FC2ブログ

今週末で桜も見納めか……

(この文章は【Waveよこはま】のブログに執筆したものです)

100409sakura2.jpg

青葉区の桜も、そろそろ散り始めていますね。今週末くらいまでなら、まだお花見を楽しめるのではないでしょうか。この先の葉桜も緑がまぶしく、新緑への移り変わりを感じる大好きな風景です。
 先週末は、区内各地で観桜のイベントが開催されていました。キタハラ家も家族みんなであちこちに桜を求めてでかけました。

100409sakura1.jpg

 3日(土)に訪れたたまプラーザでは「第1回桜フェスティバル」が行われていました。たまプラーザテラスがオープンして初めてのイベント。たまプラーザの地元商店会と東急が一緒になって、桜並木の散策や、地元商店、百貨店やテラスのお店巡りなどの提案をする、まちぐるみのイベントです。
 桜パスポートを片手にスタンプラリーを行えば、「We love tamaplaza」と書かれたバッジやオリジナルエコバッグがもらえるとあり、我が家もさっそくまち歩き! エコバッグにはたまプラーザの町並みがポップなタッチで描かれており、これはプレミアものだぞ~、と喜んでしまいました^^。

100409sakura4.jpg

 美しが丘公園では、地元商店会などによる出店やライブが行われており、大賑わい。ビニールシートを広げてお弁当を食べ、その後は区内屈指の桜の名所・国学院大学前の並木道から新石川東名下まで約1kmを歩き、桜に酔いました。

100409sakura3.jpg

 翌4日(日)は、寺家ふるさと村のどんぐり農園で稲の種まきをした後、寺家ふるさと村の桜祭りへ。こちらは長年行われているイベントで、田んぼを会場に、寺家町内の野菜の直売や、地元の人による甘酒、団子、味噌田楽などの露天が並びます。子どもたちが田んぼでのびのびと走り回り、ペット連れや、花見酒で顔を赤くした大人たちの笑顔があふれていました。
 青葉のまちでは、春夏秋冬、いろいろなイベントがあります。イベントで出たゴミをどうしようか、と頭によぎった方は、ぜひWaveよこはまのリユース食器を思い出していただけるとうれしいです!


スポンサーサイト



ベジタブルマーケットに行ってみよう

100224veg4.jpg

今、農的な暮らしを取り入れることが最先端カルチャーの一つとして受け入れられつつあります。たとえば流行の先進地表参道では、ファッションビル前で定期的にファーマーズマーケットが開催されており、毎回大盛況だとのこと。
同じような催しが近くでもないかと思っていたところ、ありました。都筑区、仲町台のせせらぎ公園内古民家前で、毎月1回「横浜ベジタブルマーケット」が開催されています。

キタハラが訪れたのは2月1日、まだ手がかじかむ寒さでしたが、会場に着くや否や「あつあつの焼き芋だよ! サービスサービス」と、元気のいいおじさんに焼き芋をいただきました。外側はこんがり、割ると黄金色のほくほくしたおいもが湯気を立て、ほっくり心まであったかくなりました。
お店を出していたのは、地元都筑の農家を始め、地域作業所のクッキー、三浦半島から国産ザーサイを携えてやってきた農家、群馬からごぼうやこんにゃくなど、新潟は十日町の池谷・入山地区からは漬け物やお酒、お米、そしてほんものの雪など。
また、ベジタブル&フルーツマイスター協会の野菜のソムリエらによる料理のデモンストレーションも行われ、主婦層の関心を集めていました。
「日本の農的環境」の縮図がせせらぎ公園の中で垣間見ることができます。

会場となった古民家の前では、試食で野菜のおいしさに感動した人が農家に感想を直接伝えたり、野菜の調理法を訪ねたり、赤ちゃんがよちよち歩く様子にお年寄りが声をかけたり、小さな交流の輪があちこちでみられました。

野菜やお米をきっかけに、都市の食卓が豊かになり、日本の農村が元気になる。そんな壮大な夢の一歩が、ここから着実に進んでいるのを感じました。

次回の横浜ベジタブルマーケットは3月1日(月)9:00~。
場所は同じく、仲町台のせせらぎ公園内古民家前で開催されます。


(この文章は【森ノオト】に書いた記事を一部抜粋しました)

* * コメント欄復活しました。一言いただけると励みになります。 * *
★たまばあちゃん、たま母ちゃん、たまの3代にわたる離乳食日記「たまごはん」★

ここはサンクチュアリ??

今日は「農に学ぶ。」の収穫祭。
ここ1週間の天気予報では、前日から当日の午前中まで雨が降る予定だったのに……。
昨日は寒かったものの雨が止み、今日は朝から晴れの予感!
たまちゃん、昨日の夜咳き込み熱っぽく、参加に黄信号がともっていたのに、今朝はすっきり目覚めて熱もなく。
奇跡が続いて、「今日はきっといい日になるに違いない!」と思って、いざ、寺家ふるさと村のたんぽぽ農園へ。

091123竹の回廊
(竹の回廊)

わたしを待っていたのは、自然の恵みを借りた素晴らしく美しい桃源郷。
サンクチュアリ(聖域)とも呼びたくなるほど、朝日にキラキラと輝く田んぼと畑、そして竹の造作。
NPOの会員たちが知恵とアイデア、そして技能を持ち寄ってつくり上げたバンブードームに竹の回廊は、何の変哲もない圃場を、みんなの広場に変えた。
地元の工務店・ウィズさんをNPOにご紹介したことは、とてつもなく大きな可能性をこのNPOにもたらしたんだ……、と、確信した。
清き水が湧き出て、力強い土が踏ん張り、太陽の光を浴びたこの空間に、人の手が入り、人と自然が共生してゆく。
農の営みの美しさ、力強さ、たくましさが、この空間を見ているとつぶさにわかる。
人って、素晴らしい。生きるって、楽しい!

会場
(里山がステージに、田んぼが客席に)

わたしは事前の準備すらほとんど参加せず、当日たまを連れてふらりと現れ受付業務をお手伝いしたのみ。
何日もかけて、餅つき、かまどごはん、自然汁、石臼きな粉の準備をしてくださったNPO会員さんには頭が下がる。
とても美味しいごはん、お餅、お茶等をいただいた。感謝!!

091123よく食べる
(たまもかまどごはん、食べたよ)

バンブードームでのハンドベルの演奏に、たまは耳を澄ましておとなしく聴き入っていたという(たまを抱っこしてくれた義母談)。
里山をステージにしたバンドの演奏も楽しく、竹の回廊に飾られた子どもたちの絵もユニークで、自然を舞台にすれば、あらゆる芸術がより光り輝くことを知った。
今年はたまが小さくて、活動の参加も最小限だったが、とてももったいなかった。
来年は、どんどん、この地に分け入り、自然から、農から、学ぼうと思う。

091123バンブードーム
(子どもたちにとって、バンブードームの中でのハンドベルの演奏は忘れられないだろう)

大好きなお友達がたくさん駆けつけてくれたのもうれしかった。
わたしは、自分の友達同士が出会って楽しい時間を共有してくれることがうれしい。
それが自然な形でできたのは、この環境のおかげかもしれない。
赤ちゃん4人が土の上でコロコロ転がりながら、父ちゃん母ちゃんはかまどごはんを食べながら、みんなでまったりひなたぼっこ。
この優雅で贅沢な時間といったら!!!


農に学ぶ。に参加して、本当によかった。
ここから、森ノオトのネタがたくさん生まれる。
一人ひとりが、寺家の環境から何かを感じ、家に持ち帰ってくれれば、と願う。
大地の恵みに感謝し、日々をよりよく生きるための力を得た。収穫祭。


* * コメント欄復活しました。一言いただけると励みになります。 * *
★たまばあちゃん、たま母ちゃん、たまの3代にわたる離乳食日記「たまごはん」★

農に学ぶ。収穫祭&コンサート

01117どんぐり農園
(たまを背負って稲刈り。我ながらタフだ……)


去年、ふとした縁でおつきあいが始まった「NPO法人農に学ぶ環境教育ネットワーク」(以下、「農に学ぶ。」)。
横浜市の北のはずれ、寺家ふるさと村で耕作放棄地を開墾しながら自然農を行ってきた木村広夫さんが、ご自身の農からの気づき、学びを社会化して広げていこうと、今から2年前に立ち上げたNPOだ。
今年はNPOの正会員として参加するほか、自然農の稲作の紙芝居をつくったり、メンバーと集まって情報発信のプロジェクトを立ち上げたりと、結構密に関わってきた。

そんな農に学ぶ。の収穫祭が、今月23日(月・祝)に開催される。
寺家ふるさと村、水車小屋の近くにあるたんぽぽ農園(NPOの圃場)にて、バンブードーム、餅つき、石臼できなこづくり、ライブ演奏、かまどごはん、味噌汁、焼き芋やホットドリンクの販売など、自然の恵みに感謝しながらみんなで食べ物を分かち合う集いだ。

テーマは「森の音、土の音」。森で木々のささやきに気づく。バンブードームの中で土の音と共鳴する。そして、自分の「心の音」に耳を傾ける……。
都会にこんな環境があったんだ、ということ、知ってほしい。
そこから得られる学び、気づきは、とても大きい。

寺家ふるさと村で、たまと一緒にお待ちしています。

農に学ぶ。収穫祭&コンサートの詳細やアクセスは、
NPO法人農に学ぶ環境教育ネットワークホームページにて。




* * コメント欄復活しました。一言いただけると励みになります。 * *
★たまばあちゃん、たま母ちゃん、たまの3代にわたる離乳食日記「たまごはん」もぜひご覧ください★

農に学ぶ。

091103みんなの農園
(夢のような場所、ここにはすべてがある。「どんぐり農園」)


本日、祝日、晴天なり。

昨年、寺家ふるさと村で開催された田園コンサートが縁で、今年から、NPO法人農に学ぶ環境教育ネットワークの正会員、ならびに運営スタッフとして、農に参加している。
とはいえ赤ちゃんがやってきたばかりの身、農作業には思いのほか参加できずにいた。

たまも成長し、安定してきたので、よし今日こそはと、夫がいなかったものの身二つで、青葉台駅から鴨志田団地までバスで行き、そこから約20分、寺家ふるさと村のいちばん奥までトコトコ歩く。
地下足袋や軍手などの農荷物、たまのおむつや着替え、離乳食などの母荷物、それにベビーカーをかついで、みんなの農園「どんぐり農園」へ。
ここはまるで桃源郷。清浄な水が湧き出て、田んぼがあり、畑があり、茶畑があり、柿の木が実をつけ、里山ではうっそうと木々が生い茂り、みんながちょっと集まれるような広場があり。
寺家ふるさと村で一人、鍬を持って耕作放棄地を開墾し続けてきた青葉台唯一の自然農・木村広夫さんの15年に感謝しながら、農の営みを未来につなげていこうと賛同する仲間たちが集うユートピア。

091103稲刈り
(たまの目線で稲を見ると、こんな感じ)


さてどんぐり農園の稲刈りだ。
ぬかるんでいない簡単な田んぼをまかされ、たまを背にしゃがんで、鎌を片手にザクザク、ザクザク。
この何とも言えない手応え。音。稲たちが、刈られるのを待っていた合図だ。
みんなで力を合わせれば、稲刈り、はさ掛けまであっという間だ。
たまはわたしの背におぶわれながら約2時間、目の前に揺れていた稲が刈られて視界が広がっていく様子を眺めていた。空がどんどん広がる。
時々、「あー、うー」と言いながら、稲穂や、バッタと話をしていたようだ。
親子二人して顔についた稲のひっかき傷は、今日の勲章だ。

木村さんの自然農法は、太陽と、土と、水の恵みを受けた種が、自らの力で芽を出し、実をつけるまでを見守り、必要な時だけ手を貸すという、きわめてシンプルな関わりを持つのみ。
有機質の肥料を与えることすらしない。
種はこの大地に適応し、大量には採れないかもしれないが、ほどよい大きさで、ほどよい量の収穫ができる。
わたしは今年、稲がお米になり、次の年の種になるまでの1年の物語の紙芝居をつくった。

来年から、毎月一度は農園に足を運ぼう。たまを連れて。
体を動かし、農から学ぶ。
五感だけでない、もっと大きな感覚を知らしめてくれる、大いなる体験。


* * コメント欄復活しました。一言いただけると励みになります。 * *
★たまばあちゃん、たま母ちゃん、たまの3代にわたる離乳食日記「たまごはん」もぜひご覧ください★

ハロウィン写真集

(この文章は【Waveよこはま】のブログに 夫が 執筆したものです)

ハロ5.jpg

先週の土曜日に開催された「よこはまハロウィン2009」は、好天の中、無事に終了しました。用意していたお菓子が足りなくなるほど、予想以上に多くの方が参加していただきました。心より感謝申し上げます。

ハロ6.jpg

たくさんの笑顔が青葉台に溢れ、街全体も明るく華やいだ雰囲気になりましたね。スタッフ達も心からイベントを楽しんでいたようです。よかったよかった。

ハロ4.jpg

来年も開催する予定なので、ぜひ参加してくださいね。本当にありがとうございました!

ハロ1.jpg

ハロ2.jpg

ハロ3.jpg

ハロ7.jpg

幸せな人のそばにいられる幸せ

ファンキー一家
(友人に「酒井法子一家を上回っている」と評されたキタハラ家)

今日は、青葉台でよこはまハロウィンの仮装パレードがあった。
夫と愉快な仲間たちが主催しているこのイベント、今年で7回目。
2003年から5年間、市ケ尾のスポーツ広場で大々的に開催してきたが、主力メンバーの高齢化(?)により昨年から、青葉台駅前でのパレードに規模縮小。
それでも、とても楽しい。
めいめいに仮装した子どもたちがまちを練り歩くだけで、まちの雰囲気がパッと華やぐ。
今年は昨年の倍以上の子どもたちが参加してくれた。
青葉台のお祭りとして、ハロウィンが根付いてきたんだなあ、と思う。

打ち上げで、友人・ヨッスィーがしみじみと語っていた言葉が、とても印象に残った。
「幸せな人がまわりにいて、幸せそうにしていると、自分たちも幸せになれる」
彼は、そんなようなことを言っていた。
うんうん、そうだね、とわたしもしみじみと、同じことを感じていた。

わたしが青葉台を好きになり、このまちに根ざしたいと思ったのは、夫が仕事を通してまちに仲間をたくさんつくってくれたからだ。
「コトを起こす」、それだけで次から次に、仲間が増えていく。
同世代が多いから、結婚したり、子どもができたりして、また仲間が増えていく。
ライフステージをともにできる。教えてもらい、支え合える。
我が家にたまがやってきてくれたのは、いちばん身近で親しいヨッスィー夫妻や金子家が我が家に先んじて子どもを産み育て、幸せそうな
姿を見せてくれたからだ。
たまが、みんなと一緒に遊びたいよーと、キタハラ家を選んでやってきたのだ。

たまが産まれたことによって、たまを通じて新しい友達が増えた。
同じ団地に奇跡のような共通点のある友達ができ、ベビークラスで素敵な友人ができ、助産院の胎児仲間とも大の仲良しに。

地球上にはこんなにも多くの子どもたちがいて、家族の営みがある。
その中でわたしたちが出会い、仲間になるのは、奇跡的な確率。
幸せな人同士が集い、幸せの種を、このまちで蒔いている。
未来の子どもたちに幸せを。みんなが幸せになれる地域を。

改めて、みんなと出会えてよかった!
そう思える、たまにとって初めてのハロウィンだった。


* * コメント欄復活しました。一言いただけると励みになります。 * *
★たまばあちゃん、たま母ちゃん、たまの3代にわたる離乳食日記「たまごはん」もぜひご覧ください★

禅寺丸柿物語

(この文章は【Waveよこはま】のブログに執筆したものです)

091013禅寺丸.jpg

Waveよこはまのある横浜市青葉区周辺は、意外にも果物の名産地であります。
あまくてみずみずしい「浜なし」、芳醇で強いあまみの「浜ぶどう」は人気でなかなか手に入らないほど。夏の終わり、8月下旬から9月中旬までがおすすめです。

そして秋本番の風物詩といえば、青葉区に隣接した川崎は麻生区の「禅寺丸柿」。
小ぶりでコロンと丸く、その実には黒いごまがたっぷり。上品なあまさで、お茶請けに最高です。
柿生駅周辺はその名の通り、「柿が生い茂る街」として栄えてきました。
明治時代には天皇陛下に献上され、大正時代には全国に名を轟かせた名産地。柿生の街では、どの家の軒先にも禅寺丸柿が植わっており、秋になると黄色い実がたっぷりなり重そうに枝がしなっていたそうです。
禅寺丸柿は空高くのびるのが特徴で、軒先を見ればすぐにわかるそうです。

しかし、戦後は次郎柿や市太柿など、大ぶりであまみが強い柿が主流となり、次第に姿を消していった禅師丸柿。
まちの歴史や文化の象徴でもある禅寺丸柿を絶やしてはならないと、地元の有志を中心に「禅寺丸柿保存会」が発足し、柿のまち再興に力を尽くしてきました。

保存会の方々の尽力もあり、今では再び、柿生のまちが「柿のまち」として脚光を浴びつつあります。
毎年秋になると大勢の人が禅寺丸柿を求め農作物の直売所に足を運び、瞬く間に売り切れるそうです。
また、柿生の駅前商店街を歩くと、禅寺丸柿を使った和菓子やケーキ、ワインなどが売られています。

肝心の禅寺丸柿ですが、王禅寺に樹齢800年を超す原木が残っています。
今でも秋になるとしっかりと実をつけ、存在感を放っています。

10月は柿の最盛期。地元の柿を味わってみませんか。


★たまばあちゃん、たま母ちゃん、たまの3代にわたる離乳食日記「たまごはん」もぜひご覧ください★

Waveの地元で開催される「田園ふれあいコンサート」

(この文章は【Waveよこはま】のブログに執筆したものです)

はさかけ

先週の日曜日、10月5日に、Waveよこはまスタッフ数名で稲刈りに参加してきました。
Waveの本拠地、横浜市青葉区の北のはずれに、「寺家ふるさと村」という昔ながらの田園風景が残る一帯があります。そこで無農薬の野菜や米をつくっている自然農のNPO「農に学ぶ環境教育ネットワーク」が、10月12日に「田園ふれあいコンサート」を開催します。
Waveよこはまでも、リユース食器の貸し出し、およびスタッフがボランティアとして参加します。

田園ふれあいコンサートでは、田んぼひろばで親子の食育ワークショップや、森の産物でおもちゃをつくるイベント、地元アーティストによるミニコンサート、そしてフォークソングの大御所・小室等さんによる「かがり火」コンサートを開催します。
ふるさと村の自然のなかで、実りの秋に感謝しながら、小室さんの美しい歌声に癒されてみてはいかがでしょうか。

日時:10月12日(日)
会場:横浜市寺家ふるさと村「大池」手前
(東急田園都市線青葉台駅より「鴨志田団地」または「寺家町」下車。駐車場が限られているため、公共交通機関をご利用ください)
プログラム:
田んぼ広場開場 10:00~14:00(森のワークショップ、食育講座は10:00~12:00)
コンサート1部(地元アーティストによる公演)13:00~14:00
コンサート2部(小室等さん、ゆいさんを迎えての「かがり火コンサート」)16:30~18:30、開場15:30
☆コンサート2部のみ、開催協力金として大人1000円、子ども500円必要です。
☆足場が悪い可能性がありますので、なるべく長靴や汚れてもよい服装でお越しください。

なお、コンサートは田んぼで行うため、前日や当日の天候によって足場が悪くなった場合などは、やむを得ず中止することがあります。当日の朝、開催の可否をホームページで案内します。必ずご確認のうえ、ご来場ください。

のぶちゃんとわたし

ちなみに、稲刈りに参加して、つくづく「無農薬はあまくない!」と実感。
機械が入らない谷戸なので、すべて鎌で刈らなければならず腰は痛いわ、雑草が生い茂って草に負けるわ、長靴すら非力で裸足で田んぼに脚をつっこむわで、大騒ぎ。
しかし、赤とんぼ、バッタ、ザリガニ、蜘蛛、カマキリ、カエルなど、多種多様な田んぼの生物とふれあうことができ、「いのちが生きる農の風景とは、本来こういうものなんだ」ということが身にしみてわかりました。
久しぶりに泥だらけになって、いい汗をかきましたよ!
みんな、「たまには農作業もいいもんだね」などとのんきなことを言っていましたが、これを毎日やっている自然農の方々には本当に頭が下がります。
いち消費者としてできることを、真剣に考えていきたいものです。

泥んこ三兄弟

寺家回廊。

07040703.jpg 07040702.jpg


わたしが住む青葉台から北へ約3キロ。
横浜のチベットと呼ばれる最北部に、寺家ふるさと村はある。
谷戸沿いに広がる田んぼ、畑。生け垣の奥には民家。ここが横浜だとはとうてい思えないような風景が広がる。
ここ数年、木工家、陶芸家、アーティストなどが次々と住み着くようになり、新しい息吹を感じていた。
そんな彼らが、ものづくりの現場を見てもらおうと自分たちの工房を開放し、それを訪ねて回るというイベント「寺家回廊」が開催された。


07040701.jpg 07040705.jpg



折しもその日は寺家ふるさと村恒例の桜祭り。満開は過ぎたものの、風が吹けば桜が舞い散る。地図を片手に、里山を分け入る。20分くらい歩いただろうか。途中ザザザッ、ガサゴソ、と、明らかに人間の足音とは違う音に、肝を冷やす。
おうやくたどり着いた先のギャラリー「アースビジョン」で、白湯をいただき、「かみさま」に捧げる花瓶を求める。

以前取材をした「木工アパートメント」や「KASHO」など家具工房のほか、陶芸やリトグラフ作家のアトリエなど、初めて出会った人も多い。
まちのことを知っているつもりでも、まだまだ知らないことの方が多いんだなあ、と改めて痛感した。
そして、「出会い」の余地の多さに、とてもわくわくした。

約3時間、ひたすら歩いて工房をめぐり、雑貨カフェのオープンテラスでほっと一息。紅茶のグラスに、桜の花びらがどんどん舞い落ちてくる。ふと、土の湿ったにおいがする。雨が落ちてきた。雨に濡れてもいいな、と思った。

07040704.jpg



たった3キロしか違わないのに、この静けさ。緑の深さ。小鳥のさえずり。
ものをつくる人たちが好んでこの場所に仕事場を構えるのも、何だかわかるような気がする。

寺家ふるさと村。
小さな集落だけれども、この村が青葉台にあることを、とてもうれしく思った休日だった。

プロフィール

キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)

Author:キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)
団地暮らしと酵母生活の達人目指す、フリーのライター・編集者。仕事は、生きることそのもの。水環境ジャーナリストを師匠に、鬼校閲者を友に、チーム仕事も繁盛中でございます。
ウエダ家とともにCOBOの普及活動に勤しむ、日本初のCOBOライターでもあります。
得意分野は、食環境、住環境、地球環境。地球温暖化や食の安全・安心、エコハウス関連の仕事が多い今日このごろ。仕事の内容についてはカテゴリ【work】をご参照ください。
夫と愉快な仲間たちがやっているNPO法人【Waveよこはま】のブログにてエココラムを執筆中。
このブログはのんびり気ままに更新中。

要CHECK!!
tecology**
わたしのお母さんが嫁入りの際に贈って手描きのレシピを紹介しています。
teco's book store
わたしが携わった本、仕事でよく読む本などを紹介しています。
Waveよこはま
横浜からリユースの波を! を合言葉に、リユース食器の普及活動をしているNPOに参加しています。Waveよこはまブログで、エココラムを執筆しています。
COBO net
野生の菌とともにある暮らしを見つめ、「発酵」を身近にすることでいのちの循環を感じる「酵母生活」を提案するウエダ家。本の執筆や編集をともに行うなかで、日本の食卓をクリエイティブにする楽しさ、可能性に夢中で活動しています。
山形国際ドキュメンタリー映画祭
良質のドキュメンタリー映画が2年に一度、山形に集まる!! 世界を見開かせてくれる扉です。
山形の過去・現在・未来
わたしのお父さんが何よりも愛する山形。歴史的建造物や残したい風景の過去・現在・未来を紹介しています。
酵母スイーツ
新しいごはん

うちのマンション大丈夫?
酵母ごはん

RSSリンクの表示
お知らせ
新ブログ「たまごはん」スタート! たまばあちゃんのイラスト入りレシピをたま母ちゃんが料理し、たまが食べる。母娘孫と3代に渡る食を紹介します。

☆キタハラ、2009年1月に出産いたしました☆ニンプ日記は未完のまま産後生活に突入。ぼちぼち、育児日記出産ドキュメント布おむつ生活産後の体のこと姿勢のことなどを書きつづっています。
相変わらず時系列はぐちゃぐちゃ。しかし、テーマごとに思考を詰め、まとめる作業は苦しくも、おもしろくあります。気長に見守っていてください。
twitter
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ