FC2ブログ

告白します。

ぶらんこ
(たまがお腹にいるころの夫とわたし。ちょうど1年前。これが素です)

実はわたくし、カツマーである。
個人事業主なので上司がおらず、「バーチャル上司」たる勝間和代発言にいつも膝を打ち、本が出る度にチェックする。
勝間さんがTwitterを始めた日に、わたしも登録、運良く「ヒウィッヒヒー」誕生の瞬間に居合わせる。
おそらく相当早くに「人生戦略手帳」を予約した。そして、先日はたまたま当選してしまった、人生戦略手帳購入者向けのセミナーに参加。
勝間さんの言っていることは、わたしにとって腑に落ちることばかり。
でも、それを仕組み化し、PDCAのサイクルを上手に回し、目標を現実に落とし込むことまではできていなかった。

手帳による自分マネジメント、あるいは生活記録と分析は、相当やっている方だと思う。
わたしは「ほぼ日手帳」5年生。隅々まで使い倒している。今年はカズンを買ったが、たまの育児記録と自分の仕事記録、家計簿、料理の献立メモとして、毎日真っ黒。
元々、自分のスケジュール帳が黒く埋まることに対して酔いしれるタイプなのである。

ほぼ日手帳カズンを満喫しているため、あえて、人生戦略手帳を買う必要もないかな、と思っていたが、自分に足りないものを補うために、試しに1年使ってみようと思った。
毎日サポートメールが届くというのが、新しいと思った。
「ほぼ日」にある一言がカズンではなくなっていて、ちょっと淋しかったのかな?(笑)
まだまだ勝間さんは旬。
彼女の発信をフォローするという意味でも、この1年くらいは彼女の提案に乗ってみて、自己管理、自分マネジメントをやってみようと思ったのだ。

この手帳では、自分の究極の夢(自己実現、社会実現)を「ミッションステートメント」のシートに書き込み、それを実現するための10年後、5年後、3年後のビジョンも文字化。
さらに、目先の具体的目標に落とし込むため、1年を四半期にわけて、目標を具現化するためにやるべきことを、ボトムアップで積み上げていく。
毎日すべきこと(TO DO リスト)と、やめるべき習慣(NOT TO DOリスト)を書き出し、その達成成果をチェックする。
これは、枝廣さんも言っているバックキャスティング型の行動指針であり、PDCAサイクルを上方らせん型に積み上げていくための基本構造とも言える。
(強いて言えば、枝廣さんはエコ派女子にとっての勝間和代的存在か。わたし、枝廣さんも大好きで、いつもその動向をチェックしています)

すべてを可視化することで、「絵に描いた餅」を、「実現可能な目標」にして、毎日、それに近づいていくということを、手帳というツールで仕組み化したものなんだろうと思う。

人生戦略手帳自体は、何の変哲もない、ミニ6穴のリファイル式のものだ。
カズンは600gほどあり、PoGoの写真を貼っているためどんどん重くなっていて、持ち歩くのには不便になってきていた。
おそらく、鞄の小さな女性でも持ち運びに不便がないよう考慮されてつくられたんだろうと思う。
自分でしっかりマネジメントできていれば、同じ仕組みで、ほぼ日手帳でも十分、いやそれ以上代用できると思う。
大きな違いは、「人生戦略手帳を使っている」という心理的効果だろう。
勝間和代的に生きたい、勝間和代にコミットしている自分が好き、みたいな。

時間とは、回数券のようなもの。勝間さんはそう言う。
ぼーっとしていても、有意義に使っても、同じように過ぎてゆく。
有限な時間は、どうせならば有意義に使った方がいい。
ムダな努力に時間を費やすのではなく、過剰な力の浪費を避け、自分の人生戦略を「どうやったら効率良く達成できるか」を考える。
手帳は、そのためのツールと言える。

勝間さんの提案で、これはぜひやろう! と思ったこと。
・最重要な休暇をまず最初にブロックする。
フリーだと、自分の時間のすべてを仕事に使える……的な発想に陥りがち。
でも、それは決して効率がよいとはいえない。
on/offのメリハリをしっかりつけ、決められた時間内に自分で決めたTO DOをしっかり消化する。
その程度の目算を誤るということは、最初から、自分の実務能力をきちんと把握できていない、ということでもある。
・投資用の時間をブロックする。
自分の自由に使える時間の30%は、自己投資に使うべきだと。
ついつい、「目の前の3万円」に目がくらみ、小さな仕事で首が回らなくなりがち。
でも、それじゃあ、いつまでたっても「3万円の女」。
もっと大きな仕事を扱うには、どこかでぐっと我慢して、学んで、自分を飛躍させるための投資が必要になってくる。
・緊急案件、突発仕事用にバッファを確保する
わたしの場合は、「たまの発熱」ってことだろう。
予定は絶対にくるう。だから、その前提で、2割くらいは余裕をみておくこと。


しかし、わたしは、何もしていなくても1日1時間くらいは手帳を向き合っているのだ。
記録したり、振り返ったり、行動分析をしたり、ブログのネタを探したり。
まずは、その時間をいかに節約するか……だな。

まずは明日からのサポートメールを楽しみにしている。
スポンサーサイト



プロフィール

キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)

Author:キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)
団地暮らしと酵母生活の達人目指す、フリーのライター・編集者。仕事は、生きることそのもの。水環境ジャーナリストを師匠に、鬼校閲者を友に、チーム仕事も繁盛中でございます。
ウエダ家とともにCOBOの普及活動に勤しむ、日本初のCOBOライターでもあります。
得意分野は、食環境、住環境、地球環境。地球温暖化や食の安全・安心、エコハウス関連の仕事が多い今日このごろ。仕事の内容についてはカテゴリ【work】をご参照ください。
夫と愉快な仲間たちがやっているNPO法人【Waveよこはま】のブログにてエココラムを執筆中。
このブログはのんびり気ままに更新中。

要CHECK!!
tecology**
わたしのお母さんが嫁入りの際に贈って手描きのレシピを紹介しています。
teco's book store
わたしが携わった本、仕事でよく読む本などを紹介しています。
Waveよこはま
横浜からリユースの波を! を合言葉に、リユース食器の普及活動をしているNPOに参加しています。Waveよこはまブログで、エココラムを執筆しています。
COBO net
野生の菌とともにある暮らしを見つめ、「発酵」を身近にすることでいのちの循環を感じる「酵母生活」を提案するウエダ家。本の執筆や編集をともに行うなかで、日本の食卓をクリエイティブにする楽しさ、可能性に夢中で活動しています。
山形国際ドキュメンタリー映画祭
良質のドキュメンタリー映画が2年に一度、山形に集まる!! 世界を見開かせてくれる扉です。
山形の過去・現在・未来
わたしのお父さんが何よりも愛する山形。歴史的建造物や残したい風景の過去・現在・未来を紹介しています。
酵母スイーツ
新しいごはん

うちのマンション大丈夫?
酵母ごはん

RSSリンクの表示
お知らせ
新ブログ「たまごはん」スタート! たまばあちゃんのイラスト入りレシピをたま母ちゃんが料理し、たまが食べる。母娘孫と3代に渡る食を紹介します。

☆キタハラ、2009年1月に出産いたしました☆ニンプ日記は未完のまま産後生活に突入。ぼちぼち、育児日記出産ドキュメント布おむつ生活産後の体のこと姿勢のことなどを書きつづっています。
相変わらず時系列はぐちゃぐちゃ。しかし、テーマごとに思考を詰め、まとめる作業は苦しくも、おもしろくあります。気長に見守っていてください。
twitter
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ