FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7~8月のお仕事。

今年の前半は、洞爺湖サミットがあるということで、環境関連の仕事に力を入れていました。
特にECOマネジメントでは、TICAD4(アフリカ開発会議)やG8エネルギー大臣会合など、国際会議の取材ができ、フリーランスとしてはとても貴重な体験となりました。
この経験はこれから先、きっと何らかの形で生きると思います。


【ECOマネジメント】

特集 洞爺湖をめぐる攻防-3
主要排出国が目的を共有した
エネルギー大臣会合

7月3日公開
6月7~8日に青森市で開催されたG8エネルギー大臣会合。G8に加え、中国、韓国、インドの3カ国が加わり、共同声明を発表。世界の温室効果ガスの約3分の2を占める国が円卓で膝を詰めて話し合い、洞爺湖サミットへの影響必至の議論の行方に注目が集まりました。

特集 2050年への革新技術-1
2050年半減へ待ったなし
火力発電所のイノベーション

7月3日公開
経済産業省が今年3月に発表した「Cool Earth エネルギー革新技術計画」で選ばれた21技術のうち、最も削減効果が高い高効率火力発電の現状と展望をレポート。(今どきの発電所は本当にクリーンなんだなあ、と感心してしまいました。取材のしすぎでまとめるのが大変でした。でも意外と技術系の取材はきらいでないことが判明!)

特集 日本発、世界へのメッセージ-1
原子力からマイクログリッドまで
日本のエネルギー技術をPR

7月17日公開
G8エネルギー大臣会合の併催イベントとして開催された「G8エネルギー大臣会合記念エコ&エネルギー展示会」。原子力や世界初の蓄電池付き風力発電施設など、エネルギー関連施設の集積地である青森県と、日本企業の先進技術を世界にアピール。

特集 洞爺湖サミットの成果-7
「ポスト京都」を左右する
アフリカ諸国への支援策

8月21日公開
5月に行われたTICAD4。「環境・気候変動問題への対処」分科会で出されたアフリカ諸国からの具体的要望をレポートするとともに、その内容が洞爺湖サミットでどのように議論されたのか。洞爺湖サミットの「首脳宣言」より分析しました。


【The Cool Earth Tech 2008  ヒートポンプが拓く未来】

6年かけて機器入れ替え
サンシャイン地区のCO2を3割削減

7月24日公開
サンシャイン60を始め、豊島区役所など池袋地域の地域冷暖房を賄う「池袋地域冷暖房」を取材。蓄熱システムを活用し、高効率の設備機器を導入したことで、CO2排出量を3割削減。(蓄熱槽にのぼってエコアイスに触れたこと、忘れ得ぬ経験です!)

地域医療の中核担う“電化病院” 
水蓄熱とNAS電池利用でコスト2割削減

7月28日公開
千葉県八千代市の中核医療施設・東京女子医科大学八千代医療センターの取り組みをレポート。防災の視点から病院の設備機器はできる限り電化し、蓄熱システムの活用でCO2排出量とコストの両面を削減。病院のエネルギーマネジメントに新しい提案をする事例です。


【生活クラブ生協】活動情報
生活クラブの活動情報では、生活クラブ連合会の総会の取材や、名古屋で行われた遺伝子組み換えナタネの自生調査の報告集会など、まさに、「生活クラブの活動」をまとめました。
その中でも特におもしろいのが、35年続く「庄内交流会」
日本の極端に低い飼料の自給率を高めるため、休耕田にイネを植え、それを豚のエサにして、豚の排泄物は肥料として田んぼに還る……という、耕畜連携型の循環型農業についてレポートしています。
もともと庄内は大好きなのですが、生活クラブの生産者の方と会うとみなさんとても魅力的で、夢と希望を与えてくださいます。
スポンサーサイト

神奈川の環境家計簿・エコボを使ってみました

(この文章は【Waveよこはま】のブログに執筆したものです)

キタハラです。

神奈川県のつくるインターネット環境家計簿「エコボ」をご存知ですか?

環境家計簿には、いろいろなタイプがあります。
企業がつくっているもの、行政のつくっているもの、エクセルのテンプレートをダウンロードして使うもの……さまざまですが、せっかく神奈川県に住んでいるので、神奈川独自のものを使ってみることにしました。

80828ecobo.jpg

エコボでは、まず自分がどこに住んでいるのか、何人家族か、一戸建てか集合住宅か(木造か非木造か)を登録し、自宅にある大型家電(洗濯機、冷蔵庫、テレビ、エアコンなど)の購入年数などのアンケートに答えます。
その後、入力画面に進みます。
電気(kWh)、水道(m3)、ガス(Mm3)、灯油(L)、ガソリン(L)など、その月のエネルギーの使用量を入力すると、それぞれのCO2排出係数に応じたCO2排出量が計算され、自分たち家族が毎月どれくらいのCO2を排出したのかが一目瞭然です。
過去にさかのぼって登録することもでき、今月のCO2排出量が、前月、次月、前年同月と比較して多いのか少ないのか、確認することもできます。
キタハラ家も、過去2年分くらいのデータは残してあるので、さっそく入力してみようと思います。
今年の1月、家の白熱球を電球型蛍光ランプに取り替え、待機電力をカットできるスイッチ式のコンセントに切り替えたので、その成果がどれくらい出ているのか、比較してみたいのです。ちなみに、目標値は「前年比マイナス6%」。果たして達成できているのでしょうか……。

「エコボ」のおもしろいところは、CO2排出量が類似世帯(2人家族で非木造集合住宅在住など)の平均よりも少ない場合、1kg-CO2あたり1ポイントが付与されます。これを足した数字をもとにeco評価ランキングが行われ、「エコボ」に登録している県内の人たちと、我が家のエコ度を競うことができます。
ちなみに、我が家は自家用車を持っていなので、ガソリン分のCO2排出量がすべてポイントになります。ランキング順位は相当高くなりそうです。

ただし、「エコボ」を使うには、神奈川県の「マイアジェンダ(=私の実践行動)制度」に登録しなければなりません。
持続可能な社会を実現するため、個人や組織が環境に配慮した自主的な取り組みを宣言し、それを登録します。
「アイドリングストップやエコドライブに取り組む」「節水や水の再利用をする」など、全部で35項目から自分のできる項目を選んで登録する、or、35項目が多いと思う人のために、10項目から選べる「もったいないバージョン」もあります。
インターネットから登録する人はこちら

登録したからと言って、何かが変わる、というわけではありません。自分がそれを実践できるかどうか、それにつきます。
環境家計簿も同じ。ただつけるだけではなく、我が家のエネルギー使用状況を把握し、地球のために何ができるのかを考える。
実は、エネルギーの節約は、家計の節約でもあるので、地球にもお財布にもやさしい。まさにコ・ベネフィットです。



味噌・天地返し

今晩、今年の1月に仕込んだ味噌の天地返しを行いました。

天地返しの時期については諸説あり、
・梅雨入り前とお盆明け
・梅雨明け(土用のころ)
この2つが有力なようです。
キタハラ家はこのどちらも忙しかったため、
お盆明けの今ごろになって天地返しをしたわけです。

ちなみに、過去3年間の手前味噌参加者の多くは、天地返しを省略しているようです。
でも、ちゃんとおいしくできているみたいです。
時宜を逸した方も、面倒くさがりの方も、ご心配なく。

天地返しをするのは、甕の中で使っている味噌を空気にふれさせ、発酵を進めるためと言われています。
カビのチェックという側面もあるようです。


さて、我が家の味噌はこんなんになっておりました。



フタを開けたら、たまりがビッシリ!
たまり

たまりというのは、味噌の塩分+大豆エキスが上澄みとなって、醤油みたいな状態の液体です。
実際、たまり醤油としておいしくいただけます。
酵母が生きています! もったいないので捨てないで冷奴やお料理に使ってね。

甕のフチにやたまりの表面には白いカビがついていました。
白カビ

白いカビはコウジカビの一種なので、発生しても心配はありません。
多い場合は取り去るのが吉、ですが、ちょっとならそのまま混ぜ込んでもいいです。
ちなみに、黒カビ、緑カビ、赤カビが発生していたら、迷うことなく取って捨ててください。

さて、肝心の味噌は、若味噌になっていました。
若味噌

若味噌とは、ある程度発酵&熟成が進んでいるが、まだしょっぱい状態の若い味噌のこと。
これをまた置くことで熟成され、1年経つころにはまろやかな味になりますよー。

若味噌をすべて別の容器に移し、いったん味噌甕を洗って内側を焼酎で消毒し、もう一度若味噌を投げ入れます。
発酵が進んでいるため、冬に仕込んだ時よりも味噌がゆるくなっていて、詰めにくいかもしれません。
夫は、テーブルや床をビチョビチョにしておりました。
最後に手の甲で表面をならし、ラップで表面を覆って空気を遮断し、塩袋などの重石をのせてフタをします。
本当は甕の底と表面に塩をふるのが丁寧ですが、わたしは、これ以上塩分を増やしたくなかったので、何もしませんでした。



あとは来年、年明けくらいに熟成した味噌とまみえるのみです。
楽しみ~~。

ゲリラ豪雨と温暖化の関係

(この文章は【Waveよこはま】のブログに執筆したものです)

夏ですね

最近、全国各地で局地的な豪雨が頻繁に起こっています。
1時間に50ミリどころか、100ミリを超す激しい雨、そして風。
道路は瞬間にして水浸しになり、数メートル歩くだけでも全身がずぶぬれになってしまいます。
それなのに、隣りの市ではまったく何ともなかったり……。
東京では8月5日、下水道のマンホール内で作業をしていた5名が流される事故が起きました(亡くなった方のご冥福をお祈りします)。
一部報道では「ゲリラ豪雨」という表現がなされていますが、瞬間的に激しい雨が降り、それが甚大な災害を引き起こしてしまうという意味では、まさに「ゲリラ的」とも言えます。

さて、この「ゲリラ豪雨」ですが、地球温暖化との関係が指摘されています。
近年、このような突発的な豪雨や猛暑、台風の巨大化、水不足など、異常気象が多くなったと実感している方も多いと思いますが、それらは全て温暖化と関係があるのでしょうか?

答えは……「今のところはまだわからない」というのが本当のところです。
1年ほど前、日本、カナダ、イギリスの気象予報士が地球温暖化と気候変動について語るイベントの取材をしたのですが、その際、予報したちは口を揃えて「日々の天気の積み重ねである“気象”の一つを、気候変動という大きな流れに直接結びつけることは危険である」と述べました。
その日起きた豪雨は必ずしも温暖化が原因であるわけではない。
ただ、データが積み重なることで、異常気象の一つひとつにある法則性が見つかり、大きなトレンドを形成していけば、地球温暖化という気候変動との明確な関連が見つかる可能性はあります。

例えば日本では、この10年の間に1時間に50ミリ以上の雨が降る回数はこの10年で3000回に上るといい、100ミリを超える極端な豪雨はこの30年間で2.3倍に増加しているそうです。
このことから、「極端な豪雨が増えている」というのは、一つのトレンドとして認めることができそうです。

「ゲリラ豪雨」の頻発を受け、国でも対策を進める動きが見受けられます。
8月16日には国土交通省と気象庁と連携し、共同でモニタリング調査を行う方針を決めたほか、2009年度の予算に「地球温暖化影響調査費」を要求するそうです。

これまでは、わたしたちの生活が日々の気象に影響を及ぼすなどということは考えられなかったことですが、「ゲリラ豪雨」などの異常気象と地球温暖化の関連が証明されれば、「地球温暖化の原因は人間活動」である以上、わたしたちにもそれを止める責任が生じてくるわけです。

お盆・猛暑の過ごし方

今年の夏、いわゆる「お盆休み」の一週間はオリンピックを友に、極めてダラダラとしておりました。
我が家はお盆休みがないので(夫が仕事なので)、それに合わせてわたしも働いておりますが、猛暑日というのは屋外取材はもとより、室内での執筆も本当につらい。
去年猛暑のなかがんばって働きすぎ、体調を崩したため、今年は極力頭脳労働をしないよう努めました。
この時期は本質的に働くべきじゃない、みんながみんな、朝夕涼しい田舎に帰るようにと、「お盆」というシステムができ上がっているんじゃないか、と思うくらいです。

都会で生活しながら暑さとどのように付き合っていくか、試行錯誤した一週間でもありました。
以下、ご紹介します。


・散歩をするなら10時前、木陰が一番!
夏は暑い

散歩をする時は、朝9時前はさすがに気温が上がらないので、8時台に家を出て、11時前には戻るようにするという計画を立てて、散歩しました。
我が家から東方向は、とても美しいケヤキ並木のある「もえぎ野」というエリアで、そこを歩くのは本当に気持ちいい。
月曜日はちょっと足を伸ばして寺家ふるさと村まで歩きましたが、寺家のような田園地帯でも木陰がなければ暑い。
また、歩道がきちんと整っているところでないと、車の排気ガスをモロに受けるので、暑さが増幅します。アスファルトのない道は確かに暑くないのですが、散歩に適した規模の公園は近くにはないので、歩道の道幅が広い、並木道を歩くのがいちばん! という結論に達しました。

・日中はインドア派に徹する!
我が家は築40年近い団地の最上階(日当たり最高!)で、蓄熱性能が高すぎる。風通しはよいけれども、室温が35度近くになると太刀打ちできません。だから、エアコンをつけていても暑い。
一つ所にとどまっていると気分も滅入るので、気温のピーク時間帯はカフェで本や資料を読むなどの仕事の仕方でもいいかもしれません。
ただ、33度を超えると移動するだけでも体力を消耗するので、家を出るタイミングは要注意ですな……。

・夏祭りで盆踊りをするのは、意外といい運動?
盆踊り

週末は夫に連れられ、リユース食器の貸し出しを行っている南町田の盆踊り大会に顔を出してきました。
夫に勧められ、盆踊りの輪に入り、たくさん踊りました(夫は盆踊りがうまい)。手を上げたり下ろしたりするのは、散歩だけではなかなかできません。5曲くらい踊るとうっすらといい汗をかきます。
夕方だからほどよく涼しいし、たいていは公園でやるのでアスファルトの熱気もなく、疲れたらリユース食器洗浄ブースの椅子で休めるので、とてもいい思いをさせてもらいました。

アメダスデータを活用し、気温の傾向を探る!
我が家は「横浜市」ではあるものの、港町・横浜からはほど遠い、丘の街です。気温が海風に影響されることは少なく、むしろ県央の気候に近いだろうということで、「海老名市」のスポット天気をチェックしていました。
たいていの日はだいたい13時~15時くらいが気温のピークに達するため、その時間をいかにやりすごすかを考えればいいのですが、例えば16日(土)は起きた瞬間から暑く、朝の10時には30度を超え12時には35.5度をマークするなど、こりゃあちょっと普通とは違う傾向だと感じ、自宅から避難して映画を観ることにしました。


さて、お盆の終わりとともに、朝晩の風が涼しく感じられるようになりました。
お盆は本当に暑さのピークですね。
やはりなるべく働かず、のんびり過ごしたいものです。

エアコンを効率よく使おう!

(この文章は【Waveよこはま】のブログに執筆したものです)

前回は、暑くてもなるべくエアコンに頼らないためのアイデアをご紹介しました。
しかし毎日30度を超える暑さとなると、そうも言ってられません。
そこで大切なのは、エアコンを使うにしても、いかに効率よく使うかどうか。
今回は、3つの観点からご紹介します。

謎の花

(1)エアコン+αで涼感アップ!
外から帰ってきた時にまずエアコンのスイッチを入れるのではなく、換気をして風を通します。
外気温との温度差をなるべく小さくするのがポイントです。
エアコンの設定温度は、外気温よりもマイナス5度低い程度がおすすめ。
クールビズでは「エアコンの設定温度は28℃に」と言っていますが、例えば気温35℃以上の猛暑日の場合、室内は30度でも十分に涼しく感じられます。
極端に外気温との差があると、人の体温調整機能がうまく働かない場合があるので気をつけましょう。
また、カーテンなどで遮光するとより効率がアップしますよ。

(2)エアコンが最適に動くようメンテナンスを。
エアコンのフィルターには知らぬ間にホコリがたまっているもの。
ホコリだけでなくダニやカビの胞子など、アレルギーの原因となるハウスダストの巣窟です。
2週間に一度は掃除機でフィルターのゴミを吸い取ることで、清潔+エアコンの効率が上がります。
また、シーズンオフにはフィルターだけでなく、羽根や室外機のフィルターも含めた掃除を心がけましょう。
エアコンクリーニングのプロに依頼すれば、見えないところのカビなども徹底的に洗い落としてくれます。
とある業者に聞いたところ、2~3年に一度はメンテナンスをしたほうがよい、とのこと(赤ちゃんやアレルギー体質の人がいる場合は毎年がおすすめ)。

(3)高効率のエアコンを選ぶ!
奥の手は何と言ってもコレです。
あまりに古いエアコンを使っていると、電気代ばかりがかさみ、肝心の効率はあまりよくない、ということがままあります。
エアコンの効率は、COP(Coefficient Of Performance=エネルギー消費効率)という指標で表し、数値が高いほど効率がよくなります。
エアコンは電気の力で動かしているので、CO2排出量は電力の使用量に比例します。そのため、効率の悪いエアコンを使っているということは、地球環境(と家計)に大きな負荷を与えていることになるのです。
ランニングコストを下げる分で高効率エアコンへの買い替えをすれば、家計への負担もそれほど大きくないはずです。
(とはいえ、むやみやたらに買い替えをおすすめするわけではありません……。古いものでも上手に、大切に使うという考えも大事にしたいので)


プロフィール

キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)

Author:キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)
団地暮らしと酵母生活の達人目指す、フリーのライター・編集者。仕事は、生きることそのもの。水環境ジャーナリストを師匠に、鬼校閲者を友に、チーム仕事も繁盛中でございます。
ウエダ家とともにCOBOの普及活動に勤しむ、日本初のCOBOライターでもあります。
得意分野は、食環境、住環境、地球環境。地球温暖化や食の安全・安心、エコハウス関連の仕事が多い今日このごろ。仕事の内容についてはカテゴリ【work】をご参照ください。
夫と愉快な仲間たちがやっているNPO法人【Waveよこはま】のブログにてエココラムを執筆中。
このブログはのんびり気ままに更新中。

要CHECK!!
tecology**
わたしのお母さんが嫁入りの際に贈って手描きのレシピを紹介しています。
teco's book store
わたしが携わった本、仕事でよく読む本などを紹介しています。
Waveよこはま
横浜からリユースの波を! を合言葉に、リユース食器の普及活動をしているNPOに参加しています。Waveよこはまブログで、エココラムを執筆しています。
COBO net
野生の菌とともにある暮らしを見つめ、「発酵」を身近にすることでいのちの循環を感じる「酵母生活」を提案するウエダ家。本の執筆や編集をともに行うなかで、日本の食卓をクリエイティブにする楽しさ、可能性に夢中で活動しています。
山形国際ドキュメンタリー映画祭
良質のドキュメンタリー映画が2年に一度、山形に集まる!! 世界を見開かせてくれる扉です。
山形の過去・現在・未来
わたしのお父さんが何よりも愛する山形。歴史的建造物や残したい風景の過去・現在・未来を紹介しています。
酵母スイーツ
新しいごはん

うちのマンション大丈夫?
酵母ごはん

RSSリンクの表示
お知らせ
新ブログ「たまごはん」スタート! たまばあちゃんのイラスト入りレシピをたま母ちゃんが料理し、たまが食べる。母娘孫と3代に渡る食を紹介します。

☆キタハラ、2009年1月に出産いたしました☆ニンプ日記は未完のまま産後生活に突入。ぼちぼち、育児日記出産ドキュメント布おむつ生活産後の体のこと姿勢のことなどを書きつづっています。
相変わらず時系列はぐちゃぐちゃ。しかし、テーマごとに思考を詰め、まとめる作業は苦しくも、おもしろくあります。気長に見守っていてください。
twitter
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。