FC2ブログ

わたしがおむつ??

あられもない
(こいつじゃなくて)


お産という大仕事を終えたわたしは、からだを拭いてもらい、そのままおむつをあてられた。
これから数日間、トイレに立つことも、からだを起こして食事をすることも、寝返りも、基本的にできない。
ただひたすらぼーっと天井を眺め、時々横を向いては生まれたばかりの我が子の顔を見るだけ、という生活だ。

なぜ?
それは、出産によって開ききった骨盤を元に戻すため。いや、元に戻すというよりは、正しい位置に納め直すと言った方が適切か。
野口整体の「骨盤直し」である。

以下、『女性のからだの整体法―からだの悩みを解消する6つのテーマと四季のお手入れ』(野村奈央・著、七つ森書館)より抜粋する。

 * * *

 整体では、出産後の起き上がる時期を大切にしています。
 子どもを産んだお母さんの開ききった左右の骨盤は、片側ずつ閉じていきます。二日なり三日なりかけて、骨盤がきちんと閉じてから起き上がります。それまでは起きていけないのです。出産後ずっと横になったまま、閉じて整うのを待ちます。
 (中略)
 このような出産を行うと、産後にからだがおとろえるどころか、自然のリズムにそうようになり、腰は美しく反って充実し、お乳もたっぷり出ます。女性から見てもほれぼれするくらい美しくなるものです。
 (中略)
 体温が三回目にそろう前に起きてしまうと、左右の骨盤の閉まりがアンバランスで、骨盤がそこで固まって動かなくなってしまいます。
 それが原因で、太ってしまう人が多いうえ、栄養分の不足した母乳しか出なくなり、精神的に不安定になったり、腰痛、頭痛、痔を抱えてしまう人が多いのです。

 * * *

妊娠以前からこの本を読んでいたため、骨盤直しをしてみたい、という気持ちはあった。しかもバースハーモニーのお産では、この骨盤直しを行うという。願ったりかなったりだ。
なぜなら、わたしは思春期になったころからやたらとお尻が大きくて、アンバランスな体型で似合う服がなかなかない、というコンプレックスを持っていた。それが少しでも解消できるならば……という欲があった。

しかし、数日間、トイレにも立つことができない。おむつをしなければならない。誰かにおむつを換えてもらう=下の世話を人に委ねる、誰に委ねる?? 大の大人なのに、おむつを換えてもらうの??? そんな、現実的な計算が頭の中でぐるぐると回り、「誰かに下の世話をしてもらうくらいならば、別にいいや」くらいの気持ちになっていた。

純子先生の夫は、「おむつに抵抗がある人は多いようですが、それでもやった人は、如実に体型が変わる。ぜひ、やったほうがいいですよ」とおっしゃった。それが決め手となった。
(でも、おむつを買うのは、産婦人科検診で自宅出産のゴーサインが出てからでいいや、と思っていた。そうしたら、準備する前にお産になってしまったので、おむつの用意ができていなかった。結局、助産師さんが助産院までおむつを取りに行く羽目に。迷惑をかけてしまった^^; しかも、おむつ姿に便利なネグリジェも用意できず、おむつの上にバスタオルを巻くという、何とも変な格好に……)

果たしてわたしはおむつ姿になった。
もう、出産で股を全開したんだ! そこから赤ちゃんを産み落としたんだ!! おむつなんて怖くないぞー!!! と開き直ってはみたものの、どうも落ち着かない。
でっかい紙が下半身を包んでいる違和感、悪露(子宮内膜や胎盤組織などがはがれ落ちてくる)が出ているから、生理の時のような気持ち悪さ。
しかし、おむつを換えてもらうにしても、回数は極力少ないほうがいい。だから、尿意も便意もなるべく催さない方がいい、などと思い、水分摂取も控えよう、くらいの気持ちでいた。

しかし、生理的欲求はごまかすことはできない。さすがに、出産した日の昼過ぎには尿意を催してしまった。ああ、どうしようか……。








スポンサーサイト



プロフィール

キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)

Author:キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)
団地暮らしと酵母生活の達人目指す、フリーのライター・編集者。仕事は、生きることそのもの。水環境ジャーナリストを師匠に、鬼校閲者を友に、チーム仕事も繁盛中でございます。
ウエダ家とともにCOBOの普及活動に勤しむ、日本初のCOBOライターでもあります。
得意分野は、食環境、住環境、地球環境。地球温暖化や食の安全・安心、エコハウス関連の仕事が多い今日このごろ。仕事の内容についてはカテゴリ【work】をご参照ください。
夫と愉快な仲間たちがやっているNPO法人【Waveよこはま】のブログにてエココラムを執筆中。
このブログはのんびり気ままに更新中。

要CHECK!!
tecology**
わたしのお母さんが嫁入りの際に贈って手描きのレシピを紹介しています。
teco's book store
わたしが携わった本、仕事でよく読む本などを紹介しています。
Waveよこはま
横浜からリユースの波を! を合言葉に、リユース食器の普及活動をしているNPOに参加しています。Waveよこはまブログで、エココラムを執筆しています。
COBO net
野生の菌とともにある暮らしを見つめ、「発酵」を身近にすることでいのちの循環を感じる「酵母生活」を提案するウエダ家。本の執筆や編集をともに行うなかで、日本の食卓をクリエイティブにする楽しさ、可能性に夢中で活動しています。
山形国際ドキュメンタリー映画祭
良質のドキュメンタリー映画が2年に一度、山形に集まる!! 世界を見開かせてくれる扉です。
山形の過去・現在・未来
わたしのお父さんが何よりも愛する山形。歴史的建造物や残したい風景の過去・現在・未来を紹介しています。
酵母スイーツ
新しいごはん

うちのマンション大丈夫?
酵母ごはん

RSSリンクの表示
お知らせ
新ブログ「たまごはん」スタート! たまばあちゃんのイラスト入りレシピをたま母ちゃんが料理し、たまが食べる。母娘孫と3代に渡る食を紹介します。

☆キタハラ、2009年1月に出産いたしました☆ニンプ日記は未完のまま産後生活に突入。ぼちぼち、育児日記出産ドキュメント布おむつ生活産後の体のこと姿勢のことなどを書きつづっています。
相変わらず時系列はぐちゃぐちゃ。しかし、テーマごとに思考を詰め、まとめる作業は苦しくも、おもしろくあります。気長に見守っていてください。
twitter
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ