FC2ブログ

桜の中の種まき

4月4日(日)、寺家ふるさと村どんぐり農園で、稲の種まきを行いました。


折しもこの日はふるさと村の桜祭り。桜も満開で人の往来も多く、ふるさと村はいつも以上に賑わいを見せていました。


一方、谷戸を入り分け進むどんぐり農園は静謐。


鳥の声が聞こえるなか、稲の種をまくパラパラという音が確かに耳に刻まれていきました。


 


【農に学ぶ。】では、稲の種に「たね吉くん」という名前をつけ、たね吉くんが稲になるまでの1年の物語を、学びのプログラムとして提供しています。


まさにこの日、手にとった稲の種が「たね吉くん」なのです。この1年、私たちにいろいろな学びをナビゲートしてくれる存在です。





稲の種。手前がうるち米(栄光という品種です)、奥が赤米と黒米。木村さんがつくり続けてきた米を発芽させて種にしました


 


 



たね吉くんのベッドを整備。ふかふかの苗床で、根と芽を伸ばしてね


 


 



うるち米のたね吉くんを蒔きます。床の色がうっすらと種色に変わります。パラパラと、種が土に着地する音が聞こえます


 


 



発芽した種。生命力あふれる自然農法の種は、自分で発芽する力を持っています


 


 



黒米(右)と赤米(左)を蒔いています。土の色が心なしか違うのに気づきましたか?


 


 



種を蒔いたら、その上にコテを当ててうっすら土をかぶせます。カラスに見つからないように。たね吉くんの風雨対策でもあります


 


 



最後に、稲藁の掛け布団をかけてあげます。翌日からまた雨でした。藁の布団がちょっとでも役に立ってくれたらいいなあ


 


スポンサーサイト



プロフィール

キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)

Author:キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)
団地暮らしと酵母生活の達人目指す、フリーのライター・編集者。仕事は、生きることそのもの。水環境ジャーナリストを師匠に、鬼校閲者を友に、チーム仕事も繁盛中でございます。
ウエダ家とともにCOBOの普及活動に勤しむ、日本初のCOBOライターでもあります。
得意分野は、食環境、住環境、地球環境。地球温暖化や食の安全・安心、エコハウス関連の仕事が多い今日このごろ。仕事の内容についてはカテゴリ【work】をご参照ください。
夫と愉快な仲間たちがやっているNPO法人【Waveよこはま】のブログにてエココラムを執筆中。
このブログはのんびり気ままに更新中。

要CHECK!!
tecology**
わたしのお母さんが嫁入りの際に贈って手描きのレシピを紹介しています。
teco's book store
わたしが携わった本、仕事でよく読む本などを紹介しています。
Waveよこはま
横浜からリユースの波を! を合言葉に、リユース食器の普及活動をしているNPOに参加しています。Waveよこはまブログで、エココラムを執筆しています。
COBO net
野生の菌とともにある暮らしを見つめ、「発酵」を身近にすることでいのちの循環を感じる「酵母生活」を提案するウエダ家。本の執筆や編集をともに行うなかで、日本の食卓をクリエイティブにする楽しさ、可能性に夢中で活動しています。
山形国際ドキュメンタリー映画祭
良質のドキュメンタリー映画が2年に一度、山形に集まる!! 世界を見開かせてくれる扉です。
山形の過去・現在・未来
わたしのお父さんが何よりも愛する山形。歴史的建造物や残したい風景の過去・現在・未来を紹介しています。
酵母スイーツ
新しいごはん

うちのマンション大丈夫?
酵母ごはん

RSSリンクの表示
お知らせ
新ブログ「たまごはん」スタート! たまばあちゃんのイラスト入りレシピをたま母ちゃんが料理し、たまが食べる。母娘孫と3代に渡る食を紹介します。

☆キタハラ、2009年1月に出産いたしました☆ニンプ日記は未完のまま産後生活に突入。ぼちぼち、育児日記出産ドキュメント布おむつ生活産後の体のこと姿勢のことなどを書きつづっています。
相変わらず時系列はぐちゃぐちゃ。しかし、テーマごとに思考を詰め、まとめる作業は苦しくも、おもしろくあります。気長に見守っていてください。
twitter
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ