FC2ブログ

委ねる、ということ

寝顔
(人の気も知らず、すやすやと寝てやがる……)

さて、おむつ星人のわたくし。
ついに尿意を催してしまった。
しばらく躊躇していたが、そうそう我慢できるものでもない。
誰におむつを換えてもらうか、と計算し、せめて夫ならば……という気持ちで、夫の在宅時に排尿したいと思っていた。しかし彼も仕事人だ。わたしがおしっこしたい時に家にいるわけではない。
現に、その時夫は会社にいたのだ。

もう一つの選択肢として、紙おむつはしっかりした吸収力があるはずだから、夫が戻ってくるまで濡らしたまま待つ、ということも考えた。
ともかく、出してしまうほかない。一気にお尻全体が生暖かくなった。そして、重くなった。。
嗚呼、わたしもついに、おもらし星人になってしまった……。

そして、愕然とした。
やはり、濡れた紙おむつは最高に気持ちが悪い。生理や悪露の量とはまったく比べるべくもないほどの大量の水分が放出されたのだから。肌にふれる面がべたつく、というわけではない。さらっとしている、と言っても過言ではないくらい、水分の吸収体と繊維の放湿性能は優秀だった。
でも、ともかく気持ち悪いのだ。生暖かさと、重さが。これは耐えられない。すぐにでも換えてもらいたい!!

しかしその時わたしが頼れるのは、義母しかいなかった。。
夫のお母さんだよ!! 姑だよ!!! そんな人にわたしのおむつを換えてもらうのかって??? 下の世話を頼むのかって??????
……そんな葛藤も、不快感には勝てない。
義母にはあらかじめ、「出産後は開ききった骨盤を戻すために、数日間寝たきりでおむつ生活です。もしかしたら下の世話を頼むことになるかもしれません」とは伝えてあったけれども、その時は現実にやってきてしまったのだ。

清水の舞台から飛び降りる覚悟で、ていねいに依頼した。
「お義母さん、すみません。おしっこをしたので、おむつを換えていただけませんか?」
「あら、いいわよー」
義母は、「究極のあっけらかん」とでも言うべき、さっぱりした人だ。そして実に手際よく、ビデでわたしの陰部を流し、滅菌済みのコットンで拭き、極力腰回りを動かさないように、おむつを換えてくれた。
そういえば、彼女は、つい1年前まで、介護で毎日おむつを換えていたのだ。どおりでうまいはずだ。

……さっぱりした!!! 
最高に不快な状態から脱し、心身ともに安堵した。あー、気持ちいい!
なんだ、委ねてしまえばこんなに楽になるじゃないか!!

そう、わたしは、大人としてのプライドや、羞恥心のようなものにとらわれていたのだ。
結局お産は、非日常であり、産後のからだは「手術直後の重病人」くらいの状態なのだ。そんな時に、小さな見栄や意地で無理をすることは、有害無益以外の何ものでもない。
その後も、夫にも、実母にもそれぞれおむつ換えをお願いした。
「やっぱ、最近まで介護していたお義母さんがいちばん上手でしたー」なんて言うゆとりも出てきて、義母に対しても、実母に対しても、一皮むけたような、新たな関係が構築できた気がした。

「委ねる」
簡単なことのようで、意外と難しい。でも、一度それができてしまえば、何かが大きく変わるのだ。

それに気づいたら、今までかたくなだった自分の心が、とても柔軟になった気がしたのだ。
肩ひじ張って生きていたのが、肩の力が抜け、とても楽になった。
スポンサーサイト



プロフィール

キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)

Author:キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)
団地暮らしと酵母生活の達人目指す、フリーのライター・編集者。仕事は、生きることそのもの。水環境ジャーナリストを師匠に、鬼校閲者を友に、チーム仕事も繁盛中でございます。
ウエダ家とともにCOBOの普及活動に勤しむ、日本初のCOBOライターでもあります。
得意分野は、食環境、住環境、地球環境。地球温暖化や食の安全・安心、エコハウス関連の仕事が多い今日このごろ。仕事の内容についてはカテゴリ【work】をご参照ください。
夫と愉快な仲間たちがやっているNPO法人【Waveよこはま】のブログにてエココラムを執筆中。
このブログはのんびり気ままに更新中。

要CHECK!!
tecology**
わたしのお母さんが嫁入りの際に贈って手描きのレシピを紹介しています。
teco's book store
わたしが携わった本、仕事でよく読む本などを紹介しています。
Waveよこはま
横浜からリユースの波を! を合言葉に、リユース食器の普及活動をしているNPOに参加しています。Waveよこはまブログで、エココラムを執筆しています。
COBO net
野生の菌とともにある暮らしを見つめ、「発酵」を身近にすることでいのちの循環を感じる「酵母生活」を提案するウエダ家。本の執筆や編集をともに行うなかで、日本の食卓をクリエイティブにする楽しさ、可能性に夢中で活動しています。
山形国際ドキュメンタリー映画祭
良質のドキュメンタリー映画が2年に一度、山形に集まる!! 世界を見開かせてくれる扉です。
山形の過去・現在・未来
わたしのお父さんが何よりも愛する山形。歴史的建造物や残したい風景の過去・現在・未来を紹介しています。
酵母スイーツ
新しいごはん

うちのマンション大丈夫?
酵母ごはん

RSSリンクの表示
お知らせ
新ブログ「たまごはん」スタート! たまばあちゃんのイラスト入りレシピをたま母ちゃんが料理し、たまが食べる。母娘孫と3代に渡る食を紹介します。

☆キタハラ、2009年1月に出産いたしました☆ニンプ日記は未完のまま産後生活に突入。ぼちぼち、育児日記出産ドキュメント布おむつ生活産後の体のこと姿勢のことなどを書きつづっています。
相変わらず時系列はぐちゃぐちゃ。しかし、テーマごとに思考を詰め、まとめる作業は苦しくも、おもしろくあります。気長に見守っていてください。
twitter
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ