FC2ブログ

自分メディア。

ブログをこう表現する人もいるようだ。
今は、誰もが自分の情報を発信し、表現ができる時代。

わたしは「記録マニア」である。
わたしは「ネット大好き人間」である。
わたしは10年以上日記を続けている。
わたしは文章を書く仕事をしている。
よって、=ブログマニア、になってもよさそうなのに。

100_4195.jpg 100_4194.jpg

(写真はベランダから見える富士山。春本番、もうそろそろ見えなくなってくる)



わたしは今までに4回、ホームページをつくっている。
大学3年生の時(おそらく98年)に初めてつくったものは、「田舎人茶屋」という名だった。
今は横浜なんぞに住んでいるけれどももともとみんな「田舎者」。そんな人々で語らいましょう、ってなコンセプトで、日記をつけ、地元の飲み屋の紹介とランキングをし、高校時代の友人、大学野球の友人、そして新入社員時代の同期らとの掲示板を管理運営していた。
わたしにとってホームページの意味とは、「自分は今元気で、こんな活動していますよ~」という近況報告と、掲示板で旧い仲間たちとつながり合う、ネット上の同窓会の場のためにつくっていて(その機能は十分に満たしていた)、もしかしたらこれって、SNSの原型なのかもしれない、と、今では思う(ビジネスセンスがあるかないかの違いって、大きい)。

初代HPはWindows98、Homepage Builderでつくっていたため(当時のノートPCはHDDが2Gしかない。USBももちろんない)、社会人になってMacを買ってからはほとんどいじらなくなってしまった。
でも、何らかの記録発信はしたいと思っていて、Mac OS9で動くPage millでキッチュ系のHPをつくった。名前はよく覚えていないが、自分のイニシァルをもじって「@MK.com」みたいな感じだったと思う。
あの時は自分でフレームを構築したり、スタイルシートいじったり、結構がんばったなあ。中身はほとんどスカスカだったけど。当時働いていた出版社の同僚・Nさんと毎日食べ歩いていたランチの記録「OLランチ日記」なんかはしっかりつくっていたかも。

その後、会社のHP制作をやることになり(もちろん外注だけど)、サイトマップ、コンテンツの構築、そしてGo Liveでの更新の仕方などを学んだつくりかたなどを学んだ。

今持っている3代目のホームページ「tecology**」は、やはり突然降って湧いた「HPつくりたいっ!」熱に衝動を抑えきれず、発売日にMacOSX用のソフト「ID for WebLIFE」を購入。
これは、わたしが結婚する時に母がプレゼントしてくれた絵入りのレシピがあまりにも美しく、素朴で、友人たちから「コピーしてほしい」などと言われ、それも面倒くさいのでHPでアップしたらみんな見られるかな、と思ってつくったものだ。
わたしとしても母のレシピは素晴らしいと誇りに思っている。そしてHPには、山形の素朴な料理をみんなが楽しんでくれたら…との願いが込められている。
そこではほかに、わたしと夫の山形旅行記など、山形にちなんだネタが随所に散りばめられている(やはり旅ネタは2年くらい更新していないけれど)。

ただし、このIDというソフトは、いろんなところにちょっとだけ不具合がある。ちょっともたつくし、使っていてストレスになることも少なくない。直感的に使えること、難しい知識は必要ないこと、デザイン性にすぐれていること、メリットはいくらもあるが、たった少しのデメリットはあっさりメリットを凌駕する。で、やっぱり更新が遠のいてしまった。

その年の秋、mixiに出会う。
最初は使い方がよくわからなかったが、高校時代の大親友を発見し、当時海外で働いていた妹とつながり、高校のコミュニティを通じていろいろな先輩と出会ったり、地元で友達が増えたりして、
mixiのおもしろさにはまる。初代のHPのコンセプト、わたしが使いたいようなネットの仕組みがそのまま生かされているような気がして、すご~くうれしくなる。

しかしmixiは閉じた世界だ。誰でもアクセスできるわけではない。それに、mixiの仕組みを知らない人とは別の手段をとらなければならない。そこで、やはり自分のブログを持つ必要性にかられたのだ。
自分のライフスタイルと仕事がよい具合に重なり、多くの人と出会い、やはりこれをただ自分のものだけにしていくのはもったいない。表現することで食べていっているのだから、やっぱりアウトプットして少しでも賽を投げていかないと、停滞したままだ、と危機感を持った。で、友人らの勧めもあって、FC2ブログ、このブログを立ち上げたのだ。

3代目ホームページとこのブログのタイトル「tecology」というのは、わたしのネット生活が始まって以来ハンドルネームを「teco」をもじり、それに、ecologyに関わる仕事をしていることをかけ合わせて、
teco + ecology = tecology
なかなかよいネーミングだと自画自賛。


さて、ここからが本題だ。
前ふりが長すぎたので、短く。

P1000007.jpg


結婚記念日であるこの日を、フリーとしての元旦にしようと思う。
フリー元年が終わろうとしているこの3月、新たな一年に向けてのさまざまな出会いと、再会が立て続けに訪れた。わたしは毎日こうやって、人と出会うことで仕事をし、生きているんだと痛感した。だから、出会ったこと、受けた影響、刺激を、形にしてきちんと残していきたい。それが社会に対する投げかけにもなるんだと思ったのだ。

すみません、ずっとさぼっていて。
これから、ちゃんとブログに「日々学んだことをアウトプットします」。

スポンサーサイト



プロフィール

キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)

Author:キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)
団地暮らしと酵母生活の達人目指す、フリーのライター・編集者。仕事は、生きることそのもの。水環境ジャーナリストを師匠に、鬼校閲者を友に、チーム仕事も繁盛中でございます。
ウエダ家とともにCOBOの普及活動に勤しむ、日本初のCOBOライターでもあります。
得意分野は、食環境、住環境、地球環境。地球温暖化や食の安全・安心、エコハウス関連の仕事が多い今日このごろ。仕事の内容についてはカテゴリ【work】をご参照ください。
夫と愉快な仲間たちがやっているNPO法人【Waveよこはま】のブログにてエココラムを執筆中。
このブログはのんびり気ままに更新中。

要CHECK!!
tecology**
わたしのお母さんが嫁入りの際に贈って手描きのレシピを紹介しています。
teco's book store
わたしが携わった本、仕事でよく読む本などを紹介しています。
Waveよこはま
横浜からリユースの波を! を合言葉に、リユース食器の普及活動をしているNPOに参加しています。Waveよこはまブログで、エココラムを執筆しています。
COBO net
野生の菌とともにある暮らしを見つめ、「発酵」を身近にすることでいのちの循環を感じる「酵母生活」を提案するウエダ家。本の執筆や編集をともに行うなかで、日本の食卓をクリエイティブにする楽しさ、可能性に夢中で活動しています。
山形国際ドキュメンタリー映画祭
良質のドキュメンタリー映画が2年に一度、山形に集まる!! 世界を見開かせてくれる扉です。
山形の過去・現在・未来
わたしのお父さんが何よりも愛する山形。歴史的建造物や残したい風景の過去・現在・未来を紹介しています。
酵母スイーツ
新しいごはん

うちのマンション大丈夫?
酵母ごはん

RSSリンクの表示
お知らせ
新ブログ「たまごはん」スタート! たまばあちゃんのイラスト入りレシピをたま母ちゃんが料理し、たまが食べる。母娘孫と3代に渡る食を紹介します。

☆キタハラ、2009年1月に出産いたしました☆ニンプ日記は未完のまま産後生活に突入。ぼちぼち、育児日記出産ドキュメント布おむつ生活産後の体のこと姿勢のことなどを書きつづっています。
相変わらず時系列はぐちゃぐちゃ。しかし、テーマごとに思考を詰め、まとめる作業は苦しくも、おもしろくあります。気長に見守っていてください。
twitter
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ