FC2ブログ

5W●驚きの母子手帳

母子手帳


産婦人科で妊娠を確認し、助産院で大きなミッションを受け取った翌日、さっそく地元の区役所に向かう。
純子先生の「1日2~3時間は歩く」の言葉通り、青葉台~市が尾までの2駅分、てくてく。てくてく。
その間、実家に電話し、妊娠を報告。きょとんとしている母。すぐさま喜び大爆発。「命の継承」が彼女のテーマなだけあり、ものすごく感極まっている様子だった(笑)。

区役所で書類をもらい、そこに必要事項を書き込み、母子手帳と副読本一式をもらう。
何の色気もない紙袋に、どっさり、いろんなものが入っている。雑誌の付録を開けるような感覚だ。

・母子健康手帳+別冊
・母子健康手帳副読本「赤ちゃん&子育てインフォ」
・ドキドキ子育て「家庭教育手帳」神奈川版
・よこはま子育てガイドブックどれどれ
・こどものための予防接種のしおり
・マタニティマーク
・マタニティ&ベビーグッズのカタログ類

わくわくしながら開けた袋の中身は、ほとんど、冊子類。
仕事柄ついつい、装丁やイラスト、デザイン、フォント、紙質などを見てしまう。
……う~ん。どうしてこうなるんだろう。今どきの妊婦って、ジャンパースカートなんかはかないよねー。妊娠した途端に呼び名が「ママ」になっちゃうの?? 
わたしに編集させてくれー。。

そして、いちばんがっかりしたのが、母子手帳のデザインだ。
哲学も崇高さも、美しさも感じられない。。
いや、そんなことを言っては一生懸命つくった人に失礼かもしれないけど、立派に自立した女性って、普段はこんなにファンシーなものを身に付けないんではないの? パステルカラーを基調とした色合いに、あたりさわりのない赤ちゃんを連想させるイラスト。……どうにも子どもっぽい。
表紙の紙厚も薄い。90kくらいしかないんじゃないか。すぐヘロヘロに折り曲がってしまいそうだ。母子手帳カバーを探さねば。

数日後、母からわたしが生まれた時の母子健康手帳が届いた(わたしの既往歴を知るために必要だろうということで)。
表紙には、いわさきちひろさんの母子像。31年経った時に美しく感じるデザイン。そういった意味でのサスティナブル・デザインの考え方って、これからの時代にこそますます必要なのでは。


さて、母子健康手帳には別冊があり、そこには、妊婦検診の補助券や、赤ちゃんの予防接種のチケットなどがついていた。
一般に、妊娠してから出産までの検診の回数は14回と言われている(子宮筋腫などリスクのある人はもっと多い)。1回あたり3000円~検査が多いと1万円を超すことも。妊婦検診は自費診療だから、1回1回が高いのだ。
1回の補助券で、横浜市の場合は4700円が診療費から減額される。それが5回分(これでも従来の2回から大幅に増えたらしいが、5回が多いとは思えない)。
聞くところによると、東京都では14回分の補助券がつく区もあるらしい。
住んでいる自治体によって補助に差があるって、なんだかなあ。
そういえば、舛添厚労大臣が「来年度から妊婦検診14回分を無料にする、出産費用も40万円補助する」なんて言っていたが、それも政権次第なわけで……。
しかし、そうこう言っているうちに、来年1月から出産時に公的医療保険から支給される出産一時金が、従来の35万円から38万円に引き上げになったそう(2008年9月末現在)。
少しでも産む人の負担が減るよう、国や自治体にがんばってほしい。
我が家は共働きだからそれほどお金には苦労していないけれど、これ、生活がめいっぱいの人は、かなりつらいと思う。
「お金がないから子どもが産めない」「お金がないから検診に行けない」なんて、あんまりじゃないか??


(2008年10月24日公開)
スポンサーサイト



プロフィール

キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)

Author:キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)
団地暮らしと酵母生活の達人目指す、フリーのライター・編集者。仕事は、生きることそのもの。水環境ジャーナリストを師匠に、鬼校閲者を友に、チーム仕事も繁盛中でございます。
ウエダ家とともにCOBOの普及活動に勤しむ、日本初のCOBOライターでもあります。
得意分野は、食環境、住環境、地球環境。地球温暖化や食の安全・安心、エコハウス関連の仕事が多い今日このごろ。仕事の内容についてはカテゴリ【work】をご参照ください。
夫と愉快な仲間たちがやっているNPO法人【Waveよこはま】のブログにてエココラムを執筆中。
このブログはのんびり気ままに更新中。

要CHECK!!
tecology**
わたしのお母さんが嫁入りの際に贈って手描きのレシピを紹介しています。
teco's book store
わたしが携わった本、仕事でよく読む本などを紹介しています。
Waveよこはま
横浜からリユースの波を! を合言葉に、リユース食器の普及活動をしているNPOに参加しています。Waveよこはまブログで、エココラムを執筆しています。
COBO net
野生の菌とともにある暮らしを見つめ、「発酵」を身近にすることでいのちの循環を感じる「酵母生活」を提案するウエダ家。本の執筆や編集をともに行うなかで、日本の食卓をクリエイティブにする楽しさ、可能性に夢中で活動しています。
山形国際ドキュメンタリー映画祭
良質のドキュメンタリー映画が2年に一度、山形に集まる!! 世界を見開かせてくれる扉です。
山形の過去・現在・未来
わたしのお父さんが何よりも愛する山形。歴史的建造物や残したい風景の過去・現在・未来を紹介しています。
酵母スイーツ
新しいごはん

うちのマンション大丈夫?
酵母ごはん

RSSリンクの表示
お知らせ
新ブログ「たまごはん」スタート! たまばあちゃんのイラスト入りレシピをたま母ちゃんが料理し、たまが食べる。母娘孫と3代に渡る食を紹介します。

☆キタハラ、2009年1月に出産いたしました☆ニンプ日記は未完のまま産後生活に突入。ぼちぼち、育児日記出産ドキュメント布おむつ生活産後の体のこと姿勢のことなどを書きつづっています。
相変わらず時系列はぐちゃぐちゃ。しかし、テーマごとに思考を詰め、まとめる作業は苦しくも、おもしろくあります。気長に見守っていてください。
twitter
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ