スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「足元から電力自由化を考えよう」

12742633_1165633953461943_3658280993368349617_n.jpg

今日はスペースナナで開催された「足元から電力自由化を考えよう」に参加しました。4月から電力小売の完全自由化が始まりますが、電源構成や電力の元売り、価格など、どこにしたらいいのかまだまだわからないこともたくさん。市民の立場から温暖化問題を扱う足温ネット江戸川の山崎求博さんのわかりやすい解説で、森ノオトでの発信の軸も見えてきたかな。
後半は、あっこちゃんによるお家エネルギー診断ワークショップ。次女も元気いっぱいがんばりました。
超満員御礼、テレビの取材も入るなど、関心の高さがうかがえます。
スポンサーサイト

「電力小売全面自由化説明会」へ

12715806_1163880820303923_5682825935815550768_n.jpg


なんだか仕事が山のようにたまっているのに、今週は外出ウィーク。午前中は神奈川県の地域エネルギー課が主催する「電力小売全面自由化説明会」へ。冒頭から天野課長が「3.11を原点に県民が一消費者として再生可能エネルギーを選びたいと意思表示することでエネルギー社会を変えることにつながる」と熱く語る。県のスマートエネルギー政策に向けての心意気が伝わってきて、ぐっと心が動く。
経産省から電力取引監視等委員会の方から自由化の仕組みと電源の情報開示、事業者選定の際のポイント等の説明を受け、エネルギー界のチャーミング先輩・日本消費生活アドバイザーの辰巳菊子さんから「電気の一生」と消費者主権、未来への責任を鑑みてエネルギー会社を選ぶべきとの話。
電力完全自由化の原点になった3.11と原発事故、そこから目をそらさずに、消費者として主権者として、自らの選択で新しいエネルギー社会をつくるべきとのダイレクトなメッセージに胸アツです。行政がここまでやるなんて、びっくりぽんだす!
さー、エレキ女史と一緒に、この情報を編集するとしましょうか!

母校へ。

12745799_1162971807061491_813295982158137705_n.jpg


【3/8(火)に横浜市立大学地域貢献センター「環境未来都市ワークショップ」で講演します】
http://www.ycu-coc.jp/info/1689/
(脈絡もとりとめもない長文です)ということで、今日は母校・横浜市立大学を訪問し、市大COC事業担当の杉山昇太さんと打ち合わせをしてきました。
11時からの打ち合わせより1時間前、学生時代に住んでいた金沢文庫に降りて、まち歩きをしました。わたしが住んでいたのは金沢八景の一つに数えられている「小泉(こずみ)」地区。宮川と手子神社にはさまれた小さな集落は、崖地の多い金沢区の中でも奇跡的に平坦で、クルマ1台が通るのに精一杯の小さな道沿いに碁盤の目のように住宅が立ち並び、小さな公園が点在するなか、保育園、肉屋、八百屋、魚屋、レストランがポツンと散らばっています。コンパクトな生活圏は学生にとって心地よく、わたしは学生時代、渋谷・新宿・池袋を知らずに過ごしました。
この愛しい小宇宙を歩きながら思い出されるのは、野球部の先輩同期後輩、マネージャーの顔でした。よくもまあ飽きずに毎晩飲み歩いた。バイトが終わってから同期マネージャーのビリーと一緒に先輩のアパートを訪れてピンポンダッシュしたり、酔いつぶれた後輩(男子)をおんぶして家まで送り届けたり! 学生時代だからこそできる海外バックパッカーなどの経験を積まずに、4年間、市大のグラウンドでビール臭い汗と砂ぼこりにまみれて肌を焦がした日々を「無駄に過ごした」と悔いた時もあったけれど、結局、わたし自身のソーシャルスキルは野球部で磨いてきたものなのだと今を肯定することにしています。
バイト先の日本料理屋は新天地へ、八景の養老の滝、侍、笹舟など馴染みの居酒屋がなくなり、八景駅前も再開発の波にのまれて、横浜市立大学にも新しいランドマークができるようです。それでも、わたしの青春の場所・グラウンドは変わらず、部室の前をうろついてみて、文系棟も懐かしく、学食でのランチも変わらぬ味でした。子どもの居場所とまちづくりで知られる三輪律江先生にも偶然お会いできて、やっぱり、同じ市内だけど1時間半かけて小旅行してきた甲斐があったなあと思いました。
杉山さんに「今後もぜひ、市大のエクステンション講座などにも出てくださいね」と言われて、とてもうれしくあったのだけど、あらためて、わたしは何の「プロフェッショナル」なんだろうと、自らに問うています。編集者はそもそもジェネラリストではあるけれど何かのスペシャリストと言えるほどではない。ACEで松本先生に言われた「プロフェッショナルたれ」。まずは日々の実践の積み重ねから、わたしの専門性を磨いていく途上なんだなあと今のおのれを認識中。

初めての屋内フリマ

12744525_1161749143850424_7136454020671437442_n.jpg


初めての屋内フリマ、平日開催ということで心配しましたが、終わってみれば参加者200名、そのほとんどが小さな赤ちゃんを連れてきていて、そうぜい350名プラス出展者で賑わう1日でした。
森ノオトからは、齋藤 由美子さんが企画から共催の青葉台フォーラムさんとのやり取りを担当してくれて、スムーズに運営できました。もちろん縁の下の力持ちのあっこちゃんの力なくしては今日の成功はありません。
三ッ橋樹里子ちゃんが裁縫師匠としてくるみボタンのワークショップを担当、超地元の利を生かして集客でも大活躍でした。
リポーターや講座受講生もお客さんや出展者として来てくれて、賑やか華やか。
終わってみれば見事なくらいに「未就学児のママ向けイベント」というコンセプトがはまりました。出展者もとてもオシャレで、「質が高い!!」という意見が多かった。
会場の青葉台フォーラムさんのホスピタリティも最高でした。
まずはほっと一安心、そして来場者出展者アンケートで、より内容をブラッシュアップして、地域の皆さんに喜んでいただける場をつくっていきたいと思います。

次女、1歳6カ月

今日は次女の1歳6カ月バースデー。毎日が目まぐるしすぎるので、せめて月に一度の成長記録だけでも残しておこう、と。
・ともかく耳がいい。聞いたことを再現できる。歌える歌は数知れず。「アイアイ」「チーチーパッパ」「ぞうさん」「こぶたぬきつねこ」「ゆりかごの歌」……クルマの中で聞いている+保育園で歌っている。天才! と思うが、多分今だけ。
・英語の歌も。母子で通う英会話が効いている。「One Little Finger」「Skidamalink」「row row row」「Old MacDonald’s Farm」などマザーグースを中心に。head,nose,chin,leg,armなど、言うと指差す。英語はちゃんと継続したいな。
・絵本が大好きなので、絵本のフレーズと言葉が結びついている。わたしが「おつきさま」と私が言えば「こんばんは」と返す。「おひさま」には「あはは」と返す(わかる人にはわかるよね)。
・「マーマ、あっち(寝室を指差し)、おぱい、ねんね」「ボール、ポーン!」など、言葉で要求ができる。
・彼女に集中していればトイレ成功率が高い。1日で1回しか布おむつを濡らさないことも。休日放置プレイの日は、紙おむつタプタプです(ダメ母)。
・NHKラブ。「おかあさんといっしょ」のブンバボンが大好き。「あさが来た」で言葉を覚えて、「マーマ、おーきに!」と言ったのには驚いた。
・歩く。駐車場から家まで約5分(彼女の足だと8分)。エレベーターなしの4階までもなんとか歩く。
・平日の帰宅時、母はクタクタ。駐車場から重い荷物を両手に、抱っこ紐で次女を運ぶ足取りが重い。そんな時、「あ、おちゅったま(お月さま)」と、空を指差す。子どもに教えてもらっている。
・困っているのは、授乳。添い乳が習慣になってしまい、夜間授乳でクタクタ。朝早起きして3時から6時まで仕事をしようと思っても、その間2-3回はベッドに連れ戻され、その都度15-30分の授乳。寝落ちしないようこちらが気を張っているからそれを感じているのか寝てくれない。日中も「おぱい」と言っては服をめくり上げる。
・椅子に座ってごはんを食べてくれない。途中で立ち上がってしまう。そのままテーブルに座ってしまうことも。言葉で言っても聞かないので無理やり抱っこして戻そうとすると「おぱい」と言ってまさぐる。困る。
・服を自分で着脱たがるが、頭が大きくて襟が通らない(笑)。
・相変わらず頭髪は儚い。そして、フリルを着ていても「坊や?」と聞かれる。

プロのNPOになるために

9月から約半年にわたり参加してきた「かながわボランタリーACEプログラム」。
NPOにマーケティングの視点を導入し、2020年に向けた中期経営計画を設定するというプログラムで、NPO特有の組織課題「ヒト・モノ・カネ」をどう解決していくのか、組織のミッションや顧客の旅、強みと事業を練り上げ、事業計画書をリリースする、今日がその成果発表会でした。
講師の松本 祐一先生による論理的実践的な講義とワークショップで毎回猛烈に勉強してお腹いっぱい小さな脳みそは破裂寸前(さらに追い討ちをかけるようにマッチョな宿題を出す松本先生はラグビー部出身ということに妙に納得)。組織に持ち帰ってからも事務局メンバーで宿題のためのデータを集め、森ノオトとは何なのかを徹底議論しました。森ノオトは「地域をエコで編集する」「ママたちによるエコまちづくり集団」であり、2020年には「エコを切り口にした仕事が回っている」「市民参加のエコまちづくりの先進地として世界中の注目を集める」という目標が定まりました。
NPO総会の一週間後に成果発表会という、まさに神のようなタイミング! 1年前、暗中模索で試験的にスタートした事務局は、ACEによってその機能を見事に果たし、道なき道にレールを敷くことができたので、この後はスタートダッシュ!です。このプログラムを運営してくださった松本先生、治田 友香さんへのお礼は、森ノオトがきちんと成果を上げていくことでお返ししていきます。
第一期をご一緒した「同期」の皆さんには、すっかりおなじみになった「北原・梅原・島原」の三原(さんばら)トリオですが、これからも切磋琢磨しながらご一緒できるといいなあと思います。特に、川崎の猛烈に明るくポジティブでバランス感覚にすぐれたおじさん集団「川崎の産業観光を支援する会」とは妙に気が合って、常に笑いを醸し出す好対照好敵手でしたね(笑)。
「2050年を生きるわたしたちの子どものために、美しく、豊かで、楽しい、地球と、地域を、ふるさとを、つくっていくこと」
このミッションだけはぶれずに、楽しみながら、いろんな挑戦をしてみます! ともかく、動き出しますよ〜。動きながら、事業計画に「反省」を入れて、振り返りをする。PDCAを意識して、「顧客」と一緒に旅します。みんな、楽しもうね〜!

朝日新聞横浜版に掲載

12670448_1159660894059249_6666329044079344877_n.jpg

朝日新聞の横浜版に森ノオトのことを取り上げていただきました。
http://www.asahi.com/articles/ASJ287G3WJ28ULOB02F.html
A4判でコピーできないほど大きな紙面を割いていただき、森ノオトの歴史や今をギュッと凝縮して紹介してあります。
記者の太田さんとは、2013年7月の参議院議員選挙の際に、原発が争点にならないのはなぜかという視点でインタビューを受けて以来のお付き合いです。脱原発、エネルギーシフトの活動をしているなかで、テレビの全国放送を始めとするいろんなメディアでインタビューを受けたことがあるのですが、どこも撮りたがるのは「原発に反対する母」の像とコメント。わたしたちはそこから一歩抜け出して、反対ではなく次のエネルギー社会を創り出すための提案や勉強を重ねて市民社会を変えていきたい、そのために活動していたので、反原発の母という単純なマネキンをつくられることに反発がありました。わたしのわかりにくい、微妙なニュアンスの話を、限られた紙面のなかでなるべく正確に表現しようと、太田さんは何度も何度と電話をくださって、確認しながら、記事ができました。
当然ながら、新聞には、独立した編集権があります。取材を受けるこちらと、取材をする記者のガチンコ勝負で、最終的などんな記事になるかはできあがった紙面を読んでわかります。ただ、そのプロセスのなかで、事実確認、コメントのニュアンスの正確性、ステークホルダーとの関係性など、何度も何度も話をします。今回もそうですが、太田さんはこの記事を書くために青葉区まで3回も足を運び、電話もたびたび。ここまでていねいな取材を受けることはまずないですね。いい意味でしつこい。こういう記者との白熱した(!?)やりとりができることは、わたしがメディアをつくるうえでも、刺激になり、勉強にもなります。
そんな太田さんとの最近の話題は、新聞記事の写真撮りについて。facebookでよく見るNG事例の一つとして、「取材を受けました〜っ」という感じで記事をスキャンした画像をアップするのは、実は「映画ドロボー」と同等の行為とされます。だから、わたしや森ノオトが取材を受けた時の紹介は、無料のデジタルコンテンツの場合は積極的にシェア、新聞や雑誌などは記事を読めない程度の紙面の画像とデジタル記事への誘導、としています。
だけど、これだけ情報があふれて、有料の紙面も一部デジタルコンテンツを無料で読めるようになっている時代に、紙のものに価値が置かれて購読という形で読まれるためには、規制という形では広がりに限界も出てくるのではということ。記事が広がる可能性の大きい時代だからこそ、やり方を変化させるべきタイミングなのかもね、とも思っています。
創造性は模倣から始まる、リミックス文化も隆盛です。著作権や複製権そのもののあり方も変わってきているように思い、一方で商標などでイベント名やモノの名前を自由に使えないがんじがらめ感もあって、これから言葉や文章は誰のための、何のものなのかが問われる、ものすごい変化の時代なのかもしれません。
だからこそ、自分たちは何のためにメディアとして在るのか、編集とは何か、そしてわたしたちにしかつくれないコンテンツづくりに対して確固たる信念を持っていないと、情報を出すにしても受けるにしても、流されてしまうと思います。
たまたま同じ年でもあり、不思議な友情を感じている太田さんと、これからも意見交換をしていきながら、お互いのメディアを育てていきたいと思います。

森ノオト編集会議

12715561_1157903380901667_1796185518564917811_n.jpg

今日は森ノオトの定例編集会議。ほどよい人数で和気あいあいと盛り上がりました。子連れのわたしたちを受け入れてくれるウィズの森、その懐の深さにいつも感謝しています。
イベントの数が飛躍的に増える今年、ますますリポーターの存在は重要になってきます。彼女たちの存在がまさに宝。人数が増えることでコミュニケーションが大変になっている面は否めませんが、できるだけサシランチしていきたいなーと思っています!!

セールスフォース導入セミナー

12647464_1157401890951816_5978772165187436866_n.jpg

今日はヨタヨタしながら、NPOサポートセンターのセールスフォース導入セミナーに参加しました。
今期からイベント回数が爆発的に増えるので、顧客管理を密にやっていかねばならない、まさにいま必要なタイミングです。
演習では、寄付を集めるためのチャリティパーティーの案内メール、ステータスの変更(申込、キャンセル、出席、連絡あり欠席、連絡なし欠席)、御礼メールのフローがあり、あまりにドンピシャ内容すぎて見につまされる……。
これ、個別に、手作業、エクセル(スプレッドシート)管理しているのですが、事務量が半端ないのです。すべてのイベントを一つの顧客データに一元化していくことで、作業効率の改善とファンドレイジング機能の強化につながっていくという事例を見せてもらいました。
まだまだ膨大な事務量に追いついていない状況ですが、いまやらなきゃ、後にどんどん大変になることは目に見えているから、まさにいまやるしかないでしょ! そのタイミングでの受講。さっそく明日からでも動かねば!と思ったわけです。

旧暦元旦。NPO4年目。

12661945_1157135850978420_5713563512873347953_n.jpg

旧暦元旦。森ノオトのNPO総会・午後からは交流パーティーでした。NPO設立3周年記念パーティーとはうたってみたけれど、毎年、法人にも誕生日はくるわけで、ともかく、周年をきっかけに、日頃お世話になっている会員さんたちと交流をはかりたいというのがねらい。
今年はある意味区切りというか、3年目の壁をのりこえて、次の3カ年のスタートダッシュにも当たる区切り、ちゃんとお披露目したい気持ちがありました。今年、わたしは総会と決算の準備に専念して、パーティーはあっこちゃんと香織ちゃんがプロデュースしてくれました。
森ノオトは、お母さんが生き生きと活動する団体。だから、できれば昼間開催の明るいうちに解散できるパーティーにしたかった。これまでなんどかいろんな形でパーティーをやって、夜9時ごろ、興奮しすぎてぐずる子どもを抱えて帰るスタイルに無理があるなあと思っていたのです。だから、もあなキッズ自然楽校のめーぷるキッズ保育園を貸し出してくださるとせっきーから申し出があった時には、諸手を挙げて飛びつきました。無垢材の自然な空間は、子どもたちの元気を解き放ち、ママが元気に動き、パパが元気を受け止め、マダムたちがそれを見守る、なんともいい時間をつくってくれました。
コマデリ、ナチュラーレ・ボーノ、コペの地元密着スペシャルごはんは注文以上のボリュームで、参加者による持ち寄りのグレードの高さにさすがのコミュニティ力を見せられ、わたし一人じゃ何もできない、みんなの力の大きさに驚き感謝しながら、この、エコでつながる家族のような人たち、一人ひとりを本当に本当に大切にしながら、NPOという人を運営していこうと、あらたに心に決めた、旧暦大みそかの今日でした。
集ってくださった皆さん、そしていつも森ノオトを応援してくださる皆さん、心から感謝します。このご恩は、日々の活動でお返ししていきます!
プロフィール

キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)

Author:キタハラマドカ(おでこが広いからtecoちゃんがニックネームでした)
団地暮らしと酵母生活の達人目指す、フリーのライター・編集者。仕事は、生きることそのもの。水環境ジャーナリストを師匠に、鬼校閲者を友に、チーム仕事も繁盛中でございます。
ウエダ家とともにCOBOの普及活動に勤しむ、日本初のCOBOライターでもあります。
得意分野は、食環境、住環境、地球環境。地球温暖化や食の安全・安心、エコハウス関連の仕事が多い今日このごろ。仕事の内容についてはカテゴリ【work】をご参照ください。
夫と愉快な仲間たちがやっているNPO法人【Waveよこはま】のブログにてエココラムを執筆中。
このブログはのんびり気ままに更新中。

要CHECK!!
tecology**
わたしのお母さんが嫁入りの際に贈って手描きのレシピを紹介しています。
teco's book store
わたしが携わった本、仕事でよく読む本などを紹介しています。
Waveよこはま
横浜からリユースの波を! を合言葉に、リユース食器の普及活動をしているNPOに参加しています。Waveよこはまブログで、エココラムを執筆しています。
COBO net
野生の菌とともにある暮らしを見つめ、「発酵」を身近にすることでいのちの循環を感じる「酵母生活」を提案するウエダ家。本の執筆や編集をともに行うなかで、日本の食卓をクリエイティブにする楽しさ、可能性に夢中で活動しています。
山形国際ドキュメンタリー映画祭
良質のドキュメンタリー映画が2年に一度、山形に集まる!! 世界を見開かせてくれる扉です。
山形の過去・現在・未来
わたしのお父さんが何よりも愛する山形。歴史的建造物や残したい風景の過去・現在・未来を紹介しています。
酵母スイーツ
新しいごはん

うちのマンション大丈夫?
酵母ごはん

RSSリンクの表示
お知らせ
新ブログ「たまごはん」スタート! たまばあちゃんのイラスト入りレシピをたま母ちゃんが料理し、たまが食べる。母娘孫と3代に渡る食を紹介します。

☆キタハラ、2009年1月に出産いたしました☆ニンプ日記は未完のまま産後生活に突入。ぼちぼち、育児日記出産ドキュメント布おむつ生活産後の体のこと姿勢のことなどを書きつづっています。
相変わらず時系列はぐちゃぐちゃ。しかし、テーマごとに思考を詰め、まとめる作業は苦しくも、おもしろくあります。気長に見守っていてください。
twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。