FC2ブログ

27W●模倣と創造

ナス揚げびたし

最近、もっぱら菜食生活なので、レシピのレパートリーを増やそう、と、大谷ゆみこさんの料理本を手に入れ、いろいろつくっている。
今のヘビーローテはこの本。
『野菜だけ?』


大谷ゆみこさんは雑穀に「つぶつぶ」という愛称をつけ、雑穀料理をブームに押し上げえた、言わずとしれた雑穀界のカリスマだ。
しかし、雑穀で有名になる以前にも、塩、味噌、そして野菜だけでさまざまなレシピの展開をしており、その古い仕事で培われたものが、今の彼女の料理の世界の奥深さを作りあげているということを、この数カ月でまざまざと知ることになった。

わたしは何冊かマクロビオティックのレシピ本を持っているが、それらと比べると、大谷さんの料理はいたってシンプル。そしてめちゃくちゃ簡単。
大谷さんには『チルチンびと』『ナナムイびと』時代に仕事でお世話になっており、いろいろレシピを提供していただいていたものだから、その美味しさは以前から知っていたのだが、なにぶん油を使う量が多く、味が濃い。当時は雑穀自体がなかなか手に入らず、「つぶつぶ料理」をすこ~し敬遠していたのは事実だ。

そんな時に出会った『野菜だけ?』。雑穀のことはほとんど書かれていない。おそらく、大地宅配に提供したレシピをまとめたものだろう。
その本を使ってみて、今、改めて彼女の創造性に驚かされている自分がいる。

大谷さんは、ものすごく大胆、かつ軽やかに、野菜の可能性を引き出している。
そしてその礎になっているのは、長年にわたる料理の実験、検証である。
切り方、茹で方、蒸し方、火加減などさまざまな調理法を試し、それをもっとも簡単な方法に落とし込み、最低限の素材で美味しく仕上げる技を紹介している。
大谷さんは確かマクロビオティックの経験をもととし、当然その理論を熟知し、実践してきているはずだ。
ただ、それとは違う方法で独自の世界を展開するようになった。それが「つぶつぶ」であり、多様な野菜料理であろう。


COBOの仕事をしている時、レシピに創造性が必要ということは痛いほど痛感していた。
しかし、今になって思う。
創造性というのは、何もないところから生まれてくるわけではない。
十分な基礎があって、展開していく力を身につけ、初めて「自分」のオリジナルが見つかるものだということがよくわかった。
ウエダ家のクリエイティブなレシピの数々は、母・ミチコさんの食を大切にしてきた35年の家庭生活が礎にある。

わたしの母もかなりユニークな料理の展開をしている。
彼女もまた、旅先や外食などで新しい料理に出会うと貪欲なまでにその秘密を知ろうとし、それを山形で手に入る素材で自分なりに展開し、いつの間にか、それが母オリジナルの味になっているからおもしろい。
そしてその基礎もまた、子どもたちに安全な食べものを与え、生産者とともに持続可能な農業を志向してきた「毎日の食」なのである。

さて、わたしもようやくその世代に入りつつある。
おそらくウエダ家やわたしの「母」と、違うやり方をするのではないかと思う。
でも根っこにあるのは、同じことだろう。
今の時代にあったやり方で展開し、持続可能で安心できる食のあり方を提案していきたい。
そのもととなるのは、やはり毎日の食生活だ。

まずは先人から学んでいこう。
そして、実験、検証、展開。
その先にオリジナルが生まれてくるはずだ。
スポンサーサイト



プロフィール

キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)

Author:キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)
団地暮らしと酵母生活の達人目指す、フリーのライター・編集者。仕事は、生きることそのもの。水環境ジャーナリストを師匠に、鬼校閲者を友に、チーム仕事も繁盛中でございます。
ウエダ家とともにCOBOの普及活動に勤しむ、日本初のCOBOライターでもあります。
得意分野は、食環境、住環境、地球環境。地球温暖化や食の安全・安心、エコハウス関連の仕事が多い今日このごろ。仕事の内容についてはカテゴリ【work】をご参照ください。
夫と愉快な仲間たちがやっているNPO法人【Waveよこはま】のブログにてエココラムを執筆中。
このブログはのんびり気ままに更新中。

要CHECK!!
tecology**
わたしのお母さんが嫁入りの際に贈って手描きのレシピを紹介しています。
teco's book store
わたしが携わった本、仕事でよく読む本などを紹介しています。
Waveよこはま
横浜からリユースの波を! を合言葉に、リユース食器の普及活動をしているNPOに参加しています。Waveよこはまブログで、エココラムを執筆しています。
COBO net
野生の菌とともにある暮らしを見つめ、「発酵」を身近にすることでいのちの循環を感じる「酵母生活」を提案するウエダ家。本の執筆や編集をともに行うなかで、日本の食卓をクリエイティブにする楽しさ、可能性に夢中で活動しています。
山形国際ドキュメンタリー映画祭
良質のドキュメンタリー映画が2年に一度、山形に集まる!! 世界を見開かせてくれる扉です。
山形の過去・現在・未来
わたしのお父さんが何よりも愛する山形。歴史的建造物や残したい風景の過去・現在・未来を紹介しています。
酵母スイーツ
新しいごはん

うちのマンション大丈夫?
酵母ごはん

RSSリンクの表示
お知らせ
新ブログ「たまごはん」スタート! たまばあちゃんのイラスト入りレシピをたま母ちゃんが料理し、たまが食べる。母娘孫と3代に渡る食を紹介します。

☆キタハラ、2009年1月に出産いたしました☆ニンプ日記は未完のまま産後生活に突入。ぼちぼち、育児日記出産ドキュメント布おむつ生活産後の体のこと姿勢のことなどを書きつづっています。
相変わらず時系列はぐちゃぐちゃ。しかし、テーマごとに思考を詰め、まとめる作業は苦しくも、おもしろくあります。気長に見守っていてください。
twitter
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ