いかにも、な森が広がっていた。

一応、観光客に配慮してのことだろうか、森は遊歩道のようにウッドチップが敷かれており(人工的な感じはしない)、足下は悪くはない。
困ったのは、森の入り口ではスズメバチや、大きなハチ、アブがうようよ飛んでいたこと。一瞬、森に分け入るのをためらうほどだった。
たまを守りたい、ひるむわたしをよそに、夫は少年のように目を輝かせ、どんどん森に入っていった。

その世界は、まさに「幻想の森」。
はっと息をのむような太い幹をした杉木立に光が差し込み、なんと、神々しいこと……。
これほどの森は、日本の中でも、屋久島と、ここ、最上の幻想の森、国内にはあと1カ所のみという。
森の中は清々しい空気に満ちており、そこにはまぎれもなく、森の神様がいる、と感じさせるのに十分だった。
たまも何かを感じたのだろう。目をすばらしく輝かせていた。

夫は、「木の神様のパワーをもらうんだよ」と言って、たまに、木にふれさせた。
わたしは内心、「手つかずの自然に人が分け入って、そこにふれるなんて、とんでもない」と感じていた。
そんなわたしの心配をよそに、たまは無邪気に、木の幹をつかみ、皮をちぎり、食べてしまった……!!
「なんと畏れ多い……」と、居心地が悪くなるわたし。
夫は飄々と、たまを抱きながら森を満喫していた。


森から帰る時に、考えていた。
キリスト教では、「幼子のような心」の持ち主に、神の国が用意されていると考えられている。
自然に畏敬の念を覚えることは決して悪いことではないのだろうけれども、下手に身構えてよこしまな心を持っているわたしのほうが、無邪気で天真爛漫な夫よりも、不自然な存在のような気がする。
この日訪れた「幻想の森」は、まさしく、神の領域だった。
たまは、そこで、歓迎されているように思えた。

こういった、圧倒的な自然を目の前にした時に、いかに振る舞えばよいのか。
子どもの行動を見ていると、自分にはもうないものを武器に、何でも吸収し、祝福される存在なのだなあ、と思う。

* * コメント欄復活しました。一言いただけると励みになります。 * *
★たまばあちゃん、たま母ちゃん、たまの3代にわたる離乳食日記「たまごはん」★

スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)

Author:キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)
団地暮らしと酵母生活の達人目指す、フリーのライター・編集者。仕事は、生きることそのもの。水環境ジャーナリストを師匠に、鬼校閲者を友に、チーム仕事も繁盛中でございます。
ウエダ家とともにCOBOの普及活動に勤しむ、日本初のCOBOライターでもあります。
得意分野は、食環境、住環境、地球環境。地球温暖化や食の安全・安心、エコハウス関連の仕事が多い今日このごろ。仕事の内容についてはカテゴリ【work】をご参照ください。
夫と愉快な仲間たちがやっているNPO法人【Waveよこはま】のブログにてエココラムを執筆中。
このブログはのんびり気ままに更新中。

要CHECK!!
tecology**
わたしのお母さんが嫁入りの際に贈って手描きのレシピを紹介しています。
teco's book store
わたしが携わった本、仕事でよく読む本などを紹介しています。
Waveよこはま
横浜からリユースの波を! を合言葉に、リユース食器の普及活動をしているNPOに参加しています。Waveよこはまブログで、エココラムを執筆しています。
COBO net
野生の菌とともにある暮らしを見つめ、「発酵」を身近にすることでいのちの循環を感じる「酵母生活」を提案するウエダ家。本の執筆や編集をともに行うなかで、日本の食卓をクリエイティブにする楽しさ、可能性に夢中で活動しています。
山形国際ドキュメンタリー映画祭
良質のドキュメンタリー映画が2年に一度、山形に集まる!! 世界を見開かせてくれる扉です。
山形の過去・現在・未来
わたしのお父さんが何よりも愛する山形。歴史的建造物や残したい風景の過去・現在・未来を紹介しています。
酵母スイーツ
新しいごはん

うちのマンション大丈夫?
酵母ごはん

RSSリンクの表示
お知らせ
新ブログ「たまごはん」スタート! たまばあちゃんのイラスト入りレシピをたま母ちゃんが料理し、たまが食べる。母娘孫と3代に渡る食を紹介します。

☆キタハラ、2009年1月に出産いたしました☆ニンプ日記は未完のまま産後生活に突入。ぼちぼち、育児日記出産ドキュメント布おむつ生活産後の体のこと姿勢のことなどを書きつづっています。
相変わらず時系列はぐちゃぐちゃ。しかし、テーマごとに思考を詰め、まとめる作業は苦しくも、おもしろくあります。気長に見守っていてください。
twitter
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ