FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

green drinks 横浜に参加しました!

(この文章は【Waveよこはま】のブログに執筆したものです)

greendrinks.jpg

Green Drinks(グリーン・ドリンクス) ーー直訳すると、「緑の飲み会/グリーンな人の飲み会」。
環境活動をしている企業や団体、エコに関心がある個人が交流することを目的に世界600カ所で行われている飲み会のことを指します。
2月27日(土)、BankART Studio NYK(横浜市中区)で「Green Drinks 横浜」が開催されました。
BankART Studio NYKは、海辺の倉庫を改修したアートの発信拠点で、新しい文化の創造基地でもあります。

当日はあいにくの小雨模様でしたが、東京都内や横浜から様々なバックグラウンドを持ったエココンシャスな人が集結。
参加費はワンドリンクつきで1000円、Twitterで事前登録すると500円引きという、ソーシャルメディアを使った新しい参加方法も斬新でした。
もちろんキタハラも、Twitterを使って参加しました!

green drinks YOKOHAMAを呼びかけたのは、横浜を中心に環境、社会起業等の活動をしている個人や会社。
当日の参加者もそうそうたるメンバーでした。
日本でgreen drinksのムーブメントをつくった環境ウェブマガジン「greenz.jp」クリエイティブディレウターの兼松佳宏氏や、環境を伝えるビジュアルニュース「ジアスニュース」編集長の有福英幸氏、持続可能な社会をめざす環境メディア「サステコ」編集長の久保田瞬氏、Twitterキャンドルナイトの呼びかけ人鶴田浩之氏など。
エコ&ソーシャルなメディアをつくる若者たちの熱い輪の中に、「森ノオト」のキタハラもちょこっと参加させていただき、ライトニングトークで森ノオトの紹介をしました。

会場の飲食物に使われた食器は、もちろん、我らが青葉台のリユース食器貸し出し事業を行うNPO「Waveよこはま」のものです!
Waveよこはま代表の金子拓也も、このイベントの呼びかけ人に名を連ねています。

環境を切り口に、幅広い人材が交流するgreen drinks。
青葉台でもこれ、できないかしら……などと考えたりして。
「エコ」をテーマに、いろんな人がワイワイ集う場づくり。そこから生まれる可能性ははかりしれません。

ご興味ある方、ぜひ一緒に企画しませんか?
森ノオトのフォームから、お問い合わせください!



スポンサーサイト

【Wave】意外と身近な青葉の農業

稲はさかけ
(寺家ふるさと村。ここが青葉区だとは思えないでしょう??)


(この文章は【Waveよこはま】のブログに執筆したものです)

キタハラです。
しばらく勝手に産休?(「森ノオト」の)していてごめんなさい。
みなさん、ご覧になっていただけましたでしょうか?
青葉台をエコにしていくための情報サイト、ご活用くださいね!

久々の話題は、青葉区の農業について。
青葉区は、実は農業が盛んなまちであること、ご存知ですか?
先日、「青葉みらい農くらぶ」のシンポジウムに参加してきましたが、そこで意外な事実を知りました。
横浜はかねてから都市農業に力を入れていて、中でも青葉区は農家の戸数が543戸で18区中2位、経営耕地面積は24,094aで3位、水稲の作付面積は横浜市全体の3分の1近くを占めダントツの1位だそうです。

青葉区で作付面積が多い作物ベスト10は、
1位 稲
2位 梨
3位 栗
4位 じゃがいも
5位 さつまいも
6位 柿
7位 里芋
8位 ほうれん草
9位 大根
10位 ねぎ

こうして見ると、浜梨や浜柿などのブランド果樹に力を入れていることがわかりますね。ベーシックな野菜も堂々ランクインです。

意外と身近な「農」について、数回にわたってお伝えします。
次回もお楽しみに!


* * コメント欄復活しました。一言いただけると励みになります。 * *
★たまばあちゃん、たま母ちゃん、たまの3代にわたる離乳食日記「たまごはん」★

【Wave】ようやく秋らしくなってきました

(この文章は【Waveよこはま】のブログに執筆したものです)

寺家コスモス.jpg

10月に入り、ようやく秋めいた装いを楽しめる季節になってきました。
わたしの子どものころの季節感覚というと、
春:3~5月、夏:6~8月、秋:9~11月、冬:12~2月だったのですが、
今では夏が長くなり、6月~9月いっぱいまでは半袖で過ごす、というのが当たり前になってきている気がします。
(そういえば学生の制服の衣替えは、6~9月の間でしたね)

夏が長くなり、冬が短くなるというのは、明らかに温暖化の一つの傾向です。
ここ数年の気象を思い起こすと、昨年はゲリラ豪雨、一昨年は猛暑と、気象の激化の印象が強く、今年は比較的楽に過ごせた夏だったのではないでしょうか。
気象庁のアメダスデータより、横浜の、ここ5年間の1日の最高気温の平均値の推移をみてみると、
2005年 8月:31.1度 9月:27.8度
2006年 8月:30.8度 9月:26.5度
2007年 8月:32.1度 9月:28.0度
2008年 8月:30.5度 9月:27.2度
2009年 8月:29.9度 9月:26.0度
と、確かに数字的にみても、今年の夏がいかに過ごしやすかったかがわかります。

この涼しさは全国的な傾向だったようですが、夏に暑くないということは、農作物の成長に影響を及ぼしているということでもあります。
現実に、お米の作況指数が下がり全体的に不作であるという情報も。
人間にとってはありがたい「涼しい夏」も、お米にとってはありがた迷惑だったのかもしれません。
(ちなみにキタハラ家は今年赤ちゃんがやってきたので、涼しい夏でとても助かりました…)

来年はどんな夏になるでしょうか。

日本のエネルギー自給率は……??

(この文章は【Waveよこはま】のブログに執筆したものです)

発電所.jpg

日本の食料自給率は40%。毎日食べるものの6割を外国から輸入しているという状況を以前、お伝えしました。
実はそれよりも危機的状況なのが、エネルギーの自給率の低さです。
エネルギーとは、燃料と、燃料を熱源とする熱、そして燃料を発電してできた電気のことを指します。
エネルギーの元となる燃料、つまり日本のエネルギー自給率は……何と、4%!(原子力を除いた場合)
食料自給率より1ケタも少ない数字です。
原子力発電を含めた場合でも19%と、世界の中でも特に際立って低い数字です。

しかも、エネルギー源である資源は限りのあるものです。
化石燃料の採可年数は、私たちが生きている間にリミットが来てしまいそうです。
石油が約40.5年、天然ガスは約63.3年、石炭は147年。原子力発電に使われるウランですら約85年分しか資源が残っていません。

ゴミを減らそう! 省エネしなくちゃ! マイカー通勤をやめて一駅分歩こう!
……実は、そんな悠長なことを言っていられないのが現状なのですよ。。。
しかも、エネルギーは国際政治の道具にされることがしばしばです。
エネルギーのほとんどを海外に頼っている日本は、その命綱を常に外国に握られている、と言っても過言ではありません。
電気がない生活。暖房が使えない冬。……想像できますか?

そのうえ、地球環境問題上の観点からも、CO2を排出し地球温暖化の原因となる化石燃料から脱すべき、という潮流が世界の基本認識となりつつあります。
そこで今、世界中で「熱い」のが、太陽光発電、風力発電、水力発電など、発電時にCO2を排出しない「クリーン・エネルギー」なのです。
太陽や風力は無尽蔵にそのエネルギーを得られますが、出力が一定しないといった側面もあります。
しかし、2050年にCO2を60~80%削減するという目標を掲げた日本にとっては、今、クリーン・エネルギーに対して真剣に取り組まねば、世界の後れを取ってしまうのは明らか。
今、国は太陽光発電の普及に本腰を入れ、多額の補助金を投入するなど、動きが活発化してきています。
クリーン・エネルギーによる新しい産業と市場の発展が、日本のエネルギー自給率を少しでも向上させるカギになるかもしれません。
これから、要チェックです!

(文中の数字は、資源エネルギー庁「日本のエネルギー2008」より)

炭素正義とは? その2 未来世代への平等

(この文章は【Waveよこはま】のブログに執筆したものです)

みなとみらいの観覧車.jpg

前回は、地球温暖化時代における先進国と途上国間の「不平等」についてお話しました。
今回は、未来世代に対する「平等」についてお伝えします。

マータイさんは、先進国が排出した温室効果ガスによって地球温暖化が起こり、それによって引き起こされる異常気象によって途上国の人びとが困難に直面していることを訴え、「炭素正義」という言葉を使って、先進国に道義的な責任を果たすよう呼びかけました。

一方、現在世代と未来世代の間にも「豊かさの不平等」が存在します。
現代を生きる私たちは、不景気とは言えこれまで存分に経済発展の恩恵に預かり、便利で豊かな生活を享受できていると言えます。
しかし、今から40年後、2050年には地球のこれ以上の気温上昇を防ぐために、温室効果ガスを相当高いレベルで削減しなければならず(日本は現状より60~80%削減する目標を掲げています)、今と同じような「物質的豊かさ」を追求するのは困難になるでしょう。
また、石油や天然ガスといった、エネルギーの元となる資源の枯渇は目前で、これまで以上の省エネを求められることになります。
今までは、日本は得意とする省エネ技術で何とかやってこられましたが、温室効果ガス80%削減の目標を達成するには、生活者に多少の負担を強いることは避けられない、との見方もあります。
いずれにせよ、豊かさの質を転換させなければならないのは自明です。

「横浜環境活動賞」の授賞式で阿部副市長は、「炭素正義」という言葉を紹介しながら、「横浜は豊かである。世界の人びとの暮らしに思いを馳せ、そして未来世代に対しても豊かな自然を残していかなければならない」と訴えました。

遠くアフリカで暮らす人びとと、私たちの子どもたち。
いずれも置かれている環境は異なるものの、地球温暖化による悪影響をダイレクトに受け、苦労をするという点では同じと言えます。
豊かさを享受してきた私たちは、今まさに、子どもたちのために行動を変えていかなければなりません。
自分の子どものためならば、がんばれる。その積み重ねが大きなムーブメントにつながり、地球規模の自然災害を防ぐ手だてになるかもしれません。
それは、実はアフリカの人びとが受ける困難を少しでも減らすことにつながるのです。

地球は丸く、世界はつながっています。
自分の子どものための行動が、世界のためになるのです。
誰もが平等に生きる権利がある。
それを示す新しい概念が「炭素正義ーーCarbon Justice」なのです。


キタハラが書いた、「炭素正義」を含むTICAD4(アフリカ開発会議)のレポートは、こちらで読むことができます。

日経BP ECOマネジメント
「先進国の“正義”が問われる温暖化問題でのアフリカ支援」
「ポスト京都を左右するアフリカ諸国への支援策」

炭素正義とは? その1

(この文章は【Waveよこはま】のブログに執筆したものです)

明け方のみなとみらい.jpg

先日、Waveが「横浜環境活動賞」を受賞したことをお伝えしました。
金子に表彰状を手渡してくださった阿部副市長が、スピーチの中で「炭素正義」の話をしていました。
今回はこの「炭素正義」とは何かについてご紹介します。

「炭素正義」ーーCarbon Justiceーー。
この言葉は、昨年5月に横浜で行われたTICAD4(第4回アフリカ開発会議)で、ノーベル平和賞受賞者であり、「MOTTAINAI」を世界に広めたワンガリ・マータイ女史が提唱した新しい概念です。

産業革命以降、工業や商業の発達によって、先進国を中心に、世界は目まぐるしい発展を遂げてきました。
石油や石炭などの化石燃料を使ったモノづくり(重工業)、クルマや航空機などを中心としたモビリティの発展、サービス産業の隆盛……。数え上げればきりがありません。
日本でも、例えば湾岸地域でモクモクと黒煙をあげる煙突が林立する様は、「経済発展の象徴」とさえ言われてきました。

しかし、公害や地球温暖化、資源の枯渇などの様々な問題が明るみになり、このままでは地球の「持続可能性」はなくなるかもしれない。
今はそんな危機的状況と言え、世界各国が地球温暖化の原因とされる温室効果ガスを削減するため、競い合うかのように削減の数値目標を掲げています。
今、イタリアでサミットが開催されていますが、先進国だけでなく、発展途上国にも温室効果ガスの削減目標を課すよう働きかける動きが出ています。

この議論に対して不公平感を募らせているのが、途上国の人びとです。
先進国が豊かさを享受してきた結果、地球温暖化がここまで進行したのに、今ようやく経済発展を遂げようとしている途上国に削減義務が課されることで、先進国と同じような発展のチャンスを得られないのであれば、それは「不平等」ではないか、と。

もう一つ、忘れてはならないことがあります。
地球温暖化は、様々な気象災害をもたらしています。
その被害をもっとも受けているのは、発展途上国、特にアフリカや太平洋の島嶼部の国々です。
豪雨、水害、海面上昇、干ばつ、砂漠化といった極端な異常気象は、人びとの住む土地を奪い、水へのアクセスがさらに不便になり、衛生や保健、あるいは日々食べるものさえ満足に手に入れられない状況といいます。
経済発展の機会どころか、「生きる」権利さえ奪われているのです。

TICAD4でマータイさんは、アフリカの人びとが直面している窮状を紹介しながら、「カーボン・ジャスティス」という言葉を用いて、「温室効果ガスのほとんどを排出した国々が道義的な責任を持って、温室効果ガスを排出していないが最もネガティブなインパクトを受けている国の人びとに対して、支援をすべきだ」と訴えました。

(続く)

第17回横浜環境活動賞を受賞しました!

(この文章は【Waveよこはま】のブログに執筆したものです)

この度、Waveよこはまは横浜市の環境保全・再生・創造に関し顕著な功績のあった個人、団体、企業や学校等に贈られる「横浜環境活動賞」を受賞しました。

表彰状授与.jpg

6月28日にはクイーンズスクエアで開催された表彰式に参加。代表の金子が登壇し、横浜市の阿部副市長から表彰状を授与されました。
金子は「まずは小さなイベントからゴミを減らす活動をしている。何かあればぜひ私たちを呼んでください」と挨拶をしました。

横浜環境活動賞は、環境に対する意識高揚を図り、環境に配慮した活動を推進し、環境保全型社会の創造を図ることを目的として平成5年から実施しています。
Waveよこはまは、市民が自主的に行う環境活動で将来にわたって継続する見込みがあり、環境に配慮した消費生活の実践や環境学習の普及活動等、地域社会への貢献が高い活動と認められ、受賞に至りました。

過去の受賞団体を見てみると、青葉区からは「もえぎ野ふれあい樹林愛護会」や「あおばく・川を楽しむ会」「恩田の谷戸ファンクラブ」など、様々な自然保護団体が表彰されており、とりわけ環境への意識が高いことがうかがえます。
こういった市民団体との横のつながりを大切にしながら、青葉台を拠点に、横浜エリア、神奈川全県にリユースの輪を広げていければ、と考えています。

いよいよ夏本番、地域の夏祭りシーズンに突入します。
「Waveの夏がやってきた!」とばかりに、たくさんのカップやお皿を貸し出し、リユース食器洗浄車があちこちを飛び回る……予定です。
昨年蒔いた種は、どのくらい実っているのでしょうか? 地域の皆さんにどのくらい、リユースは浸透しているのかな?
お祭りでリユースカップを目にしたら、ぜひ、Waveのメンバーに声をかけてくださいね!

Waveファミリー.jpg
(Waveよこはまでは、15年後に皿を洗う未来世代も育っています!)

ストップ温暖化大作戦かながわ表彰式

(この文章は【Waveよこはま】のブログに執筆したものです)

12月13日、「ストップ温暖化大作戦かながわ」の表彰式が行われました。

参考記事↓
ストップ温暖化大作戦かながわで審査員特別賞を受賞!

Waveは、11月2日の公開プレゼンテーションで「リユースの出前、承ります!」というテーマで、エビフライとピカチュウ、ドラえもんの3人が「横浜のイベントのごみを削減する!」とアピール。
仮装が審査員の先生方のハートをつかんだのかどうかわかりませんが、「リユース食器・食器洗浄車を貸し出すユニークな事業とその行動力を評価」ということで、審査員特別賞を受賞しました。

当日、表彰式に臨んだ代表・金子。
松沢知事と一緒に記念写真に納まります。
表彰写真.jpg


ん……?
やたらと面積の大きなエビフライが……。
アップ.jpg


決してふざけているわけではありません。
初心忘れるべからず、を常に肝に銘じ、小さなお祭りから大きなお祭りまで、横浜からリユースの波を起こしていきたい、という決意の表れなのです。
(なぜ金子がエビフライなのかは、こちらをご覧ください)


今回の審査員特別賞受賞は、Waveよこはまにとって非常に大きな自信につながりました。
これからも特別賞の名に恥じぬよう、「行動力」と「ユニークなアイデア」で、リユースの大切さを世に広めていきたいと考えます!
三人でポーズ.jpg

【号外!】Waveがストップ温暖化大作戦かながわで審査員特別賞を受賞!

ストップ温暖化大作戦かながわで審査員特別賞を受賞!

(この文章は【Waveよこはま】のブログに執筆したものです)

11月2日、「ストップ温暖化大作戦かながわ」公開プレゼンテーション選考会が、神奈川産業振興センターで開催されました。
なんとWaveはそこで、審査員特別賞を受賞したのです!

一村一品3.jpg

これは、平成20年度環境省委託事業「一村一品・知恵の環づくり」の一環で、全国の各地域で行われているユニークな地球温暖化防止活動を掘り起こそうというもの。
主催は、神奈川県地球温暖化防止活動推進センターです。

今年の2月、キタハラは全国地球温暖化防止活動推進センター「ストップ温暖化一村一品大作戦」全国大会を取材し、全国各地の地域特性を生かしたさまざまな活動があること、また、温暖化防止活動が地域に新しい価値観や活力を与えていることを知り、たいへん刺激を受けました。
当時、Waveはようやく胎動を始めたところ。いつか全国的にも評価されるような事業に成長すればいいなあと思い、そしてWaveの活動にはその可能性がある、と直感していました。

そうこうするうちに春にはNPOが立ち上がり、夏の繁忙期を経て、ちょうど9月の横浜カーフリーデーで、神奈川県地球温暖化防止活動推進センターの方に応募してみないかと声をかけられたのです。さっそく応募書類をつくり、11月2日の選考会に臨むことになったのです。

とはいえ、まだまだWaveには知名度も活動実績も足りません。
あるのは、若さと情熱(笑)、そして手前みそではありますが、「リユース食器と食器洗浄車の貸し出し事業」の先見性。特に食器洗浄車を神奈川県で保有しているのはWaveだけ、全国的にもまだまだ珍しいものです。
また、民間の有志たちが創意工夫で仕事をつくり、リユースの波をつくり、発信しているという点も大きなアピールポイントとなるだろう、と思いました。

そこでわたしたちがやった行動とは……
一村一品1.jpg
仮装かよ?!(笑)

いえ、冗談ではなく、Waveの活動はそもそも、よこはまハロウィンで大量に出るゴミを何とかしようというところからスタートしたのです。
紙コップやプラスチック容器ではなく、繰り返し洗って使えるリユース食器を使うことでゴミを減らし、また、イベントの場でそれを使うことで多くの人にリユースの大切さを伝えていくことを活動の柱にしました。
なので、ドラえもんや海老フライ姿でのプレゼンテーションと相成ったのです。

一村一品2.jpg

Waveの行動力と先見性が評価されたのか、はたまた仮装が奏功したのかはわかりませんが、審査員の先生方のハートをぐっとつかみ(?)、見事、審査員特別賞を受賞することができました。
これは、Waveにとっては大きな励みになりました。
残念ながら全国大会への出場とはなりませんでしたが(笑)、12月13日には開校記念会館ホールでの表彰式が行われるので、また仮装姿で(?)参加してこようと思います。

この賞に恥じぬよう、またこれを励みに、Waveでは「横浜からリユースの波をおこす!」を合言葉に一生懸命活動していきたいと思います。
これからもみなさん、どうぞ応援よろしくお願いします。

Waveの食器洗浄車が華麗に変身!

(この文章は【Waveよこはま】のブログに執筆したものです)

昨日は横浜公園で横浜カーフリーデーが開催されました。
カーフリーデーとは、1997年にフランスで始まったイベントで、その日はクルマに乗らずに徒歩や自転車など動力を使わない手段で街を散策し、魅力を再発見し、都市文化を考える取り組みです。
地球温暖化対策が世界規模の共有課題となり、否応なしにクルマ社会のあり方を考えなければならない昨今。
横浜カーフリーデーでも、CO2排出量の少ないEV(電気自動車)や燃料電池自動車、カーシェアリングなど、自動車関連の新技術のプレゼンテーションのほか、フリーマーケット、自然エネルギーの展示などが行われていました。

カーフリー出店.jpg

もちろんWaveよこはまでも、生ビールを販売しつつリユース食器のPRをし、スタンプラリーポイントとして忙しい一日を送りました!
リユースに関するクイズを出して子どもたちと交流したり、子連れのお母さんとマイ箸について話をしたり、ビールを飲みに来たお父さんにリユースカップについて説明したり……。
横浜の街で、着実にリユースに対する認知度が高まっているのを感じました!

カーフリーペイント.jpg

そしてこの日のメインは、何と言っても、アート集団YUKAI班によるリユース食器洗浄車のライブペインティング。
YUKAI班と会場を訪れた子どもたちによって、Waveの白いバンが見事に彩られました。
NEW Wave号をご披露いたします。ぜひご覧ください。

右面.jpg

モチーフは、「海の中」。
Waveにちなんで、波の下でたゆたう海の生物をイメージしたそう。

左面.jpg

車全体をマスキングし、布に塗料を染み込ませて子どもでもはみ出すことなく、きれいにペインティングできました。

背面.jpg

「タコかイカを描いてほしい」という金子の要望は、却下。脚が多すぎるらしい……。
おかげで美しい水生生物が背面に。

集合写真.jpg

YUKAI班のみなさんとWaveスタッフで記念撮影。
今後もエコとアートがコラボレーションできるような活動に、一緒に取り組んでいきたいですね!
YUKAI班のみなさん、ありがとうございました1

プロフィール

キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)

Author:キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)
団地暮らしと酵母生活の達人目指す、フリーのライター・編集者。仕事は、生きることそのもの。水環境ジャーナリストを師匠に、鬼校閲者を友に、チーム仕事も繁盛中でございます。
ウエダ家とともにCOBOの普及活動に勤しむ、日本初のCOBOライターでもあります。
得意分野は、食環境、住環境、地球環境。地球温暖化や食の安全・安心、エコハウス関連の仕事が多い今日このごろ。仕事の内容についてはカテゴリ【work】をご参照ください。
夫と愉快な仲間たちがやっているNPO法人【Waveよこはま】のブログにてエココラムを執筆中。
このブログはのんびり気ままに更新中。

要CHECK!!
tecology**
わたしのお母さんが嫁入りの際に贈って手描きのレシピを紹介しています。
teco's book store
わたしが携わった本、仕事でよく読む本などを紹介しています。
Waveよこはま
横浜からリユースの波を! を合言葉に、リユース食器の普及活動をしているNPOに参加しています。Waveよこはまブログで、エココラムを執筆しています。
COBO net
野生の菌とともにある暮らしを見つめ、「発酵」を身近にすることでいのちの循環を感じる「酵母生活」を提案するウエダ家。本の執筆や編集をともに行うなかで、日本の食卓をクリエイティブにする楽しさ、可能性に夢中で活動しています。
山形国際ドキュメンタリー映画祭
良質のドキュメンタリー映画が2年に一度、山形に集まる!! 世界を見開かせてくれる扉です。
山形の過去・現在・未来
わたしのお父さんが何よりも愛する山形。歴史的建造物や残したい風景の過去・現在・未来を紹介しています。
酵母スイーツ
新しいごはん

うちのマンション大丈夫?
酵母ごはん

RSSリンクの表示
お知らせ
新ブログ「たまごはん」スタート! たまばあちゃんのイラスト入りレシピをたま母ちゃんが料理し、たまが食べる。母娘孫と3代に渡る食を紹介します。

☆キタハラ、2009年1月に出産いたしました☆ニンプ日記は未完のまま産後生活に突入。ぼちぼち、育児日記出産ドキュメント布おむつ生活産後の体のこと姿勢のことなどを書きつづっています。
相変わらず時系列はぐちゃぐちゃ。しかし、テーマごとに思考を詰め、まとめる作業は苦しくも、おもしろくあります。気長に見守っていてください。
twitter
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。