FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0W●結局酒が飲みたかっただけなのか?

080926小菊

想像妊娠中、あれやこれやと精神的に忙しく、妊娠期間の過ごし方、出産時期をさまざまな角度からシミュレーション。
しかし、現実というドキュメンタリーにかなうインパクトはないわけで。もどかしい。

できることから始めようと、基礎体温計の切れた乾電池を補充し、翌日から計り始めた。ちょうど高温期に入って1週間経ったと思われるころから、お酒を絶った。微熱が続いていたこともあり、体調の変化は如実に感じていた。それを理由に宴席でもお酒を断ることにしたのだ。

次にできる現実路線は、妊娠検査薬についての情報を集めまくること。
現在、市販の妊娠検査薬は、「チェックワン」シリーズと、「クリアブルーシリーズ」があるようだ。いずれも妊娠成立以降増えるホルモンhCGの量で反応するらしい。
試験の方法は、テスターの尿吸収体に数秒尿をひっかけるというもの。尿中にhCGが分泌されていればテスターが反応し、陽性マークがくっきり浮かび上がる、というわけだ。
市販品のほとんどが、生理予定日1週間後以降から使えるという。尿中のhCG濃度が上がるのは、着床成立後1週間以上経ってからだという。
でも、一刻も早く知りたい場合は?? そう思って調べると、生理予定日当日から使えるチェッカーがあるという。その名は「チェックワン・ファスト」。一般のものが尿中のhCGが100IU/Lで反応するのに対し、ファストはその半分である50IU/Lで反応するそうだ。つまり、微量でも反応する=妊娠の兆候が早い段階でもわかる、ということだ。ちなみに海外の製品では25IU/Lで反応するものがあり、これだと生理予定日3日前から使える、ということらしい。

さっそく妊娠検査薬を手に入れようと薬局に向かったのが、生理予定日3日前。しかしネットで見た値段よりもずいぶん高い。送料を考えたらまず買うのが先か、などと迷っている間に、なんだか恥ずかしくなってきた。結局、楽天のネット通販で買った。2個入り2箱。4回分チェックできるというわけだ。

ネット検索していると、生理予定日が待ちきれずに何度も何度もチェッカーを使う人が多いことがわかった。生理予定日前にチェッカーを使うことを「フライング」というらしい。薄い線が出ることに一喜一憂し、メーカーをとっかえひっかえ使って「某社のものでは反応したのに、某社では陰性。どういうこと?」などの質問を書き込んでいる人もいる。その数日が待ちきれないほど、妊娠を知りたいようだ。それも、妊娠したくない! のほうではなく、妊娠したくて仕方ない! ということなのである。これには驚いた。

わたしは生理予定日前日にチェッカーを使うことに決めていた。かねてから約束していた飲み会があったので、陰性だったら心置きなく飲もう、逆に陽性だったらきっぱり断ろうと思っていたのだ。「この日から使えます」という2~3日前には反応が出ることもあるらしい。前日なら判断できるだけの材料はあるだろうと。
4月の生理予定日前夜、チェッカーを使う夢を見た。相当想像妊娠指数が高まっていたようだった。微熱によるだるさは続いていた。
しかし翌朝、あ、これは妊娠していないな、ということがわかった。微熱がうそのように引いていた。基礎体温を測ったら、如実に体温が下がっていた。直感だった。テスターを使ったら、これまたきれいに無反応だった。
そしてその日、わたしはしこたま酒を飲み、そして泥酔。翌日は二日酔い。そして生理が来た。きっかり28日周期だった。

結局その時のわたしは、酒が飲みたかっただけらしい。

翌月も同じように過ごした。しかし、前月とは基礎体温の上昇傾向が少し異なっていた。


(2008年9月30日更新)
スポンサーサイト

重曹マスターになれば、掃除がみるみる楽になる!

(この文章は【Waveよこはま】のブログに執筆したものです)

重曹

昔からふくらし粉や磨き粉として用いられてきた重曹が、ここ数年、静かなブームを巻き起こしています。
重曹はそもそも人が食べても害がありません(そもそも、食品にも使われているくらいですから!)。小さな子どもがいる家庭でも、安心して使えます。
pH8.2のごく弱いアルカリ性。この性質を利用し、クレンザーや消臭剤、洗剤として、多用途に使えます。
安くて使いやすい重曹と石けんで、家庭で発生する汚れの大部分がきれいになってしまうのです。

重曹が得意なのは、ガンコな油汚れやコゲつき。
油汚れでガチガチになってしまったガスレンジの五徳に重曹と水をふりかけ、タワシでゴシゴシこすると、あら不思議、あっという間にきれいになってしまいます。
鍋の底にこびりついたコゲだってお手の物。こすっても落ちない汚れは、重曹を入れて煮立ててひと晩置いておくと、汚れがどんどん浮かび上がってきます。
重曹のアルカリが油汚れを浮き上がらせて、分解してくれるのです。

また、重曹は脱臭剤としてもすぐれた効果を発揮します。
生ゴミなどが酸化する過程で匂いを中和してくれます。台所の排水口や、生ゴミを入れたゴミ箱にささっとふりかけておくとよいでしょう。
靴箱や冷蔵庫などに置いても効果的。この場合、フタのない皿やカップなどに入れておきましょう。1~2カ月は効果が持続します(脱臭用途の次に洗剤として使うと無駄がない)。

重曹は入浴剤としても優秀です。
お湯を沸かした湯船に重曹を一つかみ入れて浸かってみましょう。お湯がなめらかになり、湯上がりがしっとりします。
温泉でも「美人の湯」と呼ばれるお湯は、弱アルカリ性です。つまり、重曹水と同じ原理。湯冷めしにくく、お肌がつるつるピカピカになります。
残り湯を洗濯に使うと、弱アルカリ性の成分が石けんの洗浄効果を高めてくれます。
また、浴槽のお湯を抜く時に、一緒にスポンジで洗い流せば、洗剤は使わなくても十分きれいになります。

誰でも簡単に使え、安全な重曹。さっそく重曹ライフ、始めてみませんか?


ー4W●クロかシロか、それが問題なわけで。

080926たんぽぽ

子づくりモードになったのが4月で、5月末には妊娠判明。
非常に順調なスタートを切った我がニンプ生活。
妊娠してからよりも、するまでの1カ月半のほうが、怒濤の日々だったように思う。
そしてその時期のアホくささに、今さらながら失笑してしまう。

「自分が妊娠するかもしれない」という状況は、仕事をするうえでは常に中途半端なポジションを余儀なくされる。
1年後のビジョンを考えるにしても、今まで通り120%全力投球で仕事に邁進している自分と、乳飲み子を抱えているorでっかい腹を抱えている自分とでは、大きな違いがある。
酒を飲むにしても、躊躇。もし腹のなかで人が細胞分裂を始めていたら……などと考えると、とてもとても、大酒をあおる気になれなかった。
自分の未来(近未来であれ、遠い未来であれ)が茫漠とした状況にあるというのは、せっかちなわたしにとっては耐えがたいことなのだ。

余計なことを考えず、日々のシンプルな営みを繰り返している夫婦。自然体でいいな。でも、うちじゃあり得ない(笑)。というか、わたし自身、自然体とはほど遠い人間かもしれない。
常に何かに向かって走っている、目的外の余分なことに振り回されたくない、そんな、自分勝手な人生を満喫し、当たり前の、淡々とした日々のルーティンを送るというナチュラルな状態を忘れてしまっていた。

そんなわたしだからこそ、自分の意志任せにできない「妊娠前」というプロセスに、思い切り翻弄されてしまった。

ひたすら「想像妊娠」モード全開(笑)。
暇さえあれば、ネットで妊娠にまつわるキーワードを検索しまくっていた。
「基礎体温」「排卵」「妊娠検査薬」「着床」「出産予定日」「妊娠+飲酒」etc......
膨大な情報がたまり、悦に入っていた。「妊娠キーワード検索マニア」などというブログをつくったら人気ブログになるかも、などと企画を考えたりもした。
自分の生理の日程から出産予定日を数パターン割り出し、それによる仕事のスケジュールを検討したりもした。
でも、肝心のことがわからない。

自分がクロかシロか。

これが判明しないことには次に進めない、何も始まらなかったのだ。


(2008年9月26日更新)

ー20W●我が家の「バリ会議」

080925バリ会議


ポスト京都の枠組みを決めるための重要な国際会議「COP13」がバリで開催される数日前、キタハラ家もバリ会議を行った。
今後の人生において、子どもを持つことを選択するのかどうか。是の方向性を互いに確認した。

それから約半年後、我が腹に、人がやってきた。

この人がやってきたのは、偶然でも、日常の延長のことでもない。我が家のライフステージにおいてちょうどよいタイミングで、夫婦が意志を持ち、その故に存在することになった。

昨年、家族ぐるみで親しく付き合っている友人たちに、次々と子どもができた。少しずつお腹が大きくなる彼女たち、それに翻弄される夫たち。親になりつつあるある友人を、夫婦揃って間近で見ていた。
仕事も、私事も一緒に過ごすことが多い友人の環境の変化によって、必然的に遊びが変わるだろうことは容易に予測できた。そしてどうやら、自然と、彼らに追随したい気持ちが沸き起こってきたようだ。

結婚して5年、これまで、二人の生活を満喫してきた。
とても貧乏で、ささやかな浪費を楽しんでいた恋人時代。ジャンク&ワークホリックな新婚時代。そしてお互いに仕事のステージも収入もアップし、毎年海外を旅行し、それなりに贅沢を満喫したここ数年。
次のステージが気になった時でもあった。

わたしも、フリーになってちょうど2年が過ぎ、仕事に手応えを感じるようになっていたところだ。
仕事は、高みを目指せばきりがない。でも、女性の生殖機能にはタイムリミットがあることも知っている。子どもを持つという選択をするからには、どこかでタイミングを決めなければならない。
師匠は子どもを持たず、その道を極めることを選んだ人だ。師匠を尊敬するわたしに、迷いがなかったとは言えない。
しかし、幸い「こんな文章を書けるようになりたい」と憧れているライターさんには、子どもがいた。子どもの存在が彼女の大胆で深みのある仕事を支えているような気がした。
そして、自分の出産という経験が、新たな、そして大いなる取材先になるだろうという予感があった。今までいちばん自分が苦手だった、自分自身を体験するというステージに立ってみたくなったのだ。

そんな折、夫の祖母が米寿でその生を全うした。大好きな家を一度も出ることなく、自宅で亡くなった。
献身的に介護をしていた義母は、解放された感覚と同時に、大いなる喪失感に包まれているようでもあった(あっけらかんとしている人で、そうは見えないのだが)。夫は、「孫でもできれば母親の次の生き甲斐になるんだろうけど」と、ぽつりと言っていた。


不思議なことだが、そうこうしているうちに、最高のタイミングを選んで、我が家にこの人はやってきてくれた。


(2008年9月25日執筆)

Waveの食器洗浄車が華麗に変身!

(この文章は【Waveよこはま】のブログに執筆したものです)

昨日は横浜公園で横浜カーフリーデーが開催されました。
カーフリーデーとは、1997年にフランスで始まったイベントで、その日はクルマに乗らずに徒歩や自転車など動力を使わない手段で街を散策し、魅力を再発見し、都市文化を考える取り組みです。
地球温暖化対策が世界規模の共有課題となり、否応なしにクルマ社会のあり方を考えなければならない昨今。
横浜カーフリーデーでも、CO2排出量の少ないEV(電気自動車)や燃料電池自動車、カーシェアリングなど、自動車関連の新技術のプレゼンテーションのほか、フリーマーケット、自然エネルギーの展示などが行われていました。

カーフリー出店.jpg

もちろんWaveよこはまでも、生ビールを販売しつつリユース食器のPRをし、スタンプラリーポイントとして忙しい一日を送りました!
リユースに関するクイズを出して子どもたちと交流したり、子連れのお母さんとマイ箸について話をしたり、ビールを飲みに来たお父さんにリユースカップについて説明したり……。
横浜の街で、着実にリユースに対する認知度が高まっているのを感じました!

カーフリーペイント.jpg

そしてこの日のメインは、何と言っても、アート集団YUKAI班によるリユース食器洗浄車のライブペインティング。
YUKAI班と会場を訪れた子どもたちによって、Waveの白いバンが見事に彩られました。
NEW Wave号をご披露いたします。ぜひご覧ください。

右面.jpg

モチーフは、「海の中」。
Waveにちなんで、波の下でたゆたう海の生物をイメージしたそう。

左面.jpg

車全体をマスキングし、布に塗料を染み込ませて子どもでもはみ出すことなく、きれいにペインティングできました。

背面.jpg

「タコかイカを描いてほしい」という金子の要望は、却下。脚が多すぎるらしい……。
おかげで美しい水生生物が背面に。

集合写真.jpg

YUKAI班のみなさんとWaveスタッフで記念撮影。
今後もエコとアートがコラボレーションできるような活動に、一緒に取り組んでいきたいですね!
YUKAI班のみなさん、ありがとうございました1

●31歳の誕生日、妊娠6カ月。

誕生日の薔薇

今日から20週目。
腹の中の人とのつきあいも、そろそろ折り返し地点にきた。
この人は今、すさまじい勢いで進化を遂げているようだ。生命が地球上に誕生して35億年。このうち、33億年分の進化をたった30日で成し遂げてしまい(三木成夫『胎児の世界』より)、そして今、ヒトでありながら水生生物として生きている不思議な存在。
しかしながら、母がモーツァルトを聴いていると喜んで足をばたばたさせ、父が腹をさわると恥ずかしそうに反応する、どうも意志をもって動いているらしいこの人。
なんだか、おもしろい。かわいい。愛しいとすら感じる。

妊娠して半年。つわりも軽く、これまでとほとんど変わらぬテンションで仕事に励んできた。体型も体重もさほど変わらず、本当に腹の中に人がいるのか実感できずにいたのが正直なところだった。
しかし、5カ月目に入って少ししたころから、下腹部で何やらゴニョゴニョと動く存在を感じるようになって、急に、その行為の主に親しみ、愛着を感じるようになってしまった。

これまでの半年間感じていたこと、そしてこれからの半年間に感じること。
ちょっとずつ、書き留めていきたいと思う。

これが、とりあえず31歳の抱負。

(今まで、Wave用に「ですます調」にしていたけれど、個人的内容なので、自分が書きたい文調に改めますです)

(リアルタイム更新☆2008年9月23日執筆)

亀の子タワシでシンプル食器洗い


亀の子タワシ


環境に配慮した生活をする人にはすでに常識の、石けん生活。
石けん派であれば環境にやさしい……? ちょっと待って。
石けんを使う前に、そもそもその汚れ、洗剤が必要か考えてみてください。

例えば、紅茶を飲んだだけのカップや、おせんべいを並べただけのお皿。
本当に石けんを使って汚れを落とす必要があるのでしょうか。
ささっと水で洗い流すだけで、十分に汚れは落ちませんか?

例えば、服に醤油やソースをこぼしてしまった時、まずどんな行動をとりますか?
すぐに水やお湯で汚れた部分を濡らし、可能な限り汚れを拭きとるはずです。
水だけでは元通りにするのは難しいのですが、すぐに対処することで、汚れの付着を最小限に止めることができます。その後、必要に応じて洗剤を使えばきれいになるはずです。
食器も同じ。繊維と違うので汚れはしみ込みにくいのですが、それでも、時間が経つほど汚れが落ちにくくなり、きれいにするにはそれだけ大量の水や洗剤を使うことになります。
食べ終わったらさっと汚れを古布でぬぐい取り、素早く水orお湯洗い、これが鉄則です。
油汚れがひどいものだけ、石けんを使うようにしましょう。

ちなみに、食器洗いにおすすめなのが、昔ながらの亀の子タワシです。
焼魚を食べた後の汚れも、使った後のまな板も、すき焼き後の鉄鍋も、お湯と亀の子タワシでさっと洗えば、驚くほどきれいになります。
亀の子タワシはパーム椰子やシュロの繊維を束ね、針金で巻いただけの、シンプルな構造です。
植物の持つ弾力性、柔軟性により、使い込むほどに繊維がしなやかになります。
水切れもよいので、使った後のお手入れも簡単。

普段のわたしたちの生活を見回してみると、洗う=洗剤を使う、が習慣化しているようです。
合成洗剤を使うよりは石けんのほうが、はるかに環境負荷が少ないことは確かですが、石けんでもただの水洗いよりは水を汚すのです。
水洗いだけで済むもの、そうでないものを選り分け、「環境中に戻す水」はなるべくきれいな状態にして流すようにしましょう。

週1回の「休肉日」??

R0012047.jpg

9月8日の朝日新聞夕刊に、おもしろい記事がありました。
内容をかいつまんで説明すると、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)のパチャウリ議長が、肉の消費量を減らすことで温室効果ガスの削減に貢献すると主張し、「週1回の休肉日」を提案した、というわけらしい(ちなみに、パチャウリ議長はベジタリアンとのこと)。

牛や羊などがゲップで出すメタンガスは、温室効果ガスの全量の5%を占めると言われています。ほかにも糞尿などから放出されるメタンは、CO2よりも濃度が高く、対策が緊急の課題とされています(かといって、牛のゲップを止めることはできないのですが)。
広大な牧場をつくるために森林を伐採する、牛や豚が食べる穀物飼料の製造と輸送にかかるコスト、バーチャルウォーター……。確かに、畜産は多大なエネルギーを消費する産業と言えます。
パチャウリ氏は、「食肉産業全体が排出する温室効果ガスは、世界の5分の1近くを占める」とまで言ったそうです。

R0011478.jpg

牛や豚など、畜産物を育てるのには、どれくらいのエネルギーが必要なのでしょう。それをわかりやすく示す指標に、「バーチャルウォーター」があります。
環境省のバーチャルウォーターサイトによると、牛や豚のエサになるトウモロコシ1kgを育てるには、潅漑用水として1800リットルの水が必要。牛は穀物飼料を大量に食べて育ちます。つまり、牛肉1kgを生産するには、その約20000倍もの水が必要になるのです。しかも畜産飼料の大部分は輸入に頼っているので、結局は見えない「水」を輸入していることになるのです。

例えば牛肉1kgをつくるために必要な水は、20600m3/t。豚肉は5900m3/t、鶏肉は4500m3/t、鶏卵は3200m3/t。これは、畜産物が食べるエサの量(飼料要求率)に比例していると言えます。いかに牛肉が大量の水を使っているのかがわかりますよね。
野菜はというと、玉ねぎ158m3/t、じゃがいも185m3/t、にんじん183m3/tと、肉類とは比較にならないほど値が小さい。
ちなみに、米は1kgあたり3700m3/tと、意外にも多くの水を使っています。しかし、米はほぼ日本で自給していますから、水も自前で賄っていると言えるでしょう。

「地球温暖化防止のために肉を食べないようにしましょう」と言っても現実的には難しいものですが、食糧価格の高騰や水需要の逼迫など、世界の状況に目を向けると、自分たちの食習慣と無関係ではないことがわかります。
何より、自分たちの近くの地域で採れた旬の野菜や果物は、このうえなく美味しい! しかも、ヘルシーで健康に良いのです。食卓に必ずしも肉がなくても、豊かな食生活は可能なのです。

パチャウリ議長の言った「週1回の休肉日」、これからはちょっと意識してみてもいいかもしれません。

2008年の夏を振り返る……今年は暑かった?

(この文章は【Waveよこはま】のブログに執筆したものです)

夏の花火


8月が終わりましたね。
昨年は記録的な猛暑(国内最高気温を更新)、今年はゲリラ豪雨の頻発と、毎年、夏には「劇的」な気象の変化が訪れているようです。
「今年の夏は暑かった!」と思われている方も多いと思いますが、実は去年に比べるとこれでもだいぶ涼しい方だったのですよ。

昨年(2007年)の8月は、東京では最高気温が30度以上の真夏日が27日間、朝の気温が25度を下らない熱帯夜が22日間。最高気温が35度を超える猛暑日は、6日もありました。
(そう、この年の気象の一大ニュースとして、最高気温が35度を超える日を「猛暑日」という定義が、初めて定められたのでした)
今年(2008年)は、真夏日が20日間、猛暑日はわずかに1日です(最高気温が34度台後半という日は結構ありましたが)。熱帯夜は14日間です。
特に8月24日以降続いた雨の影響も大きいのでしょうが、暑さのピークはお盆とともに去りにけり……といった傾向でした。

その分、1時間に50ミリを超える大雨や、突然の雷など、「ゲリラ豪雨」あるいは「ゲリラ雷雨」がわたしたちを悩ませました。熱帯のスコールだって、こんなにはひどく降らないはずですよ……。
かくいうキタハラも、買い物をしに駅前のデパ地下に入ったら、たった15分の間に外は大荒れ。雷はピカピカ、近くでドーンドーンと大きな音がして、正直、怖いなあと思うほど。ゲリラ豪雨には傘では太刀打ちできないので、重い荷物を持ちながら30分ほど途方に暮れたものです。

9月に入ってまた最高気温が30度を超える日が続きましたが、来週からは湿度が下がり、秋の風が吹いてくるそうです。
Waveよこはまも、またまたイベントに忙しくなりそうです。
どこかのお祭りで見かけたら、ぜひ声をかけてくださいね!
プロフィール

キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)

Author:キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)
団地暮らしと酵母生活の達人目指す、フリーのライター・編集者。仕事は、生きることそのもの。水環境ジャーナリストを師匠に、鬼校閲者を友に、チーム仕事も繁盛中でございます。
ウエダ家とともにCOBOの普及活動に勤しむ、日本初のCOBOライターでもあります。
得意分野は、食環境、住環境、地球環境。地球温暖化や食の安全・安心、エコハウス関連の仕事が多い今日このごろ。仕事の内容についてはカテゴリ【work】をご参照ください。
夫と愉快な仲間たちがやっているNPO法人【Waveよこはま】のブログにてエココラムを執筆中。
このブログはのんびり気ままに更新中。

要CHECK!!
tecology**
わたしのお母さんが嫁入りの際に贈って手描きのレシピを紹介しています。
teco's book store
わたしが携わった本、仕事でよく読む本などを紹介しています。
Waveよこはま
横浜からリユースの波を! を合言葉に、リユース食器の普及活動をしているNPOに参加しています。Waveよこはまブログで、エココラムを執筆しています。
COBO net
野生の菌とともにある暮らしを見つめ、「発酵」を身近にすることでいのちの循環を感じる「酵母生活」を提案するウエダ家。本の執筆や編集をともに行うなかで、日本の食卓をクリエイティブにする楽しさ、可能性に夢中で活動しています。
山形国際ドキュメンタリー映画祭
良質のドキュメンタリー映画が2年に一度、山形に集まる!! 世界を見開かせてくれる扉です。
山形の過去・現在・未来
わたしのお父さんが何よりも愛する山形。歴史的建造物や残したい風景の過去・現在・未来を紹介しています。
酵母スイーツ
新しいごはん

うちのマンション大丈夫?
酵母ごはん

RSSリンクの表示
お知らせ
新ブログ「たまごはん」スタート! たまばあちゃんのイラスト入りレシピをたま母ちゃんが料理し、たまが食べる。母娘孫と3代に渡る食を紹介します。

☆キタハラ、2009年1月に出産いたしました☆ニンプ日記は未完のまま産後生活に突入。ぼちぼち、育児日記出産ドキュメント布おむつ生活産後の体のこと姿勢のことなどを書きつづっています。
相変わらず時系列はぐちゃぐちゃ。しかし、テーマごとに思考を詰め、まとめる作業は苦しくも、おもしろくあります。気長に見守っていてください。
twitter
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。