FC2ブログ

観察する医療。

07040801.jpg


この1年、すっかりホメオパシーに興味を持ってしまった。
もともと、病院嫌いのわたし。
具合が悪くて仕方がない時に1時間も待たされた挙句、たったの5分だけの診療、数種類の薬を処方され、それでおしまい。
病院の待合室は、基本的に具合の悪い人が集う場所だ。そんな場所に、免疫力の下がった人間が足を運んでよいはずがない! などとへ理屈をこね、なるべく病院に行かないようにしている。

ホメオパシーに興味をもった理由。
それは、「セルフケア」という概念からだ。

07040802.jpg




(写真は、イギリス王室御用達・エインズワース社のレメディキット。)


「ホメオパシー」という言葉に初めてふれる人もいると思うので、簡単に説明を。
ギリシャ語で「同種」という意味の homeo + 「病」という意味の pathos を組み合わせて homeopathy。
端的に言うと、類は類を治す、ということで、「その症状を引き起こす成分をごく微量に有する薬(レメディ)」を投与することで、治癒に至らしめる療法のこと。
頭痛が生じた時は頭痛を引き起こす成分を、熱を出した時は体を温める、二日酔いの時にはアルコールを、花粉症の人には杉の花粉を与えることで、治癒をうながすのだ。

心身の不調が起きた時に、その症状だけを診るのではなく、「精神」「感情」「心理」「身体」すべての要素を総合的に見つめ、その時にいちばん必要なレメディを投入する。レメディが的確に合致した時は、驚くほどのスピードで不調が取り除かれるという。

西洋版の漢方、と言えば早いかもしれないが、多分、その類型は乱暴かも。



わたしにとっては今のところ、治癒のメカニズムはさほど重要ではなく、むしろ、今の自分の体調を「観察する」というプロセスに魅かれている。
どこか不調な時、体の一部だけが悪いのではない。遺伝的にもった性質、生活習慣、その時の自分にかかるストレス、社会に蔓延したウィルス(インフルエンザやノロなど)など、さまざまな原因が重なりあって症状が起こる。
体に現われた不調から、今、自分にとって何が問題なのか、どうしたらその問題を解決できるのか、根本的ところから考えていくことで、からだと心を前向きに保つことができる。
ウィルスを押さえ込むことは、その場限りでは有効かもしれないが、また免疫が下がったらいつ同じウィルスに冒されるかもしれない。大切なのは、同じウィルスに罹らないようにすること。そのためには、生活習慣なり、自分の「悪い」くせを変えることが必要なのだ。

ホメオパシーは、わたしにとっては目的ではなく、手段だ。自分の体と心を見つめるための。体から、社会を感じるための。
ドイツやイギリス、フランスでは、ホメオパシーはれっきとした医療として認められており、日本でもホリスティックな医療への注目から、今、その人気は高まってきている。
中途半端にさわってどうのこうの言えるほど易しい世界ではないと思い、まずは通信教育で勉強を始めることにした。
どっぷりはまりきるつもりはないが、今後、統合医療へのニーズは高まると考え、ちょっと投資してもきちんと学びたいと思ったのだ。
漢方もしかり。ホメオパシーが先なのは、ちょっとした縁かもしれない。

食と、環境と、体。
総合的に、統合的に、バランス感覚をもって観察すること。
今、わたしが必要に思っていることである。
スポンサーサイト



プロフィール

キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)

Author:キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)
団地暮らしと酵母生活の達人目指す、フリーのライター・編集者。仕事は、生きることそのもの。水環境ジャーナリストを師匠に、鬼校閲者を友に、チーム仕事も繁盛中でございます。
ウエダ家とともにCOBOの普及活動に勤しむ、日本初のCOBOライターでもあります。
得意分野は、食環境、住環境、地球環境。地球温暖化や食の安全・安心、エコハウス関連の仕事が多い今日このごろ。仕事の内容についてはカテゴリ【work】をご参照ください。
夫と愉快な仲間たちがやっているNPO法人【Waveよこはま】のブログにてエココラムを執筆中。
このブログはのんびり気ままに更新中。

要CHECK!!
tecology**
わたしのお母さんが嫁入りの際に贈って手描きのレシピを紹介しています。
teco's book store
わたしが携わった本、仕事でよく読む本などを紹介しています。
Waveよこはま
横浜からリユースの波を! を合言葉に、リユース食器の普及活動をしているNPOに参加しています。Waveよこはまブログで、エココラムを執筆しています。
COBO net
野生の菌とともにある暮らしを見つめ、「発酵」を身近にすることでいのちの循環を感じる「酵母生活」を提案するウエダ家。本の執筆や編集をともに行うなかで、日本の食卓をクリエイティブにする楽しさ、可能性に夢中で活動しています。
山形国際ドキュメンタリー映画祭
良質のドキュメンタリー映画が2年に一度、山形に集まる!! 世界を見開かせてくれる扉です。
山形の過去・現在・未来
わたしのお父さんが何よりも愛する山形。歴史的建造物や残したい風景の過去・現在・未来を紹介しています。
酵母スイーツ
新しいごはん

うちのマンション大丈夫?
酵母ごはん

RSSリンクの表示
お知らせ
新ブログ「たまごはん」スタート! たまばあちゃんのイラスト入りレシピをたま母ちゃんが料理し、たまが食べる。母娘孫と3代に渡る食を紹介します。

☆キタハラ、2009年1月に出産いたしました☆ニンプ日記は未完のまま産後生活に突入。ぼちぼち、育児日記出産ドキュメント布おむつ生活産後の体のこと姿勢のことなどを書きつづっています。
相変わらず時系列はぐちゃぐちゃ。しかし、テーマごとに思考を詰め、まとめる作業は苦しくも、おもしろくあります。気長に見守っていてください。
twitter
カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ