FC2ブログ

産後、6週間洗髪・入浴せず。

090609女優
(あたち、たま。女優よ。毎日母ちゃんにエステしてもらってるの)

たまは小さく、体重が2500gになるまで沐浴できなかったので、産湯に浸かったのは産後16日経ってから。
しかし母はそれ以上の強者だった……。
わたしは産後、6週間、入浴しなかった。
もちろん、洗髪もしなかった。

これ、おむつ生活と同じくらいのインパクトがあるのではないだろうか。
これも、助産院の教えだ(笑)。
いったいどんな助産院なんだ、と、つっこみがきそう(笑)。

産後はホルモンバランスの変化等で髪の毛がごっそり抜ける。
マクロビオティック的にいうと、産後は陰性、つまり抜けるほうに傾くので、その時期に髪の毛をいじってしまうと、どんどん抜けてしまうそう。
もう一つ、産後はからだを冷やしてはいけない。洗髪で頭を冷やすと一生頭痛持ちになると、昔からの言い伝えにもあるそうだ。
妊娠中は髪の毛が抜けにくくなっており、その分、産後にまとめて抜けるという説もある。まさに髪の毛のリニューアルということか。
ともかく、抜け毛を防いでより豊かで美しい髪に生まれ変わるためには、6週間洗髪を我慢しなければならない、と言われていた。

また、悪露が終わるまでは入浴も避けた方がよいとのことだった。わたしは、産後3週間以降、ちょろちょろ家の中で動いてしまっていたので、なかなか悪露が終わらなかった。
6週間経っても完全には終わらなかったが、それでも相当落ち着いてきたので、洗髪と同時に入浴も済ませてしまった。

この6週間は、どうやって体を清潔に保とうかと悩ましかった。
せめて、と思い、毎晩蒸しタオルで頭と体を清拭したのだが、本当はそれすら避けるべきだったと気づいても後の祭り。
実は、髪の毛に関しては、ブラシで梳かすのもご法度だったらしい。
毛根を刺激することで脳の活性化につながり、頭を休めることを妨げてしまうというのだ。

実は、「いくらなんでも、入浴・洗髪の掟は守ってられないなあ」と思っていた。しかし、骨盤直しの効果を目の当たりにした夫と母が、「絶対にやったほうがいい!」と強く背中を教えてくれたのだ。
夫は、「今後の人生で6週間も風呂に入らないなんてことはまずないだろうから、どのくらい臭くなるかやってみたら」と、無責任にもおもしろがっていた。
実際、産後1カ月くらいまではまったく問題なかった。見た目にも、言わなければわからないくらい。髪が脂ぎることもなく、油っぽいにおいもなかった。「サラサラだった」といっても嘘ではない。
産後6週間までは動物性の食品はほぼ完璧に摂取せず、油ものも極力控えていたのも功を奏したと思う。
冬だったのも幸いだった。ただ、「寝室は保育器」状態で蒸し暑かったため、汗は多少かいた。娘の様子がちょっとおかしいと冷汗をかいていたし。
だから、蒸しタオルでの清拭くらいはしたかった。でないと、夜、気持ちよく眠れなかった。

産後6週目、最後の1週間くらいで、多少、不快を感じるようになった。
頭皮をさわると、フケのようなものがたまった。
髪を梳かすと、少しべたつくようになっていた。
そろそろ限界かな、と思ったころ、産後6週間が経ち、「禊の日」となったのだ。


産後初の入浴は、驚愕だった。
6週間分の垢って、すごいのね……。
「垢太郎」という昔話があるけれども、垢太郎が生まれてきそうだった。今垢すりをしたら、どれほど爽快だろうかと思った。
浴槽に浮かんだ垢は……。嗚呼(詳しくは省く)。
シャンプーは5年来パックスナチュロンを使っていたが、2度洗いなどではまったく非力で、でも何度も洗う気力もなく、6週間分の汚れは、約1週間かけてどうにか落とした、というか、落としきれたかどうか定かではなかった。

が、わたしは髪の毛が薄いことが悩みだったので、「ごっそり抜ける」体験をせずに済んだのは何よりだったと思う。
わたしがお風呂に入っている間にたまを見てくれた義父母が「よくがんばったね」と言ってくれたのが救いだった。

正直、その効能はよくわからないのだが、しかしわたしの産後は、とても元気に過ごしている。
産後2カ月で仕事に復帰し、充実しているのも、これらの鉄の掟を守りきったからではないか、という気がする。

ところが産後4カ月過ぎた今、髪が抜けている……。働きすぎ???
スポンサーサイト



プロフィール

キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)

Author:キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)
団地暮らしと酵母生活の達人目指す、フリーのライター・編集者。仕事は、生きることそのもの。水環境ジャーナリストを師匠に、鬼校閲者を友に、チーム仕事も繁盛中でございます。
ウエダ家とともにCOBOの普及活動に勤しむ、日本初のCOBOライターでもあります。
得意分野は、食環境、住環境、地球環境。地球温暖化や食の安全・安心、エコハウス関連の仕事が多い今日このごろ。仕事の内容についてはカテゴリ【work】をご参照ください。
夫と愉快な仲間たちがやっているNPO法人【Waveよこはま】のブログにてエココラムを執筆中。
このブログはのんびり気ままに更新中。

要CHECK!!
tecology**
わたしのお母さんが嫁入りの際に贈って手描きのレシピを紹介しています。
teco's book store
わたしが携わった本、仕事でよく読む本などを紹介しています。
Waveよこはま
横浜からリユースの波を! を合言葉に、リユース食器の普及活動をしているNPOに参加しています。Waveよこはまブログで、エココラムを執筆しています。
COBO net
野生の菌とともにある暮らしを見つめ、「発酵」を身近にすることでいのちの循環を感じる「酵母生活」を提案するウエダ家。本の執筆や編集をともに行うなかで、日本の食卓をクリエイティブにする楽しさ、可能性に夢中で活動しています。
山形国際ドキュメンタリー映画祭
良質のドキュメンタリー映画が2年に一度、山形に集まる!! 世界を見開かせてくれる扉です。
山形の過去・現在・未来
わたしのお父さんが何よりも愛する山形。歴史的建造物や残したい風景の過去・現在・未来を紹介しています。
酵母スイーツ
新しいごはん

うちのマンション大丈夫?
酵母ごはん

RSSリンクの表示
お知らせ
新ブログ「たまごはん」スタート! たまばあちゃんのイラスト入りレシピをたま母ちゃんが料理し、たまが食べる。母娘孫と3代に渡る食を紹介します。

☆キタハラ、2009年1月に出産いたしました☆ニンプ日記は未完のまま産後生活に突入。ぼちぼち、育児日記出産ドキュメント布おむつ生活産後の体のこと姿勢のことなどを書きつづっています。
相変わらず時系列はぐちゃぐちゃ。しかし、テーマごとに思考を詰め、まとめる作業は苦しくも、おもしろくあります。気長に見守っていてください。
twitter
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ